VW、MQBプラットフォームの改良を諦めてコスト削減を徹底へ

大きな話題となったモジュラープラットフォームは、裏を返せば優れた技術だったとも言えます。


同じプラットフォームを、しばらくは継続して使います。

飛躍が大きければ大きいほど、下落も大きい…などと言われますが、現在のフォルクスワーゲン(VW)がその落ち込みをまさに体験中のようです。
ちょうど同社は資金調達で苦悩している時期にあり、必須でないと判断されたプログラムやプロジェクトを中止した上、サプライヤーの数も減らしているところです。
まだ研究開発費のカットまでは行われていないようですが、これからは新車開発にも「緊縮財政」の影響が及ぶとのニュースを、『オートモーティブ・ニュース』が報じています。

新型のプラットフォームを開発するために用意していた資金を、VWは別の用途に回すことになりそうだということです。
すなわち、現行の「MQBプラットフォーム」を改良する計画を一度中止し、最近発覚したアウディのトランスミッション関連の不正で、その賠償金に充てられる可能性が高いというのです。
VW乗用車部門の幹部、ヘルバート・ディース博士は「MQBプラットフォームについて社内でコスト面を検討しましたが、技術面では充分耐性があるので、今後の車種2世代に渡って、追加投資なしに継続して使用することが可能と判断しました」と、ドイツの日刊誌「Boersen-Zeitung(証券取引新聞)」に語っています。
フェアな見方をすれば、モジュラープラットフォームと呼ばれるこの車台は、類似部品を多くの車種で共有することが可能な、柔軟性のあるものだと言えます。
このMQB車台、VWグループの各小型・中型車に採用されており、様々なパワートレーンやボディーに対応する構造となっています。

具体的には、VWブランドの「ゴルフ」をはじめアウディ「A3」やアウディ「TT」などがこのMQBを使用しています。
また、すでにVWではより大型のMSBプラットフォームに関して、ポルシェやベントレー、アウディで共有を行いコスト削減に努めています。
ただし、VWもすべての面でお金を出し惜しみしているわけではありません。
今後10〜20年のうちには、クルマの電動化がますます盛んになると予測されている中で、同社は電気自動車やハイブリッドカーのドライブトレーンを収納でき、かつすべてのサイズのクルマに対応できるような、伸縮自在の次世代プラットフォームの開発に重点的な投資を行う計画です。
それまでの間、VWでは現行のMQBプラットフォームの採用台数を増やして、2014年に200万台だったところを2018年には700万台にすることとしています。
VWは、カーマニアのファンも多い魅力的な子会社も数社抱えているので、VWグループの影響力は大きいものがあります。
こうした努力が実って、グループ全体で苦難の時期を乗り越えてくれるよう、祈念したいものです。

Volkswagen Is So Broke It Can't Afford To Modernize Its Upcoming Cars
Volkswagen Is So Broke It Can’t Afford To Modernize Its Upcoming Carswww.carbuzz.com
Ancar | Ancar(アンカー) - 中古車の個人間売買
Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買www.ancar.jp

 

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら