いまさら聞けない「テスラ」とは?今後テスラは成長していけるのか?

テスラの自動車

みなさんは「テスラ(旧:テスラモーターズ)」という自動車メーカーをご存知ですか?車好きの方であれば、今話題の「テスラ」という自動車メーカーについて詳しくご存知かもしれません。しかし、アメリカの自動車メーカーですし、聞いたことがない方、聞いたことがあるものの詳しく分からないという方も少なくないのではないでしょうか。もしくは、テスラのこれからについてもっと考えてみたい車好きの方もいるかもしれません。

「テスラ」とは、アメリカのシリコンバレーを拠点とし、電気自動車やテクノロジーに特化した企業です。そんな革新的な企業である「テスラ」がどんな歴史を持つ自動車メーカーで、どのような未来に進んでいくのか気になりますよね?

そこで今回は、テスラの歴史とこれからについてお伝えしていきます。

テスラについて

テスラとは?

「テスラ」とは、2003年に設立されたアメリカのシリコンバレーを拠点とする自動車メーカーです。テスラは電気自動車関連商品等に特化しており、革新的な商品を造り出していく企業として注目を集めています。歴史のある企業が多い自動車産業の中で、テスラは新しい企業であるため異質な存在といえます。
また、テスラは自動車事業だけでなく、エネルギー分野などのさまざまな事業を展開しています。

テスラの社名とエンブレムの由来

テスラのエンブレム

社名は、会社と直接は関係ないものの、偉大な電気技師・発明家であった「二コラ・テスラ」の名前に由来しています。エンブレムは、テスラの頭文字である「T」のデザインになっているだけでなく、「T」はモーターの断面を表しています。

テスラのCEOはイーロン・マスク

イーロン・マスク

2008年、イーロン・マスクは初めての電気自動車に特化した自動車メーカーに投資をし、テスラのCEOに就任しました。イーロン・マスクは、アメリカの宇宙関連企業である「スペースX社」の共同設立者およびCEOでもあります。また、「PayPal」の創業者でもあり、イーロン・マスクは最も影響力のある起業家の1人であるといわれています。そのため、イーロン・マスクはテスラのブランド力や価値を高めているともいわれています。

「テスラモーターズ」から「テスラ」へと社名変更

2016年、「テスラモーターズ」という社名が「テスラ」へと変更されました。これはテスラが自動車だけでなく、バッテリーやエネルギーなどのさまざまな分野のビジネスにも力も注いでいることの表れだといえます。例えば、バッテリー事業として家庭用、業務用のバッテリーを販売しています。また、エネルギー事業では、後付けのソーラーパネルでなく、ソーラーパネルと屋根が一体化された「ソーラールーフ」にも力を注いでいます。今後はモビリティサービスの事業にも力を入れていくのではないかといわれています。

テスラはどこまでいくのか?

テスラの成長が期待できる理由?

電動自動車の世界市場は拡大している

富士経済(調査会社)によると、EVの市場規模について、2018年の新車販売台数が2035年には16.9倍になると予測されています。また、今後は電気自動車の世界市場が拡大していくため、他の歴史のある自動車メーカーも電気自動車やモビリティに力を注いでいます。しかし、テスラは電気自動車に特化しており、EV市場で高いシェアを獲得していく可能性があるといえます。

2018年の新車販売台数は過去最高の記録に

テスラの販売店

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
テスラの自動車