初心者マークを1年以上つけるのはアリ?フロントガラスにつけるのはNG?初心者マークの正しいつけ方

車と初心者マーク

初心者マークの貼り方について一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。車を頻繁に運転する人であれば、初心者マークを何枚もつけていたり、車の内側からつけていたりなど、さまざまな貼り方をしている人を見たことがあるはずです。しかし、初心者マークを何枚も貼ったり、内側からつけたりなどの行為は違反にならないのでしょうか。

そこで今回は、正しい初心者マークのつけ方について紹介していきます。

初心者マークについて

初心者マークとは?

初心者マーク

初心者マークとは、道路交通法に基づく標識の1つであり、運転に慣れていない初心者であることを示す標識です。あまり知られていませんが、正式名称は「初心者運転標識」です。普通自動車免許を取得後、1年間は表示義務があります。ほかの車両は初心者マークを表示している車を保護してあげる必要があります。

初心者マークは地上0.4~1.2メートルの前後両方に

初心者マークは、前後両方の「地上0.4m~1.2mの見やすい位置」に張ることが義務付けられています。見やすい位置であれば、左右はどちらでも問題ありません。高さに気を付けるようにしましょう。

初心者マークに関する罰則

初心者運転者標識表示義務違反

普通自動車免許取得後の1年間は、初心者マークを表示しなければいけません。免許を取得してから1年に満たない人が初心者マークを表示しなかった場合、初心者運転者標識表示義務違反となります。罰則として、違反点数1点と反則金4,000円が課されます。

初心者運転者等保護義務違反

ほかの車両は、初心者マークをつけた車を保護してあげる必要があります。初心者マークをつける車に対して「幅寄せ」や「割り込み」をした場合、状況によっては初心者運転者等保護義務違反に問われる可能性があります。これによる罰則は、違反点数1点と、7,000円(大型車)、6,000円(普通車・二輪車)、5,000円(原付等)になっています。初心者マークを表示する車を見かけた際は、大きな心をもって保護してあげるようにしましょう。

初心者マークのつけ方にまつわる疑問を解決

フロントガラスに貼るのはNG

バツ印の皿を見せる男性

初心者マークをフロントガラスに貼ることは違反です。これは、国土交通省によって、フロントガラスには車検のシールなどの定められたもの以外は貼り付けてはいけないことになっているためです。フロントガラスに定められたもの以外を貼ることで視界が遮られてしまいますし、違反となってしまうので注意しましょう。

「どこに貼ればいいか分からない」という方は、基本的にはボンネットに貼っておけば大丈夫な可能性が高いです。しかし、最近では、プリウスなどのアルミ素材が使われた車が増えてきており、ボンネットにマグネットタイプの初心者マークを貼り付けることができない車両もあります。そのような場合は、繰り返し使うことのできるステッカータイプのようなものを使用すると良いでしょう。

後方の初心者マークは車内から貼ってもOK

車内からであっても、前述した通りにフロントガラスに初心者マークを貼ることは違反になります。しかし、後方の初心者マークは車内から張ってもOKです。後方の初心者マークには、車内から吸盤タイプなどを利用しても良いかもしれません。

初心者マークを何枚も貼るのはアリ?

初心者マークを持つ女性

初心者マークをつける場合、前後のわかりやすい位置に1枚ずつ貼ることが基本となっています。しかし、初心者マークを前後に1枚ずつだけでなく、何枚も貼り付けている車を見たことがあり方もいるかもしれません。初心者であることをアピールしたいという思いから、このように初心者マークをたくさんつけるケースもあるようですが、これは果たして違反になるのでしょうか。

初心者マークは、前後の両方に1枚ずつつけるように定められています。しかし、「〇枚以上つけてはいけない」といった法律はありません。そのため、他の交通の妨げになると判断されれば罰せられる可能性もゼロではありませんが、その可能性は低いといえます。しかし、初心者マークをつける車はそこまで多くないですし、前後のわかりやすい位置に1枚ずつ貼れば、周囲の車から初心者であることを十分に認識してもらえるでしょう。初心者であることをアピールしたいとしても、初心者マークをたくさんつけている車は滅多にいませんし、「変な人」と思われてしまうかもしれません。そのため、初心者マークを貼りすぎることはオススメできません。

初心者マークって1年以上つけてもいいの?

はてなマークを浮かべる女性

普通自動車免許を取得してから1年以上が経過したものの、運転にまだ自信がないという方も少なくないでしょう。また、免許を取得したものの、車を運転する機会がほとんどないという方も多いですよね。そのため、免許を取得後1年以上が経過したものの、初心者マークをつけたいという方もいると思います。初心者マークを1年以上つけることはOKなのでしょうか。

法律において、免許を取得してから1年以内の人は初心者マークをつけることは義務付けられています。しかし、1年以上つけてはいけないというような法律はないため、1年以上初心者マークをつけても違反にならないといえます。本来、初心者マークは免許取得後1年以内の人がつけるものなのです。そのため、その期間が過ぎるときには運転に慣れ、初心者マークを外すということが望ましいといえます。しかし、車を運転する機会があまりなかった方もいるかもしれません。そのような場合は、慣れるまで初心者マークをつけても良いかもしれません。これにより、ドライバーがより落ち着いて運転できるかもしれませんし、周りの車も保護してくれるかもしれませんね。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
車と初心者マーク