BMW X1の故障しやすい場所とは

BMWのX1は近年、BMWの数多くある車種の中でも快進撃を続けている車種となっています。X1に興味を示している人により魅力を分かってもらえるように基本的な特徴をまとめるとともに、良く聞かれる故障に関しての現状や気を付けておきたい場所についてもまとめています。

BMW X1とは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/xdrive18d.html

まずは快進撃を続けているBMWのX1がどのような車なのかをチェックしていきましょう。X1は最近すっかりポピュラーな車種になったSUV車の一つで、一般的な道路の走行だけではなく、遠方や悪路などでもアクティブに走行できるように開発された車種です。
X1がBMWの中でも快進撃を続けている最大の理由、それはBMWの中でもとても求めやすい価格設定であるという事ではないでしょうか。X1の販売価格は400万円以下からとなっているので一般家庭でも頑張ってお金を貯めれば購入することが出来ることが出来ます。憧れのBMWに自分が乗ることが出来るというお手ごろさがここまでの快進撃を続けている最大の理由といっても良いでしょう。

BMWの故障について

品質に差はほとんどありません

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/at-a-glance.html

BMWに関してはネガティブな意見が聞かれるのも事実です。これはBMWに限ったことではありませんが、外国車は国内の車に比べると故障しやすいという意見です。しかし、近年の国産車を見ると、本体価格の上昇を少しでも抑えようと国内で生産された部品ではなく韓国や中国、タイなどアジアで製造されたパーツを純正部品として組み込んでいます。この現状を見ると高品質と手放しに誉めて良いのか疑問を感じます。一方、BMWは日本での販売台数を伸ばしていることもあって欧州製のパーツは中国製のパーツよりも厳しいチェックを受けているので、車の品質でいえば現在は国産車よりも外国産車の方が高い場合もあります。

車に対する考えの違い

引用元:https://www.taiyakan.co.jp/shop/122hatogaya/diary/454814/

そして、車に対する考え方が日本と欧州諸国では全く違います。日本では自主的に部品を交換するという習慣がなく、車もそれを前提として設計されています。パーツが消耗しても消耗している事を知らせる物はなく、車検によってはじめて気づくことがほとんどです。5年目の車検で交換するパーツが一気に増えてビックリするくらいの費用を請求された人も多いのではないでしょうか。
一方、欧州諸国では車のパーツは自主的に交換するのが普通で、車もそれを想定して設計されています。ですからパーツが消耗すると交換を促すため警告ランプが点灯します。

注意しなければいけない場所とは

最も多いのはオイル漏れ

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/1940242/blog/38098821/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら