高速道路での休憩目安は2時間に1回?適切な休憩間隔から休憩中の過ごし方まで

高速道路を走る車

帰省や旅行など、高速道路を利用する機会がある人は少なくないでしょう。もしかすると、長時間の運転が必要なときもあるかもしれません。長時間の運転をする場合は、休憩が必要不可欠ですよね。しかし、高速道路で運転をする際に、適切な休憩間隔や休憩時間の過ごし方について分からないという方も多いと思います。疲れているのにも関わらず運転をすることは、事故につながる恐れもありますし、絶対に避けたいですよね。

そこで今回は、高速道路での休憩間隔や、オススメの休憩時間の過ごし方についてお伝えしていきます。

高速道路での休憩間隔について

最低でも2時間に1回、10分以上の休憩が必要

たくさんの車が停車されているパーキングエリア

高速道路を運転する際、最低でも2時間に1回、10分以上の休憩をするべきでしょう。これは、「トラック」や「長距離バスの運転手」ですら、基本的に2時間に1回10分の休憩を取ることがルールとして定められているためです。また、一般道では4時間ごとに30分の休憩を確保するように定められています。運転に慣れており、運転のプロともいえるトラックや長距離バスの運転手にですら、このようなルールが定められています。そのため、最低でも2時間に1度、10分以上の休憩を取ることを目安にしましょう。

オススメの目安としては、1時間半に1回、15分程度の休憩です。人が集中を持続できる時間は、長くても90分くらいだといわれています。そのため、大学などの多くの講義では、基本的には90分程度までになっています。もちろん人それぞれかもしれませんが、基本的には、これより長い時間は集中力を持続させることが難しいと考えられています。そのため、長時間の運転を続けるほど、集中力低下により事故を引き起こしてしまう可能性が高くなるでしょう。なので、高速道路では90分に1回、15分程度の休憩を取ると良いのではないでしょうか。運転前から疲れている可能性もありますし、そのような場合は、より早い段階で休憩を取るようにしましょう。

休憩せずに運転を続けるリスク

事故につながる

当たり前かもしれませんが、長時間運転は事故につながってしまう恐れがあります。長時間の運転は、「眠気」、「疲労」、「集中力の欠陥」などを引き起こします。「居眠り運転」の原因になる可能性もあります。運転の際は気を抜くことは出来ないですし、ちょっとしたことが大きな事故につながってしまうかもしれません。

エコノミークラス症候群

運転席で睡眠をとる男性

長時間運転を続けると、エコノミークラス症候群になる恐れもあります。エコノミークラス症候群とは、長時間、限られた空間に同じ姿勢でいることによって、血流の流れが悪くなって引き起こされます。命にも関わる可能性のあるため、大変危険な病気です。車の中はスペースが限られていて、同じ姿勢をキープしなくてはなりません。運転をしている方であれば、ストレスや疲労がさらに溜まりやすいですし、水分補給もおろそかになりがちです。そのため、運転手に限らず車に長時間乗る人はこまめに水分補給をし、休憩時間にはストレッチをするようにしましょう。

疲れた時に出るサイン

あくびの回数が増える

運転中に眠気を感じる男性

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
高速道路を走る車