トラクター屋からスーパーカーに?ランボルギーニの歴史

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。ランボルギーニはその野心的なデザインやスーパーカーの名に恥じない性能から多くの富裕層からの指示を得ています。またランボルギーニは多くの世代から憧れの車としてあげられるほど多くの世代に認知されています。今回は数多くの自動車の中からランボルギーニについて紹介していきたいと思います。

ランボルギーニとは?

ランボルギーニはイタリアにある自動車メーカーであり、フェルッチオ・ランボルギーニによって創業されました。今回はそんなランボルギーニがどのようにして創業されていったのか紹介していきたいと思います。

ランボルギーニ設立からの歩み

ランボルギーニはフェルッチオ・ランボルギーニによって創業された自動車メーカーです。創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニは第二次世界大戦後のイタリアにトラックが不足していることに目をつけました。フェルッチオ・ランボルギーニは戦時中、兵器のメンテナンスを担当しておりその経験を生かす形で当時軍が放出していたトラックを民間向けに改造し販売することで多くの富を得ました。その後1947年に自動車好きを活かしてトラックの売上金を使いチューニングショップを開業しました。その後1948年に友人とミッレミリアというレースに自身でチューニングした車で参加しました。しかし、レース中に運転していた友人が操作を誤りレストランに突っ込んでしまいます。この事故でフェルッチオ・ランボルギーニと友人は窓から投げ出されてしまい、大怪我を負ってしまいます。その後この事故が原因でフェルッチオ・ランボルギーニはレース業界から距離を置くようになってしまいました。

スーパーカー・ランボルギーニの誕生

トラクターの収益で巨額の富を得たフェルッチオ・ランボルギーニは様々な高級車を購入するようになり、富の象徴であったフェラーリを手に入れます。当時のフェラーリはクラッチに欠陥があり、フェルッチオ・ランボルギーニもそのクラッチの欠陥に悩まされることとなります。自社でフェラーリを修理することを思いつきフェルッチオ・ランボルギーニはフェラーリを分解してみると自社で販売していたトラクターと同じクラッチが使われており、フェラーリがトラクターと同じクラッチに10倍の値段をつけていたことを知ります。この出来事からランボルギーニは有望なビジネスモデルとトラクターで集めた巨額の富を使いアウトモービリを創設しました。

ランボルギーニが生み出した名車

ランボルギーニが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。トラクターを製造していたランボルギーニが製造するスーパーカーには多くの名車があります。フェルッチオ・ランボルギーニの自動車好きが好転して生み出されたこだわりの強い数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

ランボルギーニ・カウンタック

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF

ランボルギーニ・カウンタックはイタリアの自動車メーカーが74年から90年にかけて製造販売していたスーパーカーです。カウンタックはイタリアの方言で驚いたという意味のクンタッチを一部改変したものです。近未来的なデザインをしているカウンタックは世界中に大きな影響を与え、スーパーカーといえばカウンタックと答える人も少なくはありません。スーパーカーブームの時代に最高速度300km/hという公称値が話題となっていましたがカウンタックは届いていませんでした。またデザイン性が優れており憧れの車としてあげられることが多いカウンタックですが、そのデザイン性ゆえに空力的に問題が多く最高速度が他のスーパーカーと比べても低く、のちに登場したリアウィングのダウンフォースが強すぎたためにフロントのウィングまでも登場する始末でした。

ランボルギーニ・アヴェンタドール

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB

ランボルギーニ・アヴェンタドールは2011年から2018年まで製造していたスーパーカーです。ランボルギーニ・アヴェンタドールという車名はスペインのサラゴサの闘牛場において活躍していた牛の名前にちなんだものです。2010年に製造が終了したムルシエラゴの後継車種として登場したランボルギーニ・アヴェンタドールはムルシエラゴベースの限定車であるレヴェントンのデザイン性を引き継いだ見た目をしています。加速は0-100km/h 2.9秒以下という記録を持っており、最高速度は350km/hを超える値を叩き出しておりスーパーカーの名に恥じない性能を持ち合わせています。スーパーカーとして知名度の高いランボルギーニ・アヴェンタドールは生産台数が5000台を突破するほど人気の車です。

ランボルギーニの魅力って何?

ランボルギーニは世界を代表する自動車ですがなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

日常使いを考慮した快適性

スーパーカーは自動車メーカーのフラッグシップモデルであり、速さを追求したモデルなので室内は狭く普段使いするには向いていないものが多いです。しかし、ランボルギーニは車の普段使いにも焦点を当てて車の開発を行っており、スーパーカーながら高い快適性を実現しています。

ランボルギーニのデザイン性の高さ

ランボルギーニのデザイン性は他の自動車メーカーとは違ったデザインをしており、イタリア出身の自動車メーカーと聞いて納得できるデザインをしています。そのデザイン性から他社メーカーのスーパーカーより性能が劣ってしまっていたこともありましたがこのデザインに乗れるのはランボルギーニだけです。現在のランボルギーニのデザインは力強く歴代のランボルギーニを見ても近未来的な思考が読み取れるような気がします。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら