日本と違う?アメリカ・欧州の道路事情7つ|ドイツ・フランス

皆さんは、欧州やアメリカ旅行に行くときに何で移動していますか?電車やバスといった公共交通機関は、価格が安い上に安心して移動できるため、ほとんどの人が利用するでしょう。しかし、現地の歴史や文化をより知りたいと思うならば、車での移動がおすすめです。車を使って移動すると、欧州の古城やアメリカの牧草地帯といった外国らしい雰囲気を感じられる上に、距離によっては公共交通機関よりも安く移動できます。

今回は、アメリカや欧州で運転するときに覚えておきたい日本とは違う、道路交通法を7つ紹介します。

アメリカ・欧州で運転するには

アメリカや欧州で運転するうえで、押さえておかなければいけないのが、免許の問題です。日本で免許を取得していても、日本の運転免許のみでは、海外で運転することはできません。それは、日本と海外では道路状況や規則が異なるからです。例えば、日本のように右側通行を採用している欧米諸国はイギリスだけで、他の欧米諸国では左側通行を採用しています。そのため、日本人が欧州・ヨーロッパで運転する場合は国際免許を取得する必要があります。ただし、一部の国では国際免許がなくても運転できるので、事前に自分が行く国について調べる必要があります。

国際免許証とは

国際免許とは、海外で車を運転したいときに取得が必要です。ただし、国際免許証は外国での運転を許可するものなので、日本の免許証・パスポートと一緒に携帯しなければなりません。国際免許は、単体での証明書ではなく日本の免許証に付帯することで効果を発揮することを覚えておきましょう。また、国際免許が使用できる国も定められています。国際免許はジュネーブ条約に基づく国際法で定められてい流ため、その加盟国内では効果を発揮します。しかし、中国のような非加盟国では対象外となるため、国際免許を持っていても運転できません。

ドイツやスイスは日本の免許で運転できる

先ほど、アメリカや欧州で運転するためには国際免許を取得する必要があるとお伝えしました。しかし、欧米諸国の中には国際免許を取得しなくても、利便性の追求のため日本の免許証のみで運転できる国や地域が存在します。ヨーロッパの中では、ドイツとスイス、アメリカ国内では、ハワイやグアム、カリフォルニア州で日本の免許証のみでの運転が認められています。ただし、国によっては年齢制限や大使館が発行する翻訳証明書の携帯が必要な場合もあります。特に、日本の免許証だけでは海外の警察官は理解することができないため、翻訳証明書を発行することをお勧めします。

日本と違う!欧米の道路交通法7つ

①円形交差点

日本と欧米の道路事情で大きく違う点は、円形交差点の存在です。円形交差点とは、3本以上の道路が接続された交差点で、その行き来は円形のロータリーを使用します。円形交差点では、ロータリーを出る車が外側車線を走行し、ロータリー内にとどまる車は内側車線を走行するという交通ルールになっています。

欧米の円形交差点の中でも、フランスの凱旋門の円形交差点は車の往来が激しく運転が難しい場所としても有名です。日本にはほとんど導入されていない道路形態ですが、実は東京都にも1つだけ存在します。場所は、多摩市桜ケ丘1丁目です。残念ながら、欧米のように車の往来は激しくないため、あまり知られていません。

②制限速度が存在しないアウトバーン

日本と違う欧米の道路事情としてアウトバーンの存在が挙げられます。アウトバーンとは、ドイツにある制限速度が存在しない直線道路のことです。ここでは、制限速度がないため多くの人が200km/h以上の速度を出しています。200km/h以上の速度は日本の高速道路の制限速度のおよそ2倍です。例えるならば、ジェットコースターのような速度に達しますが、アウトバーンでの事故率は日本の高速道路よりも圧倒的に低いです。それは、ドイツ人が道路交通法に遵守するからです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら