【 ヒコーキと車シリーズ】「潜水空母の艦載機から軽ピックアップトラック“グッピー”まで・愛知機械工業」

今は日産の子会社として自動車部品を開発生産している愛知機械工業ですが、かつては潜水空母用の攻撃機も作る航空機メーカーでした。

戦後は三輪トラック「ヂャイアント」や軽ピックアップトラック「コニー・グッピー」など、小規模ながらユニークな自動車メーカーだった事でも知られています。

◆ 愛知機械工業とは?

横廠式ロ号甲型水上偵察機 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%BB%A0%E5%BC%8F%E3%83%AD%E5%8F%B7%E7%94%B2%E5%9E%8B%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E5%

ガスや水道関連機器などで精密機器の製造をしている「愛知時計電機」の航空機部門として、日本海軍の「横廠式(よこしょうしき)ロ号甲型水上偵察機」の製造を始めたのが1920年(大正9年)の事です。

当時の愛知時計電機は砲弾を炸裂させる「信管」と呼ばれる装置の他、主に海軍向けに機雷や魚雷発射管などを製造していた精密機械メーカーでした。

ドイツの航空機メーカー「ハインケル」と提携して水上機や急降下爆撃機の設計を依頼したり、製造権を買い取る事で航空機の自力開発のための技術を蓄積し、複葉の急降下爆撃機「九四式艦上爆撃機」「九六式艦上爆撃機」など、当時の日本海軍の主力機製造の一翼を担っています。

1943年には「愛知航空機」として独立、終戦後は「ヂャイアント」ブランドでオート三輪の、「コニー」ブランドで軽商用車メーカーとなった後、現在は日産自動車の子会社として自動車部品メーカーとなりました。

◆空母機動部隊の活躍とともにあった名機「九九式艦上爆撃機」

日本海軍艦上爆撃機、愛知D3A「九九式艦上爆撃機」 http://blog.livedoor.jp/aquaacademy/archives/52286167.html

「艦爆の愛知」としてその名を轟かせる事になる名機「九九式艦上爆撃機」(通称:九九艦爆)が誕生したのは、1938年(昭和13年)の事でした。

初期の不良箇所を改めて正式採用されると、誕生したばかりの「第一機動部隊」の航空母艦に搭載されて艦爆隊を編成します。

太平洋戦争が始まると、機動部隊は真珠湾攻撃に参加、九九艦爆も飛行場制圧や小型艦の攻撃に加わりました。

真珠湾攻撃が「米太平洋艦隊主力戦艦の壊滅」という形で成功に終わると、機動部隊は「世界最強の艦隊」として戦い続けます。

特に九九艦爆が活躍したのはインド洋でイギリス海軍の空母「ハーミス」や巡洋艦「コーンウォール」「ドーセットシャー」を撃沈した時で、90%以上という驚異的な命中率で爆弾を叩きつけ、艦爆隊のみで決着をつけてしまったのです。

その後、史上初の空母決戦「珊瑚海海戦」や、日本海軍の大敗北で終わった事でその後の戦争の流れを決定的にしてしまった「ミッドウェー海戦」、日本海軍機動部隊の最後の勝利となった「南太平洋海戦」でも九九艦爆は活躍し、雷撃隊と共同で米空母3隻を撃沈します。

しかし、後継機「彗星」や「流星」がエンジン不調や整備性、生産性が悪く、十分に稼働できなかったため九九艦爆は戦争末期まで現役にある事を余儀なくされました。

車輪が引き込み式では無く固定式だったため遠くからでも見分けがつけやすく、戦闘機からはいいカモになってしまう事も多かった九九艦爆は損害も大きく、最後は特攻機として消耗していった、栄光と凋落の激しい飛行機だったと言えます。

◆ 伝説の潜水空母用攻撃機「晴嵐」

日本海軍特殊攻撃機、愛知M6A「晴嵐」 http://www.xn--u9j370humdba539qcybpym.jp/archives/2539

愛知航空機は艦爆の他にも、水上機を得意としていました。

艦隊や地上基地の目として全戦域で偵察に活躍した「零式水上偵察機」や、水上機でありながら強力な武装で対艦攻撃や空戦にも活躍した水上爆撃機「瑞雲(ずいうん)」が有名です。

そして日本海軍最後の作戦として計画された「潜水空母による重要拠点攻撃」のために開発された、特殊攻撃機「晴嵐(せいらん)」もまた、愛知航空機が開発、生産したものでした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら