あの頃流行ったデートカーのような車は現代に存在するのか

若者の車離れが音速を超えマッハに突入し、かつてのような良い車を所有することがステータスの社会ではなくなってしまった日本。草食系と呼ばれる新たなる人類が登場し世の中の人間は積極性に欠け少子化は進み最近の若者は趣味を持っていないなどと言われていますが、一昔前まであったデートカーやスポーツカーなど若者に人気のあった車のようなものは現代の社会にあるのか疑問に思いました。今回はかつてのようなデートカーは滅びてしまったのか調べていきたいと考えています。

今の時代女性は車を持つ人を良く思っているのか

最近の若者は車を持っていません。しかし、若者は車を持っている異性に対してどのような感情を抱いているのでしょうか。まずは車を持つことに対してどのように思っているのか調べていきます。

付き合っている相手がいる人の割合

まず調べる前に異性との交際経験のある若者が割合がどれ程なのか知っておく必要があります。とある調べによると20代男性の3人に1人が交際経験がないという結果が出ています。この背景から見えるのは恋愛に対してマイナスイメージを持つような草食系男子などのワードが世間一般に広まったことが原因の一つとして考えられます。また、ネットワークなどの普及により趣味の多様化で恋人を作るために時間を割くことができないということも考えられます。この結果から近年の若者がデートへの関心を持つ割合の少なさがわかるのではないでしょうか。

女性から見た車を持つ男性のイメージ

女性から見て車を持つ男性のイメージはどのようなものなのでしょうか。公共交通機関が発達している地域とそうでない地域では差が出てしまいますが、調べてみると女性は車を所有する男性へのイメージは思っていたよりも好印象でした。中には車を所有している男性に家まで迎えに来てもらえると嬉しいといった意見や電車ではいけない場所に連れて行ってくれるなどの意見がありました。ただし車を所有していてもNGなケースがあるようです。NGケースとしてカスタムカーは悪目立ちし、マフラーの音で車内での会話が聞こえないなど良い印象は持たれてないようです。意外だったのがオープンカーの印象が悪いことです。筆者は赤いオープンカーに金髪美女を乗せてドライブするゲームを散々やっていたのでオープンカーこそデートカーのような印象を持っていました。印象の悪い理由としては風でせっかくセットした髪が乱れてしまうからだそうです。個人的におかしいと思うのは軽自動車です。軽自動車こそ経済的で将来を気にする相手なら安心できると思いますがそうではないようです。やはり相手には経済力の象徴である高級な車で迎えに来て欲しいみたいです。ちなみに筆者が乗っているのは軽自動車のアルトです。

かつてデートカーと呼ばれていた車

現在のデートカーを調べる前に過去に人気のあったデートカーを知っておくことで過去と現在で求められている車のジャンルや性能などを比較できてより一層面白くなるのではと思います。ここではかつてデートカーとして愛されていた車を紹介していきます。

ホンダ・プレリュード

ホンダ・プレリュードは2代目と3代目がデートカーとして人気の車でした。クーペタイプでリトラクタブルヘッドライトを搭載していたプレリュードは当時の若者が求めていたかっこよさを満たし、当時としては斬新な横幅の広く車高の低い作りが日本離れしており女性からの評価が高い車でした。このホンダ・プレリュードのデートカーとしての大きな特徴は運転席側にも助手席のリクライニングノブがついており自由に操作できたところです。このノブの使い方はご想像にお任せします。

トヨタ・ソアラ

トヨタ・ソアラはハイソカーブームに乗り人気となった車種です。ハイソカーとはハイソサエティの略で上流階級という意味を持っています。現在のセレブのような意味合いで使われていたようです。高額な価格でしたがバブル絶頂期に販売されていたため売れ行きは好調であり、ナンパ車と言われていたこともありモテる車の象徴でした。

日産・シルビア


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら