【流れるウィンカー】シーケンシャルウィンカーってダサい?DIYで後付けはできる?

最近では街中でよく見かける見かけるようになった特徴的なウィンカー、いわゆる流れるウィンカーです。他の車とは違うウィンカーの動きで個性を出すことのできるものですが、この流れるウィンカーは後付けできるのでしょうか。車は自分を表現するものなので、自分の車に個性を出したいと思っている人は多いはずです。そう言った人のために、今回は後付けできるのかDIYできるのかについてお話していきます。また、流れるウィンカーについてダサいのかかっこいいのかということについては賛否両論あります。そんな論争についてもお話していきます。

シーケンシャルウィンカーについて

流れるウィンカーの正式名称はシーケンシャルウィンカーと言います。ですがわかりにくいのでここでは流れるウィンカーと表記します。まずは流れるウィンカーについて詳しくお話していきます。

実は昔からあった?

流れるウィンカーと言えば割と最近できたものように感じますが、実は流れるウィンカーが登場したのは1960年代とかなり前のことなのです。最初はアメリカのフォードマスタングに装備され、日本車では日産のブルーバードにオプションで設定されました。出た当初はリアのランプに装備されていましたが、コストがかかりすぎるのと日本の保安基準で禁止されていったことで、その姿は次第に消えていきました。

最近になって再登場したのは保安基準改正の影響

そして最近になって流行ってきた理由がその保安基準の改正。保安基準が2014年に改正されそれまで禁止されていた、連鎖点灯が許可されました。そのことにより、それまでは海外でしかなかった流れるウィンカーは日本にも続々と導入され始めたのです。

流れるウィンカーの付いている車種

一番よく見るのはトヨタ車でしょうか。トヨタはレクサスにもほとんど流れるウィンカーが装備されています。保安基準が変わって一番最初に装備された車がC-HR。そして現在はハリアーやアルファード・ヴェルファイア、ヤリス、スープラなど新しく出された車種には大体装備されています。これは他のメーカーも同様で、保安基準が改正されて以降に登場したほとんどの新車に流れるウィンカーが装備されています。

海外ではアウディが有名ですね。もともとアウディは日本で改正される前から海外で売る車には流れるウィンカーを装備していて、それが普及したことによって日本は保安基準を改正したところもあります。

流れるウィンカーのダサい・ダサくない論争

流れるウィンカーを語る上で必ず出てくるのがウィンカーのダサいのかかっこいいのかという論争。ダサいと感じる人もいればかっこいいと思う人もいます。ここではそれぞれの立場の意見を聞いて見ます。

こちらがかっこいいという人の意見

ウィンカーがダサいと言う人の意見としてはヤンキー車見たいな改造っぽくてダサいと言う意見もあるようです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら