【意外とすごい中国車】高品質の人気車種はなぜ日本で発売されない?

こんにちは。ここ最近、日本車の輸出台数がどんどん増えており、いかに海外で日本車が人気かを物語っています。しかし、家電製品では日本製の影はどんどん薄くなっており、韓国製や中国製の製品がどんどん世界の市場を抑えつつあります。

そんな中、いまは好調の日本車ですがこれからどうなっていくのかはわかりません。前回、韓国車について書いた記事の続編として、この記事では中国車について記事を書いていきたいと思います。

【実は世界では人気!?】現在の韓国車事情とは?日本での発売は?

韓国車についてはこちらの記事を読んでみてください。

中国車の歴史

1931年に「民生」というブランドで、トラックが製造されて、中国での車製造の歴史がスタートしました。それから戦争などを乗り越えて1958〜1960年の間に車メーカーが乱立しました。この時期に南京汽車や、北京汽車と呼ばれる現在でも存在している車メーカーが作られました。

その後、外資系のメーカー(ドイツ車や日本車)の技術を吸収するために、国策で海外のメーカーと合弁会社を設立して、車を製造するようになります。このときフォルクスワーゲンとジープ、プジョーの3社が中国に合弁会社を設立し、参入しました。

その後トヨタや日産、ホンダなどの日本車メーカーも現地の企業と合弁会社を設立し、中国市場に参入しました。現在でも外資系メーカーの力は強く、中国国内の独立したメーカーというよりは外資系メーカーとの合弁会社のメーカーのシェアが大きい状態です。それでも、合弁会社を通じて得た技術力を使って、中国国内の独立したメーカーがどんどん力をつけているのが現状です。最近では、政府主導で電気自動車の普及を目指していることもあり、電気自動車を製造するベンチャー企業の数も増えています。日本では、電気自動車といえば、テスラもしくは日産のリーフですが実際には世界で一番売れている電気自動車は中国メーカーが製造している車です。

またスウェーデンの自動車メーカーのボルボも中国の吉利汽車に筆頭株主となるなど中国メーカーの勢いは日本人の知らないところで増しています。

電気自動車の主要部品であるバッテリーを製造しているメーカーも中国国内には多いため、EV化が進むということは増々中国の車メーカーに有利な場面が多くなることも予測されます。

中国において日本車はホンダの力が強く、フォルクスワーゲンに次ぐ第2位の販売台数を誇っています。また中国では日本車全体のシェアも上昇基調にあります。よくニュースでは、反日感情の影響で日本車ディーラーに火がつけられたりするニュースも目にしますが、実際には中国国内でも日本車は愛されている製品であることは確かでしょう。

中国車の主なブランド

BYD(比亜迪)

もともとは自動車メーカーではなく、携帯電話やリチウムイオン電池などIT機器を製造するメーカーでした。リチウムイオン電池の製造では世界で3位のシェアを持っているメーカーです。その電池の技術を活かし、自動車産業に参入した会社です。

世界最大の投資会社のパークシャーハサウェイのCEOである、ウォーレン・バフェットやマイクロソフトの創業者である、ビル・ゲイツなども投資をするなど、世界中から注目を集めている車メーカーです。

中国のシリコンバレーと呼ばれる、スタートアップの聖地である「深セン」で創業したBYDは着々とシェアを伸ばした上、中国政府からのEV補助などもあり世界の電気自動車メーカーの中で一番売り上げているメーカーがBYDです。

吉利汽車

日本では馴染みのないメーカーですが、スウェーデンのボルボの乗用車部門を買収した車メーカーが「吉利汽車」です。

1986年に冷蔵庫の製造メーカーとして創業し、1997年に自動車の製造を開始したメーカーです。2014年にはブラジル市場に参入するなど、中国国内にとどまらず市場を開拓しようとしています。

またボルボだけではなく、メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーの株の約10%を保有しているなど、海外のブランドへの積極的な投資を進めています。

中国国内では前述したとおり、海外のメーカーと合弁会社を作り販売しているケースがほとんどですが、吉利汽車は独立系の自動車メーカーとして中国最大のシェアを獲得しています。

長城汽車

1990年代に車の修理工場として設立された、長城汽車は経営がうまく行かなかったため、修理工からマイクロバスの製造に舵を切りました。それから乗用車製造を開始しましたが、中国政府の政策により、製造が停止させられ窮地に追い込まれました。しかし、規制の緩かったピックアップトラックやSUVなどの製造をしたところ、国内の人気に火が付いた以降、中国国内の独立系車メーカーの中ではトップのシェアを保っています。

現在では、中国国内の自動車メーカーの中で長城汽車は一番海外に向けて車を輸出しているメーカーとなっています。南米などの発展途上国で一定の人気があるメーカーとなっています。

中国車の人気車種

BYD 唐

中国車メーカーの中で最も先進的な技術が感じれるのがBYDの唐です。メーカーの紹介でも書いた通り、BYDは世界で最も電気自動車を売り上げているメーカーです。そんなBYDの主力車種の1つとなるSUVが唐です。ガソリンモデルとPHEVモデルが有り、主流で売れているのはやはり補助金が政府から支給されるPHEV車です。約430万円〜で発売されるているため、値段が特段安いわけではありませんが、販売は好調です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら