BMWの点検整備には欠かせない!専用テスター「DIS」とは?

自動車とコンピューターの関わり

自動車のエンジンにコンピューター制御が使われるようになってから、もう40年ほどになります。
最初はエンジンに燃料を噴射するインジェクター(燃料噴射装置)の制御で使われる事が多く、さらに電圧や油圧などのセンサー類からの信号を受けて、不具合をドライバーに知らせるようになっていきました。
もちろん、ドライバーに知らせるだけではなく、不具合に合わせてエンジンへの燃料噴射やスパークプラグの点火タイミングなどを自動的に変更していきます。

それがやがてはミッションやABS、エアコンやカーナビ、トラクションコントロールなどを統合制御していくようになり、不具合のある車ではコンピューターの診断によりエンジンを「セイフティモード」にしてしまったりもします。

かつてはそうした不具合や学習記録などのコンピューターにたまったログ(記録)をバッテリーを外す事でリセットしていましたが、セキュリティも統合制御する車ではバッテリーを外したが最後、盗難やイタズラと認定されてエンジンの再始動ができなくなる車まで現れています。

各社各様のテスター

そこで登場したのが、「テスター」、すなわち「診断機」です。
最近の車ではエンジンルームに「OBD」などと呼ばれる端子がついている事が増えましたが、これに接続する事で車のコンピューターにアクセスし、コンピューターに残っている各種センサーからのエラーの記録を確認したり、コンピューターを通して車の中の機器を操作したり、あるいは余計な記録を消したりする機能を持ちます。

イメージ的にはチューニング用に車のコンピューターに接続する「サブコン」と呼ばれる補助コンピューターと似ており、実際OBDコネクターにスマートフォンを接続して、ある程度車の情報を引き出せるアプリまであります。

しかし、そこは自動車メーカー各社ともにコンピューターの中は機密の塊なので、肝心な部分へのアクセスは容易に許しません。
15年ほど前の車からは、たとえ軽自動車であっても、容易にアクセスしたり書き換えたり…とはいかなくなっているのです。
そこで、重要な診断や、コンピューターの中のソフトウェアの更新などに関しては、メーカー専用品が存在します。
BMWにおいては、それが「DIS」と呼ばれる装置です。

BMWの「DIS」と、その必要性とは?

「ダイアグノーシス・インフォメーション・システム」略して「DIS」と呼ばれるのがBMWの診断機です。
正規ディーラーで使用している診断機はまた別で、比較的簡易式の診断機が一般的に「DIS」と呼ばれているようで、DISには海外製で比較的安いものもあり、BMWの取り扱いが多い整備工場やショップなどでも持っているところがあります。

たとえ簡易式でもあると無いとでは大違いで、まず原則としてDISを使わないとBMW車のコンピューターへのアクセスは困難です。
よほど自動車用コンピューターに詳しい人であれば自力でツールなど作ってしまうのかもしれませんが、普通の整備工場ではそんな事はしませんし、安ければ数万円で購入できるDISもありますので、よほど特殊用途でも無ければDIS以外を選択する必要性は無いと思います。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら