「泥はねで違反?」意外と知らない5つの交通違反

水をはねる車

「泥はね運転」が交通違反であることをご存知ですか?

知らなかった方も少なくないのではないでしょうか。「スピード違反」や「信号無視」などの一般的によく知られた交通違反の他にも、意外と知られていない交通違反がたくさんあります。「違反だと知らなくて捕まってしまった、、、」となってしまうのは避けたいですよね。

そこで今回は、意外と知られていない5つの交通違反を紹介していきます。

意外と知らない5つの交通違反

①泥はね運転

水たまりをはねる自動車

知らない方も多いと思いますが、「泥はね運転」は違反であり、この違反を犯してしまった場合は罰金を課せられます。

道路交通法71条1号では、以下のように記されています。

第七十一条 車両等の運転手は、次に掲げる事項を守らなければならない。
一 ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、泥水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。

ソース:道路交通法条文

つまり、ぬかるみや水たまりを飛散させて、他人に迷惑をかけることは違反になります。水たまりがある雨の日などで、歩行者の近くを走行する際は、徐行や泥よけ器を使用するようにしましょう。

ちなみに、「泥はね運転」では、以下のように「反則金」が課せられます。

  • 大型車 7千円
  • 普通車 6千円
  • 二輪車 6千円
  • 原付等 5千円

②クラクションの乱用

クラクションの乱用

「青信号なのに前の車が進まない」、「たまたま見つけた友人に気付いてほしい」などなど、クラクションを気軽に使っている方は少なくないのではないでしょうか。しかし、クラクションの乱用は違反となります。

警音機(クラクション)の使用については、道路交通法54条で定められています。

(警音器の使用等)
第五十四条  車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一  左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二  山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

ソース:道路交通法条文

見通しのきかない道路を走行する際や、危険を知らせる際など、51条に書いてある条件を除いて、「警音器を鳴らしてはならない」と書かれています。クラクションの乱用による反則金は3,000円です。

クラクションの乱用をしている人は少なくないです。しかし、交通ルールで定められており、反則金を課されてしまう可能性もあるため、控えるべきだといえます。

③ハイビーム

すれ違う車のハイビームを受ける人たち

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
水をはねる車