ロリンザー、スタイル重視でここまでキメるベンツ

ドイツではとてもメジャーなロリンザー

メルセデス・ベンツのチューナーを語る時、それがたとえばAMGであれば、その創業者がメルセデス・ベンツのエンジニアだった時代から始まり、数々のレースでの輝かしい実績、F1チームにさえ名を刻むブランドと、ネタが尽きません。

何しろ今やメルセデスAMGとして、メルセデス・ベンツをそのブランドに持つダイムラーAGの一員であり、メルセデス・ベンツの正規販売車種なのですから、全世界の顧客に対するアピールに懸命です。

ブラバスはAMGに比べればメジャーではありませんが、「ベンツのエンジンで過激なチューンを行うのはどこだ?」となれば、マイスター(職人)が丹念に組み上げた宝石のようなAMGエンジンさえチューンしてしまうブラバスは外せません。

AMGが今や新型車の開発段階から関わり、チューナーというよりメーカーそのものだと思えば、ブラバスこそがベンツ最大のメジャーチューナーに思えます。

ただ、そこに「ロリンザー」と言われると、日本ではメジャーという印象は受けず、むしろマイナー感漂うのはなぜでしょう?

ドイツではむしろロリンザーの方がメルセデス・ベンツのチューナーとしてメジャーなのですが、プレミアムブランドとして海外展開するメルセデス・ベンツにとって、実用車ブランドでもあるドイツ国内とは、ちょっと扱いが異なるようです。

ロリンザーは小さな整備工場から始まった、ベンツ公認チューナー

ロリンザーの公式ホームページを見てもその歴史は非常にアッサリしています。

1930年にドイツ南部のバーデン ヴュルデンベルグ州のヴュルテンベルク地方にある、ヴァイブリンゲンという町で、小さな自動車整備工場が開かれました。

…と言っても、日本国内でさえ東京や埼玉はともかく、三重県や佐賀県がどこにあるかもピンと来ない我々日本人にとって、「それどこ?」という話になります。

わかりやすく言えば、ポルシェもその本拠を置くシュトゥットガルトがその州都であり、ヴュルテンベルク地方の中心地でもあり、その外れがヴァイブリンゲンということ。

歴史的にベルリンですとか「プロイセン」とはちょっと違う独立性の高い地域らしいので、日本で言うと広島に対する福山みたいなポジションでしょうか?よくわかりませんが。

ともあれそこでエルヴィン・ロリンザーなる整備士が整備工場を開き、第二次世界大戦を挟んでも黙々とそこで商売をしていたようですが、この時期のことについてはロリンザー公式の「歴史」を見ても、ほとんど記載がありません。

ただ、そのエンジニアとしての腕は確かだったようで、1935年には既にダイムラー・ベンツAG(現在のダイムラーAG)から高い評価を得ていたとあります。

 

1970年代にメルセデス・ベンツ公認チューナーへ

1974年には創業者のエルヴィンから息子のマンフレッド・ロリンザーに代が変わり、この頃からチューナーとしての活動を始めたようです。

それまでメルセデス・ベンツ公認の販売代理店でしたが、チューナーとしてもその仕事ぶりを評価され、時期は不明なもののメルセデス・ベンツ唯一の公認チューナーになります。

ただし、AMGのようにダイムラーAGグループには取り込まず、あくまで一企業として独立を維持したのが特徴で、日本だとホンダに対する「無限」に相当するのかもしれません。

(意外ですが、「無限」ブランドを扱うM-TECはホンダと資本関係に無い独立企業です)

無限のコンプリートカーがホンダディーラーでも買えるのと同様、ロリンザー仕様はドイツ国内ならメルセデス・ベンツディーラーで純正同様に購入できます。

さらに、ロリンザーはメルセデス・公認チューナーであると同時にレクサス車も手掛けており、その意味でも「依頼があればどのメーカーでも顧客は限定しない」という無限と共通です。

ロリンザーの特徴はホイールやエアロパーツ

ロリンザー仕様はエンジンチューンも伴いますが、日本ではコンプリートカーを除き、「メルセデス・ベンツ車のエアロパーツやホイールなどアフターパーツメーカー」としての側面が強くなっています。

ロリンザー仕様と言えば、そのアフターパーツで外観をカスタマイズした仕様を思い浮かべる人の方が、日本では多いでしょう。 メルセデス・ベンツ公認なのはこの面でも生きていて、ドイツ国内ではロリンザー仕様が唯一、ドレスアップを施してもメルセデス・ベンツの印であるスリーポインテッド・スターの装着を認められています。

AMGは「身内」なので当然ですが、ロリンザーに関しては独立企業なので、これは異例と言って良いかもしれません。

そう考えると、AMGは「メルセデスAMGによる純正メルセデス・ベンツ車」、ブラバスが「メルセデス・ベンツをベースにチューンしたブラバス車」なのに対して、ロリンザーは「ロリンザーがチューニングしたメルセデス・ベンツ公認純正相当車」です。

日本ではそれほどメジャーではなく、ロリンザーブランドそのものが「株式会社スポーツサービス」を日本正規輸入元とした「ロリンザージャパン」として独立しており、メルセデス・ベンツジャパンではホームページでも紹介されていません。

しかし、ロリンザーとメルセデス・ベンツのつながりはAMGに匹敵するほど濃い物である、そう考えると、また見る目が変わってくるでしょうね。

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション