メンテナンスの心配な車たちの例…ショップや整備工場で悩んだ時もAncarにご相談を!

こんな車はメンテナンスが不安!その1「旧車」

車は購入するまでは良いのですが、その後のメンテナンスのことまで考えて購入しないと、すぐ手放すことになってしまいます。 そのいくつかの例をあげると、ひとつには「旧車」でしょう。 メルセデス・ベンツやポルシェのように、古い車であろうと決して部品供給を絶やさない自動車メーカーもありますが、多くの場合国産車は生産終了から15年程度を目安に純正部品の供給が先細っていきます。 走行に支障の無い部品や他車種からの流用が効くようなパーツであればまだ良いのですが、それでは済まない場合は車の維持そのものが困難にもなっていきます。 そのため、ある程度古くなると手放す車が増え、その後の維持が困難なので価値も下がって買い手もつかず解体されて台数が減りメーカーにとっては部品の需要が無くなるので不良在庫として処分せざるをえなくなる…ある程度は仕方の無いことです。 ただ、実際にその車に乗り続けているユーザーにとっては死活問題ですね。

こんな車はメンテナンスが不安!その2「チューニングカー・カスタムカー」

ある意味「旧車」と似たようなところがありますが、チューニングカーやカスタムカーも維持が難しくなる理由は同じです。 チューニングやドレスアップのため装着した部品に交換の必要が生じた時、その部品がまだ生産しているか、在庫があるかどうかというのは、純正部品以上に早く欠品になる可能性があります。 その車が最初に改造を受けた時のオーナーが乗っていれば、作業を依頼したショップに頼めば何とかなるケースもありますが、中古車として購入した車の場合は故障した時に誰に頼むかという問題もあります。 チューニングカーやカスタムカーがそうした車を専門に扱うショップ以外ではあまり販売されず、買い取り時にどれだけ高価なパーツをつけていても査定が下がりがちなのにはそうした事情もあるんです。

こんな車はメンテナンスが不安!その3「並行輸入車や撤退したメーカー」

輸入車でも正規輸入車であれば正規ディーラーにより、本国のメーカーが部品を供給する限りメンテナンスを受けられる可能性は高くなります。 しかしそれが並行輸入車、なおかつ日本には輸出されていない仕様ともなると、途端に本国から「そのような車は日本に輸出していないので部品は出せない」と言われることもあるでしょう。 そうなると正規ディーラーがどれだけメンテナンスをしたくともお手上げで、並行輸入車が正規輸入車と異なり買い取り査定で極端になる原因のひとつです。 また、輸入車・国産車を問わず、メーカーが乗用車から撤退してしまったり、メーカーそのものがどこかに買収すらされず完全に消滅してしまった場合も、部品の供給元自体が消えてしまったのですから、通常の整備工場レベルではどうしようもありません。

「そこに一芸あり」そんな整備工場やショップが必ずある

ここまで説明したような車は、正規ディーラーや一般の整備工場だとメンテナンスが困難であり、それゆえ中古車として購入するにも二の足を踏んでしまいます。 しかし、仮にそんな車でもメンテナンスが可能であれば、どうでしょう? 普通の車より多少は高くつくかもしれませんが、それでもその車をあきらめますか? 中古車の個人売買仲介業、Ancarではさまざまな整備工場やショップと提携関係にあります。 その中には、それぞれ「ちょっとした特技」を持っている人が経営していたり、整備士として在籍しているところもあるんです。 たとえば2016年に完全消滅してしまったスウェーデンの自動車メーカー、サーブ。 通常ならば消滅した自動車メーカーのメンテナンスは難しいところですが、このサーブ車のことならば自分にまかせてほしい、と胸を張る整備士さんもいます。 ほかにも多少の問題であれば、たとえ純正部品が出なくとも工業製品、規格の合う部品を組み合わせればどうにかなるという経験と実績を積んでいるケースもあります。 ですから車を見ただけではあきらめず、Ancar出品車であればAncarに相談してみてください。 もしかしたら検討しているその車、その後のメンテナンスまで含めて何とかなるかもしれませんよ?

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら