ピックアップトラックはなぜ海外で絶大な人気を誇っているのか

日本ではピックアップトラックをあまり見かけることはありません。日本で見かけるのは小さいもので軽トラック、大きいもので大型のトラックが一般的です。ピックアップトラックは日本の駐車場などの道路事情を考えると生活しにくいのは否めません。しかし、海外では日本と比べ物にならないほどピックアップトラックが愛されています。そんなピックアップトラックはなぜ人気があるのでしょうか。今回はピックアップトラックの魅力に迫っていきたいと思います

ピックアップトラックとは

ピックアップトラックはクーペやセダンといった車の種類の一つです。日本で普及しているトラックとは違い、セダンのようにボンネットが長く作られているのが特徴です。ガソリンの価格が高い地域や雨や雪の降る地域では需要は少なく、1台あたりの輸送効率を考慮する日本やヨーロッパなどの地域では車体が大きいためあまり普及していません。しかし、北米をはじめとした東南アジアや中東などには個人や商業問わず需要が高くあり、自動車販売台数の上位をピックアップトラックが占めるほど人気のある車種です。

ピックアップトラックの根源

ピックアップトラックは1913年にガリヨン・グッドウィン・トラックボディ社がフォードの販売していたモデルTを改造して、車両後方にトレイを載せたものが発祥と言われています。このピックアップトラックは農場で好評だったため、その後数多くのメーカーがピックアップトラックを販売開始しフォードもピックアップトラックを販売開始しました。

見た目が変化したピックアップトラック


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら