車を購入する時、ローンとサブスクリプションどちらを選択するべき?

近年、物を所有する定義が大きく変化してきました。所有をめぐる変化は次第に車の所有の仕方にも影響してきています。近い将来、車を購入する際の購入方法にも変化が現れると筆者は考えています。今までの車を買う行為はどのように変化していくのでしょうか。今回は近年登場し始めた新しい所有の仕方を例に今後考えられるだろう選択について考えていきたいと思います。

ローンやカーリース、サブスクリプションの具体的な違いは?

近年車を所有する概念は大きく変化してきました。購入し所有する今までの買い方から月額で車を使用できるサービスまで幅の広い選択が可能となりました。しかしサービス毎の違いはどのようなものなのでしょうか。

自動車ローンとは?

自動車ローンは1920年代にアメリカのゼネラルモーターズなどが取り入れた支払い方法です。ローンを組むことで低所得の家庭では手にするのが困難だった高級車を購入できるようになりました。この手法で対象の客層が増え、ゼネラルモーターズはシェア1位を勝ち取ったほど効果のある戦略でした。

自動車ローンの特徴は他のローンと比べても金利が比較的低いのが特徴です。この自動車ローンで借りられるお金は使い道が車関係のみと限定されており、購入する車が担保になっていることが多いです。

カーリースとは?

https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjg76Wx5onlAhXlw4sBHeSbAAUQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwww.carlease-online.jp%2F&psig=AOvVaw2GXyK20_0zQfPYp7wul62B&ust=1570525677477190

カーリースは一定期間で月々決まった金額を支払うだけで車に乗れるプランです。このプランでは頭金0円から契約することができ初期費用が抑えられるので気軽に車に乗ることができます。また契約期間内であれば税金などの通常では自分で管理しなければいけない費用も定額の中に含まれており、普通に購入した時より気楽に車に乗ることが可能です。また契約している会社の系列店でメンテナンスをすれば割引を受けられたりとお得感のあるプランです。

サブスクリプションとは?

https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjFvffx5onlAhURrpQKHUz6BNkQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwww.smartdrive-cars.jp%2F&psig=AOvVaw2_WAnaTKX9kg3nN6CtFXip&ust=1570525645221095

サブスクリプションは使用した回数は関係なく、一定の期間利用する権利を販売するビジネスモデルのことです。MicrosoftのOffice365やNetflixなど現在では世間一般に普及し始めてきています。自動車業界のサブスクリプションでは毎月定額を払っていれば車を好きな車に交換することができるので、車を直接的に所有することなく好きなタイミングで乗る車を変えられます。このサブスクリプションは定額制でありながら選べる車の種類が豊富で選択肢が広いのも特徴です。

車の価値観が変わる?

ものを所有するという価値観や考え方も人それぞれ違います。かつていい車を所有し乗りこなすことがステータスと呼ばれる時代がありました。それから時が経ち、ものを持つ時代から共有するシェアリングエコノミーの時代へ変化していくと言われています。果たしてシェアリングエコノミーの時代に車の所有のあり方は同じように変化していくのでしょうか。

所有する価値は大きく変化しようとしている?

シェアリングエコノミーが増えた世界では全てのものに対する所有という考えが変わると思われます。すでに音楽業界ではCDを所有することなく定額制で音楽を聴いていますし、映画はレンタルして観るのではなくNetflixやHuluなどの定額サービスを利用して視聴するのが一般化してきています。定額で聴き放題、視聴し放題になるなんて少し前の時代では全く考えられないようなサービスです。このようなサービスが一般となった現在の社会では、車を所有するという考え方自体にも影響してくると考えられます。好きな車を定額で好きに交換して乗り回せる。この感覚が一般的となった未来では車を所有する喜びや所有したいという感覚が次第に薄れていってしまうかもしれません。

車は高級な買い物で人生のうちに車を買い換える機会は数回ほどしかありません。車は生活必需品であり、嗜好品として所有する価値を持っています。サブスクリプションなどの定額サービスにより車を所有する時代から利用権を所有する時代に変わり、所有するという欲求が少なくなった時車の価値はどのように変化するのでしょうか。

車を所有しなくなるとできなくなることもある?

定額制で使用する車は言い方を変えれば借りている状態なので契約上走行距離に上限があり、超えてしまうと超過料金が課せられてしまったりと出費がかさんでしまう場合があります。また借りているからこそできなくなってしまうこともあります。具体的な例としては車の改造が挙げられます。大きな改造でなくても自分の好みの仕様に変更したいと考えるひとも少なくないと思います。

また、自分で車を買ったばかりの時は綺麗に乗るのを気をつけるかもしれませんが、次第に綺麗に乗ろうと思わなくなってくることがあるかもしれません。しかし定額制で車を乗っていると自分の車であり自分の車ではないのでいつ乗るにしろ常に気を抜けません。自分で乗る車なのにいつも綺麗に乗る意識をする必要があり悪い意味で気が抜けない。定額制で車に乗る時に発生する悪いところかもしれません。

自分はどの方法で車を所有すればいいの?

購入するときに選べる選択肢の数はこれから増えてきます。そんなとき自分がどの方法で手に入れたらより良い選択なのか、どの方法が自分に適切な購入方法なのか迷うかもしれません。迷って自分と合わない間違った選択を防ぐために、まずどの方法で購入するとお得に車に乗れるのか知ることが大切なのではないでしょうか。

車に乗る体験を買いたい人

車を購入する際、もっとも大切にしたいのが車に乗るときの体験の人はサブスクリプションをおすすめします。現在では車業界のサブスクリプションサービス自体まだ黎明期であり、望んだ車がまだラインナップにないかもしれません。しかし、近い将来好きな車を好きな時に乗れるサブスクリプションが登場し、好きな車を何台も乗りたいという望みを叶えてくれる日がくると思います。

車を所有することに喜びを感じる人

やっぱり車は持つものであり、資産であると考える人におすすめの購入方法は通常に購入するかローンがおすすめです。サブスクリプションで利用する権利を自分のものにするのではなく、完全に車を自分のものにすることでより規約を気にせず自由に乗ったり自由にカスタマイズできるのが強みです。自分の色に車を染めることでより車に対する愛着が湧いてくるかもしれません。

車に強い興味はないけど乗りたい人

車にこだわりはないけれど移動手段として欲しいと考える人におすすめなのはカーリースです。ものによりますが月々の負担額が抑えられて初期費用も掛けないで新車に乗れるので経済的なプランです。月々の費用の額を変えれば好きな車を選べるので選択肢の幅も大きいのではないでしょうか。またメンテナンス費用が割引されたりお財布に優しい特典もあり、若者でも新車に乗れるいいプランであると思います。

 

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?