コペンにかかる必要な維持費6つとは?コペンの3つの特徴も解説!

コペンは小回りの利く、軽のスポーツカーとして知られています。人気のコペンの魅力や維持費など、コペンの購入を検討している人におすすめの情報を詳しく紹介していきます。コペンをセカンドカーとして利用する人も増えていますので、ぜひチェックしてみてください。

ダイハツ「コペン」とは?

ダイハツコペンは、軽自動車規格に沿った2人乗りのオープンスポーツカーです。初代のコペンは2002年に発売されていて、コアなファンも多い車種です。ダイハツによると、コペンは軽市販車では世界で初めてとなる、電動開閉式ルーフを採用したそうです。電動開閉式ルーフによって、オープンカーとクーペのどちらの楽しみ方も可能になっています。最近では2019年に第4のモデルであるCOPEN GR SPORTが発表され、注目を集めています。

コペンの特徴1:軽のスポーツカー

コペンの大きな特徴の1つは、軽のスポーツカーであるという点です。軽のスポーツカーですので、ちょっとした買い物などに使える点が評価されています。維持費なども大型のスポーツカーに比べて安く済むので、スポーツカーに憧れている人はコペンに大きな魅力を感じていることでしょう。そのためコペンは、中古市場でも安定的な人気があります。

コペンの特徴2:2人乗りのクーぺ型

コペンは、2人乗りのクーペ型です。小回りが利く軽のスポーツカーですので、都心や狭い路地の多い場所に住んでいる人から評価されています。さらに2人乗り用のコペンは、コンパクトでかわいい外観をしているため女性にもおすすめです。車を選ぶ際に外観やおしゃれさを重要視するという場合は、コペンも検討車種に入れることをおすすめします。

コペンの特徴3:力強い走行性能

コペンは、力強い走行性能が魅力です。コペンには、軽量で力強く走行する3気筒DOHCターボエンジンが採用されています。さらにコペンには16インチのスポーツタイヤが使われていて、高い応答性、舵の効き、乗り心地力の良さも素晴らしいです。またコペンは空気抵抗が低くなるように設計されていますので、燃費も悪くありません。

学生にもコペンはおすすめ?

コペンは、経済的に余裕がある学生におすすめです。コペンは2人乗りでかっこいい軽のスポーツカーで憧れを持つ学生も多いかもしれませんが、維持費もかかります。コペンの価格は、グレードによって変わりますが、概ね200万円前後です。さらに各種税金、車検費用、ガソリン代などがかかります。また、駐車場がない場合はさらに月々の駐車場代も必要となります。ある程度お金のある学生にはおすすめの車です。

コペンに必要な維持費6選

コペンに必要な維持費は、大きく6つあります。具体的にどのような維持費が必要なのかを詳しく紹介していきますので、コペンの購入を検討する際の参考にしてみてください。さらに維持費の多くは、コペン以外の自動車にも共通して必要な場合も多いです。そのため、維持費を知ることで、コペンと迷っている車種がある場合の検討材料にできるでしょう。

維持費1:軽自動車税

コペンは軽自動車ですので、軽自動車税がかかります。軽自動車税は、住んでいる市町村に払う税金です。毎年4月1日時点で軽自動車を所有している人に請求されますので、コペンの購入のタイミングを検討している場合には軽自動車税のことも頭に入れておくといいでしょう。

維持費2:任意保険料

任意保険料は、安心してクーペを運転するのに必要な維持費です。任意保険に加入しておくと、クーペで誤って電柱にぶつかってしまった時の修理費などをカバーできます。任意保険料は、年齢や免許証の色、等級によって価格が異なります。また最近では、ネットで低価格で加入できるプランも用意されています。任意保険に加入する際は、料金だけでなく、補償内容や請求方法などをトータルでチェックすることがおすすめです。加入が義務付けられていない任意の保険ですが、加入することをおすすめします。

維持費3:ガソリン代

ガソリン代は、コペンに乗るために必要不可欠な維持費です。コペンに頻繁に乗る場合は、燃費が悪くないとは言えガソリン代が多くかかります。ガソリンの価格は変動が大きく、住んでいる地域によっても価格が異なるので、居住地域のガソリン相場を調べてみても良いでしょう。

維持費4:整備・メンテナンス代

整備やメンテナンス代は、コペンに安心して乗車し続けたい場合に必要な維持費です。万が一コペンに不具合があった場合は、整備やメンテナンス代が必要です。さらに故障による整備やメンテナンスは、車両保険の適応外の場合もあります。車の整備代や部品が想定しているよりも高額になってしまい、大きな負担になることも少なくありません。整備やメンテナンスの回数が多くならないように、急発進や急ブレーキを控え、車にかかる負担が少なくなるようにしましょう。

維持費5:駐車場代

自宅にコペンを駐車するスペースがない場合は、維持費として駐車場代が必要になります。駐車場代は地域によって異なるので、住んでいる地域の相場を調べてみましょう。ただコペンは軽自動車ですので、一般車よりも駐車場代が安く済むこともあります。また賃貸物件によっては、月々の家賃の中に駐車場代も含まれているという場合もあります。

維持費6:車検代

車検は自家用車であれば車種にかかわらず、新車登録後3年、それ以降は2年という有効期間があります。車を所有する上で必要なものなので、事前に車検代に必要なお金を準備しておくことがおすすめです。車検費用の他に、車検の際に不具合があれば、消耗部品の交換料が維持費として掛かることもあります。車検代はディーラーに依頼するのか、整備会社に依頼するかによって料金が異なります。また、どの整備会社で車検を行うかどうかによっても異なります。少しでも安い価格にしたい場合は、車検をする場所の下調べをしておくことが大切です。

車検時に必要な法定費用:印紙代

車検時に必要な法定費用に印紙代というものがあります。印紙代は、車検の手数料として運輸局や警察署に納付する維持費で、1,100円〜1,800円ほどかかります。コペン以外の自動車でも必要な費用のため、知っておくといいでしょう。

車検時に必要な法定費用:重量税

コペンはエコカー減税が適用されるグレードがあります。コペンはエコカー減税が適用される場合は25%適用されるので、自動車重量税は新車登録の場合5,600円、継続検査の場合5,000円になります。この継続検査時の金額は、新車登録して13年未満の軽自動車に対するものです。また、重量税は国の政策で変更になることもあります。こまめにニュースをチェックするとともに、エコカー減税対象グレードの確認をされてみてはいかがでしょうか。

車検時に必要な法定費用:自賠責保険

コペンの自賠責保険料は、21,150円です。自賠責保険は法律によって加入することが義務とされています。維持費として必ず用意しておきましょう。自賠責保険は、交通事故の被害者を救済する目的で設けられています。ただし対人賠償の基本的な部分のみの補償ですので、相手の車の修理代などは保険の対象外です。自賠責保険だけでは不安が多いため、費用はかかりますが、任意保険に加入する人が多いです。

コペンを買う主な理由とは?

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら