次期BMW・6シリーズは、パナメーラやAMG GTと直接対決するモデルに変身!?

スポーツカー好きではなく、高級車好きにウケたパナメーラを見習った

BMWがパフォーマンスカーの世界で頂点に君臨するようになったのは結構最近のことですが、メルセデスAMGやアウディを蹴散らそうとする、V10やV8エンジンを搭載した「M」各車の鼻息の荒さはたしかに凄まじいものがあります。 そんななか、ライバルのAMGは2ドアスポーツクーペの「GT」を投入するなど、以前に比べ路線変更を図っていますが、どうやら今後はパフォーマンスカー業界全体がそちらへと舵を切って行きそうな気配です。 このトレンドを一言で表すと、「ポルシェを追従する」ということになります。 というのも、4ドアスポーツカーたる「パナメーラ」が、モータースポーツ好きというよりはむしろ高級車を好む層に大ウケしているため、非常に良いビジネスになっているからです。 これに対してAMGは早速、元々2ドアの前述GTを慌てて4ドアに仕立てる計画を公表したくらいです。 それではBMWはどうするのでしょうか?

BMWも「本格スポーツカーが4ドアになったようなクルマ」を模索

BMWの高性能仕様車Mシリーズも、SUVから「M6グランクーペ」に至るまで様々なモデルを取り揃えています。 ただ、このクーペセダンをもってしても、パナメーラほどの官能的なフォルムには欠けているとされます。 次期型はどんなコンセプトで計画されているのか、注目されるところです。 さて、『Carbuzz』誌は2017年4月のニューヨーク・オートショーで北米BMWの商品企画部長ケイト・アリーニ氏(「6シリーズ」「7シリーズ」の担当者)にインタビューし、実はBMWもポルシェとメルセデスAMGと同じ方向性を目指しているという情報を得ました。 このところクルマ好きの間でも6シリーズの次期型については噂が絶えず、「今度はなんとポルシェ『911』に対抗するほどのクルマになるらしい」という説が有力視されています。

よりドライバー重視でスポーティーなモデルになるらしい、次期6シリーズ!

その説では、「8シリーズ」がグランツーリングの需要に対応すると言われています。 ただしさらに言うと、今のような流麗なスタイルをまとった6シリーズのグランクーペは廃止になるという、残念な推測もなされています。 当のアリーニ氏はどうなるかについて明言はしませんでしたが、彼女が示唆したところでは、たしかに6シリーズは現行モデルほどの快適重視な車はやめて、ドライバーズカーに転身するということです。 「次期6シリーズは多くの人を驚かせることになると確信しています」とアリーナ氏は述べていますが、もちろん新型でも高級感が削られるはずはなく、パフォーマンス性がより重視されると言う事です。 つまりどちらかと言うと、現行車のような「スポーティーなセダン」というよりは、スポーツカーが利便性を考えて4ドアになったようなクルマ、になるというわけです。

新世代プラットフォーム採用+ハイブリッド化で、準備万端!

これまでのBMWを見ると、スポーツカーのサスペンションをアウトバーンでの快適性をも考慮してセッティングしてくる傾向にあります。 そう考えると、次期6シリーズがポルシェ・パナメーラやAMG・GTに真っ向勝負をしかけてきても、不思議ではありません。 またアリーニ氏の話しからすると、現行7シリーズや新型5シリーズが採用した新世代の「クラスター・アーキテクチュア」プラットフォームを、次期6シリーズも採用すると見て良さそうです。 これからBMWのラインナップ全体に拡大して行くはずの車台なので、これは自然な流れと言えます。 さらに、デビュー間近の次期「M5」が4WDを初採用するとの報道からすると、次期6シリーズもそれを踏襲して、パナメーラとの戦闘態勢を整えることになるでしょう。 一方のポルシェはシステム合計で680PSにもなる「パナメーラ・ターボS Eハイブリッド」を追加するなど、燃費性能の向上にも余念がありませんが、アリーニ氏はBMWも今後電動化を推し進めて、ライバルに引けを取らない総合力を身につけると強調しています。 こうした話を聴くと、ますます実車の登場が楽しみになります。 燃費や効率性ばかりが取り沙汰されるなか、「クルマ好きにとって退屈な将来になりそうだ」と見る向きもありましたが、幸いなことに、そんなことはなさそうです!

Next-Gen BMW 6 Series Gran Coupe To Answer Mercedes-AMG GT ConceptAncar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら