実際エアロパーツの効果はある?

街中に走っている車を見ているとちらほら車の下や後ろにエアロパーツを着けている車を見かけます。日産のnismoやトヨタのGazoo Racingのように、最近はスポーツモデルのグレードを作るブランドがどこの車メーカーにも付属していて、その影響かエアロパーツを着けている車は増えている気がします。どちらかというと走行性能よりかはデザインの面で着けている人が多くいるように感じるエアロパーツですが、実際その効果はあるのでしょうか。そこで今回はエアロパーツについて、着けることによって走行にどう変化があるのかお話していきたいと思います。

エアロパーツを語る上でかかせないダウンフォースとは

まず、エアロパーツの効果について語る上で欠かせないダウンフォースというものについて紹介していきたいと思います。

車体を抑えつける力

結論から申しますとダウンフォースというのは車体を上から抑えつける力のことを指します。なぜこのような力が必要なのかと言いますと、このダウンフォースがないと車体が浮き上がってしまうからです。物体が動く時には必ず地面と垂直の方向に働く力が発生します。これは飛行機などが浮き上がる時に使われている力(揚力)で飛行機が空を飛ぶことのできる非常に重要な力となっています。しかし、車が走行する際はこの力は車にとって邪魔な力となります。車体が浮き上がってしまってはまともに走ることすらできませんし、コーナーなどを曲がる際に遠心力に負けてどんどん外側へと流れてしまいます。それを防ぐための手段として、揚力とは正反対の力、ダウンフォースを稼ぐということは速い車を作る上で非常に重要になってくるのです。

エアロパーツは全体としてダウンフォースを稼ぐ目的で作られている

先ほどの説明でダウンフォースを稼ぐことが重要とお話しましたが、基本的にエアロパーツはそのダウンフォースを稼ぐという目的のために作られています。ダウンフォースは車体の重量を増やすことでも稼ぐことができるのですがそれでは燃費が悪くなったり、加速が悪くなったりなどデメリットの方が目立ってきてしまいますので重量を増やすことなくダウンフォースを稼ぐことができるようエアロパーツが発明されました。

パーツ別の役割

ここからは実際のエアロパーツのパーツ別の役割について見ていきます。

リヤウィング

リヤウィングはエアロパーツと聞いてみなさんが一番にパッと思い浮かぶものなのではないでしょうか。このリヤウィングは飛行機の翼を逆さまにした形になっており前から受ける力を下方向への力にする役割を担っています。リヤウィングと同じ箇所に着けるエアロパーツにはもう一つ似たようなリヤスポイラーがあるのですが、それはリヤウィングとは役割が異なり後ろへと流れる気流を整え走りを安定させる役割があります。

ディフューザー

こちらもリヤに着けるエアロパーツで車体の下に流れる空気を流れ易くする役割があります。車体の下に流れる空気が流れ易くなると車の下の気圧が低くなり上から押し付けられる力が発生します。これがダウンフォースとなります。最近ではスポーツカーではなく市販車のノーマル車にも着けられるようになってきています。

フロントスポイラー


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら