国産エンジン史軽自動車・新世代軽自動車エンジン登場前夜

国産エンジン史軽自動車編その10は、2012年あたりの状況をご紹介します。

エンジンのコストダウンでかえって多様化が進んだ軽自動車

軽自動車用エンジンは軽規格の変更やパワーウォーズの勃発などで、そのたびいろいろなエンジンが出てきました。

それらが1998年10月の現行規格軽自動車への移行で、多種多様なエンジンの整理が進んだ、というのは前回までの話です。

そのあたりを境目に、軽自動車とはエンジンによる違いよりも、パッケージングや装備、クルマそのものの性格などによる違いを主なものとしていきました。

いわばそれまでコンパクトカーが担っていた部分が徐々に軽自動車へ移って、あるいは1.3~1.5リッタークラスでフィットのような少し大きめのコンパクトカーに移っていった時期でもあります。

その結果、エンジンによる差別化を行っていた時期より、はるかに多様な車種が登場する事になりました。

エンジンを集約化する事で浮いたコストをそのまま車種の多様化に結びついたと言って良いでしょうか。

しかし、そうした多様化に追従できず、いよいよ軽自動車生産から撤退するメーカーも登場します。

2012年は、軽自動車用エンジンにとって1つの節目

その流れの中で、2012年という年は軽自動車用エンジンにとり、ひとつの大きな節目になりました。

ダイハツ コペン、三菱 パジェロミニの生産終了(後者は2013年まで在庫販売を継続)。

そして、スバル サンバーの自社生産撤退。

これらはいずれも、軽自動車用の4気筒エンジンを搭載していた最後の車種でした。

軽自動車最強のチューニングベースだったコペンのJB-DET、一時期は4気筒20バルブDOHCという超豪華エンジンであり、最後はSOHC16バルブと少し寂しい最後を迎えたパジェロミニの4A30。

これらは「コストをかけた豪華な高性能エンジンを、実用エンジンと作り分ける事ができた」という時代が確かにあった事の生き証人でした。

そしてサンバーに搭載されていたスバルのEN07エンジン。

2気筒のEk型エンジンと同じスペースで搭載できる4気筒エンジンという、いささか特殊な成り立ちを持っていましたが、ボアが小さい分ロングスロークで低速トルクもあり、スーパーチャージャーとの組み合わせで痛快な走りもできるエンジンでした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら