PlayStation5版グランツ―リスモ7緊急発表!「日産車両」参戦について

PlayStation5版グランツーリスモ7について情報が更新され、あの「日産車両」が新規車両としての参戦が決まり、グランツーリスモマニアの方々が盛り上がっています。

今回紹介したい車両「日産ペンズオイルニスモGT-R99」全日本GT選手権の覇車の名を欲しいままにした名機をGT-Rマニアの筆者が徹底解説します。

GT-Rとは

初代GT-R

初代 GTR はスカイライン2000 GTR、KPGC 10型です。S20エンジン系で、1969年から1973年に販売された、通称ハコスカと呼ばれたGT-R になります。

2代目GT-R

日産スカイライン2000 GT-R 、KPGC110型、ケンメリGT-Rと呼ばれていました。1973年1月から同年4月まで、わずか3ヶ月のみ販売されたモデル、S20型エンジンは排ガス規制で適合しなくなったので、197台生産のみ販売で終了しました。現在でも希少価値が高く、レプリカとしても根強い人気があります。

3代目GT-R

1989年から1994年まで売られたモデルです。日産スカイラインGT-R、BNR32型でR32と呼ばれています。RB26エンジン系で16年ぶりのGT-Rの販売となりました。当時は4 WD のスポーツカーは少なく、4駆採用のGT-R は話題になりました。

4代目GT-R

RB 26エンジン積んでおり1995年から1998年まで販売、日産スカイラインGT-R、BCNR33型で R33と呼ばれています。R33型は、非常にボディが大型化していてR32型と比べ、全長とホイールが大きさが特徴です。

5代目GT-R

RB 26のエンジン系、1999年から2002年まで販売、日産スカイラインGT-R、BNR34型でR34と呼ばれました。ホイールベース短くしコンパクトに作り、運動性が高く非常に人気あります。

6代目GT-R

VR38DET型エンジン系、全く新しいエンジン積んでおり、日産GT-R という名前が変わり、2007年から販売されR35 と呼ばれています。スーパースポーツカーという形に進化していきました。そして、グランツーリスモ7で、新たに追加車両になったペンズオイル・ニスモGT-R99は4代目GT-Rになります。詳しく見ていきましょう。

スカイラインの維持費について、下記の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

スカイラインの維持費内訳8つとは?各モデルの燃費比較についても解説!

ペンズオイルニスモGT-R99について

1998年、ペンズオイル・ニスモGT-Rは、全日本GT選手権ではR33型へと進化し、GT選手権では、ドライバーズタイトルとチームタイトルの両方を制覇しました。

翌年の米シャルー ではR34型 GTRに切り替え、ホイールベースを短くして新しいボディの導入、薄型オイルパンを採用し、エンジンの重心下げを行いました。

1999年、車両規定を受け、燃料タンク室内へ移動することでバランスを改善、しかし、空力デザインやサスペンションは、R33型から引き継ぎました。

その結果、ペンズオイル・ニスモGT-Rが、ドライバーズチャンピオンを獲得しました。

このような、歴史的車両がPlayStation5版グランツーリスモ7で参戦することが決定、今から楽しみでなりません。

最後に、日産公式ホームページで発表されている車両情報を紹介します。

年式       1998年

型式       BCNR33

全長       4,675mm

全幅       1,880mm

全高       1,280mm

ホイールベース    2,720mm

トレッド(前/後) 1,560/1,535mm

車両重量              1,200kg以上

エンジン              RB26DETT (直6・DOHCツインターボ) 2,708cc

最高出力              368kW(500ps)以上/6000rpm

最大トルク           706N・m(72.0kgm)以上/4400rpm

サスペンション(前/後)    ダブルウィッシュボーン(前後共)

ブレーキ(前/後) 6ポッドベンチレーテッドディスク/4ポッドベンチレーテッドディスク

タイヤ    315-40-R18/335-40-R18

9代目のスカイラインにあたるR33型は、1993年(平成5年)8月に発売されました。待ち望まれたGT-R は、2年後の1995年1月に発売され、4月のJGTC 開幕戦(鈴鹿サーキット)で実戦投入されました。このクルマは、1998年(平成10年)の同選手権において、ニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)のワークスマシンとして参戦。エンジン排気量を2,600ccから2,708ccに拡大し、最高出力は500馬力以上、前年型よりさらに低く、しかもエンジンルームの後方に下げられるなどの改良が施されていました。 エリック・コマス/影山正美選手のドライブにより、1998年のシリーズ制覇を成し遂げたチャンピオンマシンです。

※引用元:NISSAN HERITAGE COLLECTION online (nissan-heritage-collection.com)

R34型ペンズオイルニスモGT-Rスペック(1999年)


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら