洗車の頻度はどのくらい?洗車のサブスクで常に輝く愛車を手に入れる

最近、自分の乗っている車が汚くなってきたけど今洗車するのは面倒だし後に回すか、、、。と言って洗車を疎かにしがちです。洗車を怠るだけでも傷の原因となるので侮れません。洗車にはさまざまな選択肢があり、機械に任せ手軽に洗車できるコイン洗車から自分で洗車する手間を省き丁寧な洗車をお願いできる手洗い洗車があります。洗車する頻度によって使い分けるのもいいですが、各洗車ごとの違いを知ることでライフスタイルに合った洗車の方法が見つかるのではないでしょうか。

定期的に洗車しないとこうなる

洗車の頻度は1ヶ月に一回が平均的な数値です。しかし天気は季節やその年月で違い、過去と同じ天気になる年はありません。毎年毎月毎日変化する天気にさらされている車を洗車しないとどのような汚れが蓄積されていくのでしょうか。

雨がそのまま雨ジミに

雨が降った後に車を洗車せずに放置しているとイオンデポジットという雨ジミが発生します。このイオンデポジットという雨ジミは水に含まれる不純物が乾燥して残ったもののことをいいます。この雨ジミは放置すると巨大化してしまい、容易に落とすことができなくなってしまいます。無理やり雨ジミを落とそうとするとコーティングを傷つけてしまう可能性もあります。

花粉はボディを傷つけ腐食する

花粉は粉状のイメージですが、実際は異なります。車に付着した花粉が水に濡れると花粉の殻が割れて中からペクチンというタンパク質が漏れ出てきます。このペクチンが車に付着して乾燥するとボディを傷つける原因となります。付着したペクチンが乾燥すると塗装と一緒に収縮するため塗装が傷んでしまいます。

車の異常に気づかない

車の乗り心地に関することで異変は感じ取りやすいですが、車のボディなど走行に関係があまりない場所の異常は気づきにくくメンテナンスも先延ばしにしがちです。車に異常が出ないようにするためにも、定期的に洗車やコーティングなどをしておくことで異常が発生するのを防げるのではないでしょうか。

コイン洗車機と手洗い洗車の比較

洗車をするにもさまざまな方法があり、どれを選べばいいのかどのような違いがあるのかイマイチわからないことがあります。どちらも同じ洗車で効果は同じように感じますが、実は結構効果が変わってくるのでニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

コイン洗車機は車の表面に細かな傷を作ってしまう

コイン洗車は基本的に機械が洗車を担当してくれます。人件費がかからないので比較的安価に洗車でき、大がかりな装置を使用するので時間も短縮できます。機械による洗車は自動で行ってくれるので気軽に洗車できますが、人の手で洗車する時よりも雑な仕上がりとなります。またコイン洗車ではブラシを回転させて洗車するので、全体的にカバーすることは不可能であり、ブラシを擦り付けて洗車するので細かい傷ができてしまいます。

手洗い洗車は時間と場所、道具やテクニックが必要

手洗い洗車は人の手で洗車するので機械では洗車できないところまで汚れを落とせます。使用する道具にもよりますが、洗車機のブラシよりも柔らかい素材のものが多く、傷もつきにくいです。しかし、手洗い洗車は人の手で行うので自動車の大きさによっては時間がかかります。また、手洗い洗車を行う場所も限られており、道具を揃える費用や洗車のテクニックも必要となってくるので比較的敷居の高い洗車テクニックです。

おすすめの手洗い洗車

手洗い洗車は個人で行うこともできますがお店に頼むこともできます。お店で手洗い洗車を頼むと個人ではできないような設備で洗車を行うことができ、洗車のプロが担当するので隅々まで洗車可能でコイン洗車や個人で行う手洗い洗車よりも綺麗に仕上がります。

ディーラー

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら