【話題のひき逃げ事件】ドライブレコーダーの有用性と購入時の注意点

昨今、某有名タレントの飲酒運転による交通事故がワイドショーを騒がせています。赤信号を何の躊躇もなく直進し、横断歩道を自転車で走行していた女性を轢き、そのまま立ち去って行きました。某有名タレントは自転車とぶつかった際、車を停車させようとしたが、車を安全に停車させられるスペースが無かったため、数十メートル走行し停車したと証言していました。しかし、ドライブレコーダーに記録された映像によって彼女の証言にいくつもの矛盾点があることが発覚し、再度詳しく調査されています。

交通事故件数は未だ多く、車を運転している方は完全に事故と無縁であるとは言い切れません。もし事故を起こしてしまった時、自分を守るためにもドライバーレコーダーを搭載させることは非常に重要であると思います。

出典:https://www.jicobengo.com/knowledge/bicycle-traffic-accident.html

ドライブレコーダーを装着するメリット

出典:https://www.autobacs.com/shop/g/g4905339734014

事故時の状況証拠として活用

まずはここで紹介するまでも無く、皆さんが既に知っているであろうメリットです。恐らく、ドライブレコーダーを購入している人のほとんどが、事故時の状況証拠を確保するためにドライブレコーダーを装着していると思います。

最近のドライブレコーダーは車に速度、減速を記録することができます。これにより、車が接触事故を起こした際、運転手がその事故を避けようとしたのか(ブレーキを踏んだか)、また法定速度で走っていたかなどの証拠を残すことができます。ドライブレコーダーが普及する以前は、事故が起きた際、どちらに過失があるか(どちらも過失があるときは、どちらの割合の方が大きいか)を決めるのに、証拠として状況証拠(道路上のブレーキ痕など)や当事者、目撃者の証言を利用していました。これらの証拠のうち、当事者の証言は信憑性が低く、裁判の結果、事実とは異なる判定が出たことも多くありました。事故を起こした際、実際に自分が法定速度を守っていたか、道路標識に従っていたかなどの記憶は曖昧なもので、相手側に強く主張されると、犯してもいない過失を徐々に認めてしまいそうになります。そのような時にドライブレコーダーがあれば、相手の主観に基づいた正しくない主張を、客観的な映像証拠で退けることが可能です。

また自分が事故の当事者でない時も、あなたのドライブレコーダーに記録された映像により、救われる人もきっといることでしょう。

このように、記憶が曖昧になりがちな事故時の証拠をドライバーレコーダーが保存することで、場合によってはドライバーレコーダーを自分の身を守る盾として活用することができます。

当て逃げの被害にあった際

当て逃げの件数は以前多く、そのほとんどが検挙されておらず、ある情報によると検挙率は1%以下であるとまで言われています。ですので、当て逃げのほとんどの被害者が現状では泣き寝入りしていることになります。

検挙率が低い原因の一つに、加害者の車両特定の困難さがあります。現在、ほとんどの駐車場で防犯カメラが設置されていますが、駐車場は私有地である場合があるため、防犯カメラの映像を一般の人には見せてくれない場合があります。そのため、駐車場に防犯カメラが設置されているからといって必ずしも、車両を特定できる訳ではないという事に留意する必要があります。

検挙率を上げるためには、車両の特定率を上げる必要があります。そのためにドライブレコーダーを装着させることが非常に重要なのです。現在のドライブレコーダーは注射監視機能が付いたタイプが主流です。このタイプは駐車中も衝撃を感知して録画を開始してくれるので、車両接触時の証拠を残すことが可能です。前述の通り駐車場は私道扱いとなる場合が多いため、公道での事故に主に介入する警察が事件として取り合ってくれない場合があります。しかし、場合によっては公然の場で多数の車が出入りする駐車場は公道と同じような扱いを受けることがあるので、粘り強く警察にその旨を主張することが重要です。

車両への悪質ないたずら防止

出典:https://www.mitsui-direct.co.jp/car/guide/explanation/accident/07.html

車両へのいたずらは、当て逃げと同じく加害者の特定が難しいがために検挙できないケースが多いのが現状です。

いたずら防止策としては、ドライブレコーダー防止ステッカーをフロントガラスへ貼る、セキュリティランプ搭載のドライブレコーダーの設置などがあります。

いたずらの犯人が子供で、ドライブレコーダーの存在に気がつかず、車両を傷つけてしまった場合も、ドライブレコーダーに記録された映像を証拠として活用することができます。

もしかすると、思いもよらない知人が、あなたの車両にいたずらをしていたという知りたくもない真実に直面するかもしれません。そんな時は、人間関係のほころびに気付き、修復するきっかけをドライブレコーダーが与えてくれたとプラスに受け取りましょう(笑)

また、いたずらにより車に傷などが見受けられた場合は、お近くの整備工場で一度見てもらいましょう。中古車個人売買を行っているAncarでは、お客様と整備工場をつなぐ「Repea」というサービスを展開しています。本サービスではお客様の住所とキーワード(メーカー、車種など)を入力して頂くと、すぐに最寄りの整備工場をご覧になれます。最寄りの優良整備工場を簡単かつ早く見つけたい場合は、以下リンクをクリックしてください。

[リペア] | カーショップ・自動車整備工場検索サービス

当たり屋による被害防止

当たり屋とは、故意に交通事故を起こし、損害賠償を請求する人のことを言います。もちろん、犯罪行為です。しかし、現状では当たり屋の実証は非常に困難で、運転手側の過失として処理されてしまうことが多いです。これは立場上、歩行者は自動車よりも優位であるため、運転手の過失に陥りやすいことが一つの原因と言えます。また、当たり屋は事故を起こした人の心につけこんで、言葉巧みに高額な賠償金を請求してくることがあります。

このような相手の言動に惑わされず、公正に事故が処理されるためには、ドライブレコーダーの映像のような客観的な証拠が必要です。

煽り運転による被害防止

出典:https://ameblo.jp/enokiya-boss/entry-12370116255.html

車間距離を不必要に詰め、ギリギリの距離でブレーキを踏み、場合によってはクラクションまで鳴らす煽り運転はドライバーを不快感を与えるだけでなく、事故を助長するなど非常に悪質な行為です。

しかしながら、煽り運転は実際に警察が目撃した場合以外、ほとんど検挙されることはありません。

そこでドライブレコーダーを用いることで、警察に通報した際に証拠として映像を提出することができます。また、加害者側にドライブレコーダーの存在を知らせることで、抑止力としても活用することができます。

ドライブレコーダーを装着するデメリット

費用がかかる

出典:http://fp-office-kaientai.hatenablog.com/entry/2018/06/12/070000

ドライブレコーダーは安いものだと、5000円ほどで購入できるものもありますが、それなりの性能が保証されているものでは、大体2万円弱〜3万円が相場です。また、取り付け費が別途でおよそ5000円かかってきます。

誤作動する場合がある

ドライブレコーダーは、衝撃を受けた時にその前後の状況を録画するタイプのものが多いです。稀に、映像を録画する必要がない時に、勝手に録画を開始してしまう場合があるそうです。例えば、車のドアを閉めた時の衝撃をドライブレコーダーが事故と誤って認識してしまい録画を開始することがあります。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。