運転手の死角を生む恐怖のピラー、ついに克服する技術現る。なぜピラーは欠かせないのか

運転手の死角であり事故の原因となる自動車のピラー。自動車が生まれてから長年の間、このピラー問題が解決されることはありませんでした。しかし、近年の技術革新によりこの問題も解決されようとしています。死角を生み、危険を生み出すピラーを無くす事が出来ない理由を探っていきたいと思います。

車の死角を生み出すピラーはなぜなくならないのか

現在までに販売されていた自動車に必ずあるピラーはなぜ無くす事が出来ないのでしょうか。細くしたり全てガラスにした方が視界が開け、死角がなくなるように感じられますが実際は別の問題が生じてしまいます。

車のピラーはどの部品のことを言うの?

車のピラーは英語のpillarのことを指し、柱という意味があります。このピラーは車のボディと屋根のルーフをつなぐ役割として使用されています。自動車が登場し始めた黎明期の自動車はスピードが出ないので屋根が付いているものが少なく、必然的にピラーもありませんでした。次第に自動車のニーズは居住性に向くようになり、屋根のついた車が多く普及することとなりその屋根を支えるために備え付けられたピラーは一般的になりました。

ピラーを無くしたくても無くせない理由

車の登場から長い年月が経ち、ピラーの役割は屋根を支えるだけではなくなりました。ピラーは自動車のボディ剛性を向上させる効果を持っており、乗員を守る大きな役割があります。そのため技術の進歩した今でもピラーを無くすことは難しく、安全性を確保するためには逆にピラーを太くした方が車自体の性能が向上すると言われています。しかし、太くしすぎると視界が悪化してしまうのでピラーとガラスの比率が重要となっています。車のピラーは前方からAピラー、中央にあるBピラー、Bピラーの後ろにあるCピラー、車両後方にあるDピラーの4つに分けられることが多くあります。この中でも最も視界を奪う原因となっているAピラーは最も必要なパーツの一つです。

ピラーの死角をなくす新しい方法が生み出される

衝突安全性能のことを考えた場合、欠かせない存在となったピラーを取り除くことは未来の技術を使用しても難しいでしょう。しかし、ピラーを外すことなく死角を消す革新的な技術が考案されたので紹介していきたいと思います。

ピラーを無くさずに存在を消す技術

運転手の視界を最も奪うピラーはAピラーと呼ばれている前方に使用されているピラーです。今までのAピラーは運転手の視界を奪い、右左折する際に歩行者や自転車などがピラーに隠れてしまい事故の原因となっていました。このピラーの存在を無くし死角だった領域を映し出す新しい発明が考案されました。ピラーによる死角をなくすこの技術は3Dプリンターで製作された部品を使用し、その場所に設置したカメラの映像をプロジェクターで映し出し同期させたもので非常にコストがかからない発明です。映像がちらつき頭が痛くなるという問題も発生しましたがパーツの素材を変えるだけで解決できるものでした。この発想は今後の自動車業界に影響を与え、ピラーの生み出す死角が原因で起こる事故の数を減らす鍵となります。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』