メンテナンスの心配な車たちの例…ショップや整備工場で悩んだ時もAncarにご相談を!

こんな車はメンテナンスが不安!その1「旧車」

車は購入するまでは良いのですが、その後のメンテナンスのことまで考えて購入しないと、すぐ手放すことになってしまいます。 そのいくつかの例をあげると、ひとつには「旧車」でしょう。 メルセデス・ベンツやポルシェのように、古い車であろうと決して部品供給を絶やさない自動車メーカーもありますが、多くの場合国産車は生産終了から15年程度を目安に純正部品の供給が先細っていきます。 走行に支障の無い部品や他車種からの流用が効くようなパーツであればまだ良いのですが、それでは済まない場合は車の維持そのものが困難にもなっていきます。 そのため、ある程度古くなると手放す車が増え、その後の維持が困難なので価値も下がって買い手もつかず解体されて台数が減りメーカーにとっては部品の需要が無くなるので不良在庫として処分せざるをえなくなる…ある程度は仕方の無いことです。 ただ、実際にその車に乗り続けているユーザーにとっては死活問題ですね。

こんな車はメンテナンスが不安!その2「チューニングカー・カスタムカー」

ある意味「旧車」と似たようなところがありますが、チューニングカーやカスタムカーも維持が難しくなる理由は同じです。 チューニングやドレスアップのため装着した部品に交換の必要が生じた時、その部品がまだ生産しているか、在庫があるかどうかというのは、純正部品以上に早く欠品になる可能性があります。 その車が最初に改造を受けた時のオーナーが乗っていれば、作業を依頼したショップに頼めば何とかなるケースもありますが、中古車として購入した車の場合は故障した時に誰に頼むかという問題もあります。 チューニングカーやカスタムカーがそうした車を専門に扱うショップ以外ではあまり販売されず、買い取り時にどれだけ高価なパーツをつけていても査定が下がりがちなのにはそうした事情もあるんです。

こんな車はメンテナンスが不安!その3「並行輸入車や撤退したメーカー」

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら