冬の時期に洗車は危険?洗車する際に気をつけるべきこと

夜間に洗車をすると次の日にドアノブが開かなくなってしまう可能性があります。これは車の不具合ではなく、夜間に洗車を行ってしまったことが原因となっています。夜間に洗車を行なうと車の内部に入り込んだ水が乾燥する前に凍りついてしまい、翌朝車のドアを開けようとしても内部が凍りつきうまく動作しなくなってしまいます。このような不具合を防ぐには夜間の洗車を控え、なるべく時間をかけて車の隅々まで乾燥させるのが得策だと考えられます。

冬場の乾いたタオル

人がお風呂に入った後、体を拭く際に使用するタオルは乾いていた方がいいですが車は違います。車を洗車した後に拭き上げをすると思いますがその時に使用するタオルが乾燥していると傷の原因となってしまいます。乾燥したタオルは使用されている繊維の特性上硬く車のボディに傷ができてしまいます。もし傷を避けたいのであれば洗車場にサービスで置いてあるタオルを使ったり、乾いたタオルしかない場合は一度濡らすことで回避することができます。また、冬場の洗車場はとても寒く氷点下を下回らない気温であっても風などの影響でタオルが凍ってしまう可能性があります。完全に凍っている状態でなくてもタオルが少し凍っていれば乾燥したタオルよりも繊維が固い状態なので車のボディに対して深刻な傷ができてしまう可能性があるので注意が必要です。

冬場に洗車機のトラブルを回避するにはどうすればいいのか

冬場は車が汚れやすい時期であり、車を綺麗にしにくい時期でもあります。また、年末には大掃除の関係で洗車場が非常に混雑するので混雑回避のため昼ではなく夜に洗車しに行く人もいるかもしれません。そんな冬にも洗車を行いたい人が気をつけるべきトラブルの回避方法を紹介していきたいと思います。

冬場、洗車場に行く時間帯に気をつける

コイン洗車の場合、朝から夜まで空いていますが冬場の凍結トラブルを避けるためにはある程度時間を気にしながら洗車場に向かった方が良いと言えます。年末の洗車場は特に昼間が混みがちだから、混雑を回避するために比較的人の少ない夜間に洗車をすれば良いのではと考える人もいるのではないでしょうか。冬場に太陽が沈むと気温が一気に下がり場合によっては風も出ているので凍結の危険性が格段に上がります。もし凍結の危険性がある冬に洗車を行う場合は昼間以外の時間帯を避けることで凍結の危険性が下がります。また混雑を避けたい人は年末を避けて早めに洗車を行うか年明けに洗車することをおすすめします。

車を拭く専用のタオルを持参

稀に洗車場にサービスとして車を拭きあげするためのタオルが置いてある場合があります。そのため洗車場のタオルを使う人も多くいます。しかし、そのタオルは洗濯されているものの市販の拭きあげ用タオルと比べてしまうと荒い物が多いです。そんな雑巾のようなタオルは冬場の乾燥と凍結の影響で車のボディに傷がついてしまう可能性があります。そのため、洗車場のタオルが乾燥している場合や若干凍っているようであれば使用を控えた方が無駄に傷をつけずに済みます。また、そのようなトラブルを避けるにはファイバータオルのような拭きあげ用に市販されているタオルを持参することで安心して洗車を行えます


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら