夜間の走行はハイビームが基本?車のヘッドライトにまつわるルールと注意点

夜道でヘッドライトを点灯させる車

車の正しいライトの使い方をご存知ですか?暗い夜の時間帯やトンネルの中などでは、「どのようにライトを切り替えれば良いか分からない」という方も少なくないでしょう。ロービームだと夜間にまわりが見えにくかったり、ほかの車のハイビームでまぶしい思いをしたりなど、ライトの使い方は安全を左右するために非常に重要だといえます。

そこで今回は、車のライトにまつわるルールや注意点について紹介していきます。

車のライトについて

車のライトの切り替え

暗い道路を走る車

すでにほとんどの方がご存知かもしれませんが、車のヘッドライトの切り替えについておさらいしていきます。車種によって異なる部分があると思いますが、基本的にはウィンカーを出すレバーを使い、ヘッドライトを切り替えることができます。レバーの先端を回していくことにより、「消灯(OFF)」→「ポジションランプ(スモールランプ)」→「ロービーム」と切り替えることができます。そして、そのレバーを前に倒すことによって「ハイビーム」に切り替えられます。前に引いた場合はパッシング(瞬間的にハイビームを点けることが)できます。最近では、周囲が暗くなるとロービームを自動で点火させる「AUTO」の機能を備え付けている車が多くなっています。この機能は新型車は2020年から、継続車は2021年10月から義務化されることになっています。

車とすれ違うことも多い都心部では、いちいちライトを切り替えることが何かと不便ですよね。そんな悩みに応えるように、ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる最新のライトも出てきています。興味のある方は車を購入する際などに検討してみても良いかもしれません。

クルマの夜間を走行する際のライト

夜間はハイビームが基本

夜間にハイビームを点灯させる車

基本的に、夜間に運転する際にはハイビームにすることが義務付けられています。警視庁の分析結果によると、夜間に発生した車両と歩行者の事故ではほとんどの車両が下向きのライト(ロービーム)を点を灯させていたようです。そのため、夜間での走行は基本的にハイビームで走ることが義務付けられました。

他の車両の交通を妨げるおそれがあるときはロービーム

夜間に大きな通りを走行する男性

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
夜道でヘッドライトを点灯させる車