【限定車】世界に数台しかない激レア車5選!!

世界に数台しかない限定車があることはご存知ですよね?

限られた数しか存在しないレアな車に、誰しもが憧れを持つでしょう。今回は、どのような限定車があるのかを伝えるため、「超かっこいい5つの限定車」を紹介していきます。

超かっこいい限定車5選

レクサス LFA(世界に500台)

レクサス LFA

世界に500台しかない日本産スーパーカー「レクサスLFA」

「レクサスLFA」は、世界で500台限定で作られた「スーパースポーツカー」です。LFAとは、Lexus Flagship(1番目の) Apex(頂点)の略であり、「最も頂点の車」として開発されたといえます。

2010~2012年に販売され、新車価格は3,750万円と日本最高額でした。海外ブランドにおいてスポーツカーの限定車は1億円を超えるため、非常にお手ごろな値段だと考えられます。実際、オークションでは、なんと5,000万円~1億円程度が相場です。トヨタ社長のサイン入りのレクサスLFAは、なんと8億円で販売されたといわれています。

それにもかかわらず、低コストで販売された理由として、技術力をアピールし、レクサスの価値を向上させるためだったといわれています。

そんな日本最高級の「レクサスLFA」のスペックを見ていきましょう。車両重量が軽量仕様の1,480kgでありながら、最高出力:560ps、最高トルク:48.9kgm。最高時速:325km/h0-100km/hの加速は3.7秒です。

新車価格の3,750万円をはるかに超える相場になることも頷けるパフォーマンスといえるでしょう。コストパフォーマンスが高く、思惑通り、レクサスの価値を高めるために、良い影響を与える車になったのではないでしょうか。

パガーニ ウアイラ・ロードスター(世界に100台)

パガーニ ウアイラ ロードスター

世界に100台しかないオープンカー「ウライア・ロードスター」

「ウアイラ・ロードスター」は、「パガーニ・アウトモビル(イタリア)」によって100台限定で生産されたオープンカーです。

2017年、228万ユーロ(日本円にして約2億7,300万円)で販売されました。

「ウアイラ・ロードスター」は、性能の高さが特徴です。最高出力:764ps、最高トルク:1,000nm。最高速度は公表されていませんが、クーペモデルと同様に、最高速度:370km/h0-100km/hの加速は3.2秒程度ではないかといわれています。

通常、オープンカーは、クーペモデルより重くなる傾向にあります。しかし、「ウアイラ・ロードスター」は1280kgで軽量となっていて、クーペモデルより70kgも軽くなっています。

高性能なスーパーカーで、とても魅力的ですね。

日産 GT-R50 イタルデザイン(世界に50台)

Nissan GT-R50 by Italdesign
世界に50台しかない金ピカの「GT-R50 イタルデザイン」

ゴールドに輝くGT-R50イタルデザインは、GT-Rとイタルデザイン社(イタリアのデザイン会社)の50周年を記念して、2018年に共同開発されました。最高出力:720ps、最高トルク:780nm。

価格は、90万ユーロ(日本円にして、約1億2,000万円)からの販売になりました。この価格から、車のオーナーとなる人たちの希望によって値段が決められたようです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら