タイヤラックのおすすめ6選とは?タイヤの保管の仕方も4つ解説!

タイヤを保管するタイヤラックをお探しですか?タイヤラックにはタイヤの個数や重さ、保管する場所、機能性などによってさまざまな種類があります。ここでは、タイヤラックの選び方の基準やおすすめ商品、タイヤの保管の仕方についてご紹介しています。参考にしてみてください。

タイヤラックとは?

タイヤラックは、降雪地やスキー用のためのスタッドレスタイヤを保管できるアイテムです。タイヤラックを使うと、1本だけタイヤが必要なときも取り出しやすいのが魅力の一つです。また、キャスター付きのタイヤラックは、タイヤ交換の際に車のそばまで持って行けます。収納スペースを有効に使うために、タイヤを立てて1段や2段のラックに収納できて便利です。

タイヤラックを選ぶ基準3つ

まず、タイヤラックを選ぶ際の基準を3つご紹介します。基準の1つ目はタイヤの個数や重さ、2つ目はタイヤを保管する場所、3つ目は機能性です。それぞれのポイントを知って、便利なタイヤラック選びの参考にしてみてください。

タイヤの個数や重さ

タイヤラックを探す際、収納できるタイヤの個数や耐荷重などの重さをチェックする必要があります。1つのタイヤラックに上下に2個保管できるものから2段タイプ担になっていて8個以上収納できる商品もあります。耐荷重も省スペースタイプの2個収納で120Kgのものや、8個以上の場合は200Kgなどさまざまです。収納だけが目的なのか、取り替えなどの際に車の脇で使うのかなどもチェックしましょう。

タイヤを保管する場所

タイヤを保管する場所は、タイヤの劣化やホイールの錆びなどを防ぐために、直射日光や雨風に当たらない屋根がある倉庫や車庫などがおすすめです。しかし、マンションなどに住んでいて、専用の倉庫や屋根付き車庫などが使えない方もいらっしゃるのではないでしょうか。駐車場などの屋外に保管する場合は、タイヤラックに使えるカバーを使用して直射日光や雨風などからタイヤを守りましょう。

機能性

タイヤラックには移動ができない棚タイプや可動できるキャスター付き、高さ調整、タイヤの溝などを清掃するためのブラシなどを引っ掛けられるフック付きなど、さまざまな機能付きの商品がおすすめです。倉庫や車庫、専用の収納スペースがある方はキャスター付きのタイヤラックを使用すると、車までの移動が楽になります。また、高さ調整ができるものだと、さまざまな大きさのタイヤを上下に分けて収納できて便利です。

タイヤラックのおすすめ6選

それでは、タイヤラックのおすすめを6つご紹介します。選ぶ基準で紹介した収納できる個数や重さ、保管する場所、機能性のポイントとおすすめ商品の情報を合わせて紹介しています。お気に入りのタイヤラック選びの参考にしてみてください。

おすすめ1:アイリスオーヤマ「KTL-590C」

タイヤラックのおすすめ1つ目は、アイリスオーヤマの2段タイプで合計4本のタイヤを格納できる「KTL-590C」です。軽と普通車用タイヤ専用で、工具不要なので女性でも簡単に組み立てられるのも魅力。また、耐荷重120Kgでタイヤ4本をラクラク格納でき、物置や駐車場、物置などもスッキリします。この「KTL-590C」にはカバーも付いているため、紫外線によるタイヤの劣化やほこり、雨による汚れも防げておすすめです。

おすすめ2:株式会社遠藤ワークス「EX001-001」

タイヤラックのおすすめ2つ目は、株式会社遠藤ワークスの軽、普通車専用タイヤラックで、2段に合計8本が格納できる「EX001-001」。2台分のタイヤが収納できるタイヤラックはスチール製で錆びにくく、屋外などの駐車場にもおすすめです。また、アジャスター付きでしっかりタイヤラックを支えて、別売りのカバーを使えば、紫外線やホコリ、雨などからもタイヤを守れます。縦置きに収納できるタイヤラックは、省スペースでおすすめです。

おすすめ3:BAL「タイヤラック タフネス」

タイヤラックのおすすめ3つ目はBALの「タイヤラック タフネス」で、MサイズとLサイズの2種類のサイズ展開です。2段タイプのタイヤラックは各段に2本、合計4本を格納できる耐荷重120Kgの商品です。また、ステンレスクラッド管を採用していて錆びにも強く、屋外駐車などにも置くことができておすすめです。そして、誰でも簡単に組み立てられ、省スペースにタイヤをスッキリ収納できます。

おすすめ4:ボンフォーム「7250-40」

タイヤラックのおすすめ4つ目はボンフォーム「7250-40」で、軽から大型乗用車までのタイヤを4本収納できるアイテムです。カバー付きのタイヤラックは屋外での収納時にも日光や汚れなどからタイヤを守ってくれます。キャスター付きのため保管場所から車までの交換場所までラクラク移動できて女性にもおすすめです。伸縮スライドできるラックは、軽自動車から大型車までホイールサイズに合わせて調整できます。

おすすめ5:アイリスプラザ「2段式タイヤラック」

5つ目のおすすめはアイリスプラザ「2段式タイヤラック」で、10cmごとに3段階の高さ調整ができる2段式のタイヤラックです。さまざまな大きさのタイヤに使えて、上下段それぞれに違う種類のタイヤを格納できておすすめです。女性でも移動が簡単なキャスター付きのタイヤラックはストッパーも付いているため、保管時もしっかり固定できて安心です。そして、2段をスッキリ覆うことができるカバーも付いて、紫外線や汚れも防げます。

おすすめ6:MEICHEPRO「2段式タイヤラック」

最後にご紹介するおすすめ商品はMEICHEPRO「2段式タイヤラック」で、1.5mmの角型フレームの採用で重いタイヤもしっかり格納できます。また10cm間隔で3段階調整できる2段ラックは、最大8本のタイヤが収納できておすすめです。タイヤ直径約730mm、タイヤ幅約245mmまで対応していて、省スペースで乗用車やRV車、ワゴン車など2台分のタイヤをスッキリ整理できます。

タイヤの保管の仕方4つ

タイヤの保管の仕方には、4つのポイントがあります。1つ目は汚れを落とすこと、2つ目は乾かすこと、3つ目は日光などを避けること、4つ目はタイヤ保管サービスを使うことです。それぞれのポイントについてご説明します。

保管の仕方1:汚れを落とす

タイヤは常に路面に接地しているため、水たまりや路肩のちょっとした泥汚れ、冬の路面に撒かれた融雪剤(塩化カルシウム)など、タイヤやホイールに汚れが付着してしまいます。これらの汚れを放置すると、タイヤの劣化や色ムラなどが発生することもあります。タイヤやホイールの洗浄は、水洗いで十分です。ブレーキダストなどの汚れを落とす際は洗剤を使う場合もありますが、しっかり水で洗い流しましょう。

保管の仕方2:乾かす

続いて、タイヤやホイールをしっかり水洗いした後は、しっかり乾かしましょう。スタッドレスタイヤなど交換してタイヤラックに格納して、次に使うのは地域によって違いはありますが、半年程度は期間が空くものと思われます。その間、梅雨など湿気の多い時期も過ごしますので、カバーをして保管する場合は湿気がタイヤのゴムの劣化に繋がります。

保管の仕方3:日光などを避ける


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら