生き残るのは4メーカー?壮絶な2021年のヨーロッパ排ガス規制

今の時代、地球をあげて地球温暖化の問題が叫ばれています。そこにもっとも多く影響を与えていると言っても過言ではないのが自動車業界です。最近ではハイブリットカーや電気自動車の数も増えてきて地球温暖化への取り組みを実感している方も多いと思います。実際にここ最近でもマツダの電気自動車が発表されました。しかし、今これらの電気自動車は日本のメーカーであろうと日本を差し置いてヨーロッパへ先に販売されるようになっています。その理由を考えると、そこには厳しすぎるヨーロッパの2021年排ガス規制の存在があります。今でこそ日本の方がハイブリッドの普及率などは高い状況ですが、これから先その状況はひっくり返るかもしれません。そこでここではヨーロッパの排ガス規制について詳しく紹介していきます。また、日本の排ガス規制の現状についても触れていきたいと思います。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンでは規制するものが違う?

同じ排ガス規制ですが、実はディーゼルエンジンとガソリンエンジンでは規制するものが違います。まず最初に排ガス規制の内容についてそれぞれのエンジンごとに紹介します。

ガソリンエンジン

乗用車などで多く使われているガソリンエンジンですがこのエンジンで規制されるものは二酸化炭素(CO2)、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)の3つです。二酸化炭素は言うまでもなく地球温暖化に直結します。一酸化炭素は自動車内で死亡してしまうケースの大半を占めている一酸化炭素中毒を引き起こしてしまいます。炭化水素はプラスチック製品の原材料に使われている物資で光化学オキシダントの原因にもなっており、摂取しすぎると炭化水素中毒になる恐れもあります。ガソリンエンジンにはこの3つの有害物質が多量に含まれているため、他にも有害な物質はありますが、まずはこの3つが優先的に規制されています。

ディーゼルエンジン

次にディーゼルエンジンです。こちらはガソリンエンジンとは違い規制されるものは粒子状物質(PM)、窒素酸化物(SOx)の二つの物質です。PMは特にこれ単体の物質というものはなくいわゆる排気ガスに含まれる黒煙などの微粒子全体を指します。よく聞くPM2.5は2.5μm以下の微粒子という意味です。昔のトラックなどは黒い煙を大量に吐き出しながら走っていました。もちろんこの微粒子が体に良いわけがなく、発がんの可能性を高めたり喘息などの症状を起こしてしまいます。一方、窒素酸化物は光化学スモッグの原因にもなっている物質でPMと同じように喘息やひどい場合には呼吸困難を引き起こします。以上の二つが主にディーゼルエンジンで有害とされ、規制されている物質です。

過去数年のヨーロッパ排ガス規制

現状のヨーロッパ規制はユーロ6が適応されており2021年にはユーロ7が適応されるため、排ガス規制は非常に厳しいものとなっていきます。ここでは今までのヨーロッパの排ガス規制の動きを簡単に見ていきます。

ヨーロッパで初めて排ガスの規制をされたのが1970年。最初は乗用車や軽トラックを中心に排ガス規制が行われました。しかし、これはユーロ1という正式な規制の始まりではありませんでした。ユーロ1として初めて制定されたのは1992年で初めのユーロ1からだんだんとその規制を厳しくしていきます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら