ミニバンのエアロがダサいと言われる理由

最近のミニバンを見ていて強く思うことがあります。それはミニバンの顔やラインナップにかっこよくや厳つめの顔をしたものがかなり増えてきたなぁということです。それに比例してエアロパーツやカスタムをするミニバンも増えてきている気がしています。よく考えればミニバンの顔が厳つい方向へと変化しているということはそれだけ厳つめの顔に需要があるということなので、エアロを着けたりしているミニバンが増えているのも当然なのかもしれません。しかし、ネットでも身の回りでもミニバンのエアロがダサいと言う人は意外と多くいます。ダサいと思う感覚は人それぞれですが、なぜそう思う人が意外に多くいるのでしょうか。今回はそんなミニバンのカスタムやエアロについて語っていきたいと思います。

そもそものエアロの役割

エアロパーツについてみなさんはどれくらい知っていますでしょうか。まず最初にダサいダサくないという話よりエアロパーツの役割と目的についてお話していきます。

もともとレース用に作られた

エアロパーツとは何かと言いますと、もともとはF1カーやレースカーに向けて作られた車体にプラスで着けるアクセサリのようなものです。これを着けることによって走行中に上から押さえつけられる力が発生し車のハンドリングやコーナーを曲がる時に遠心力に引っ張られにくくなる効果があります。全てのエアロパーツはこの力を生むために作られていてこの目的はミニバンや市販車に着けるエアロパーツも変わりません。エアロパーツについてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

実際エアロパーツの効果はある?

ミニバンのエアロはダサい?

そんなエアロパーツですが果たしてなぜそれをミニバンに着けることはダサい言われるのでしょうか。

ミニバンにつける意味

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/27/Osaka_Auto_Messe_2018_%28329%29_-_Toyota_VELLFIRE_MODELLISTA_AERO_KIT_for_AERO_BODY.jpg/2048px-Osaka_Auto_Messe_2018_%28329%29_-_Toyota_VELLFIRE_MODELLISTA_AERO_KIT_for_AERO_BODY.jpg

まずミニバンにエアロを着けるのがダサいと言われる理由として、そもそもミニバンに着ける意味がないということが挙げられます。エアロパーツは先ほど紹介した通りレースカーなどに向けて速く走れるように作られたものです。その目的を考えるとミニバンに着けているのは意味がないようにも思えてしまいます。また、F1などの車は一般の車に比べてものすごく軽いので空気抵抗の影響を受けやすくなってしまい、エアロパーツが重要な役割を担うわけですがミニバンはそのF1カーの2倍ほどの重さがあります。これだけの重さがあればミニバンに着ける意味がありません。そもそもダサいというのは基本的に意味のないことに対して思われることが大半です。例えばトヨタの車にレクサスのエンブレムをつけているのをダサいと思うのも意味がないのにカッコだけつけているからでしょう。なのでミニバンのエアロをダサいと思うのも機能的に意味がないのに装飾しているのがダサいと思っている人が多いのではないでしょうか。

ミニバンのカスタムがダサいという声も

一方でミニバンのカスタムがダサいという声もあります。ここではそんな意見を紹介します。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら