駆動方式による違い|FFのメリットデメリット

車を買う際にどの車がいいか迷いますよね。正直どれも良くて、なんとなく値段や燃費、ぱっと見の見た目などで判断しがちです。しかしそんな車選びをする中で大事になってくることの中に、駆動方式選びがあります。これは車の構造をエンジンの位置と駆動輪の位置から分類したものです。それぞれで走りの特性が違う駆動方式には大きく5つあり、FR(フロントエンジン、後輪駆動)、FF(フロントエンジン、前輪駆動)、4WD(四輪駆動)、MR(ミッドシップエンジン、後輪駆動)、RR(リヤエンジン、後輪駆動)です。しかし車の駆動方式には、走行性能などの数字の違いだけでなく、それぞれに個性があり、メリット・デメリットがあります。今回はそれぞれの駆動方式の特徴、そしてメリットとデメリットをご紹介するコーナー第2弾として、第1弾でご紹介したFRとよく比較検討される『FF』をご紹介します。

駆動方式の中でも実用性が高く、大衆車によく用いられるFFですが、その特徴とメリットデメリットをご紹介していきます。

この記事の中で注意していただきたいことが2つほどあります。それは今回ご紹介するデメリットの中には少し筆者が個人的に思うことも含まれているということと、車種やボディタイプやメーカーによって走りの味付けは変わり、一概にすべてのFF車に当てはまるものとは言い切ることができないことです。近年のFF車は電子制御が発達し、非常に良い走りをする車も増えてきています。ですから、この記事は少々極端に書かれている箇所があると感じる方もいるかもしれませんが、私の1ドライバーの、意見として受け取っていただけたら幸いです。

FFとは

FFとは、フロントエンジン・フロントドライブ(Front engine Front drive)の頭文字の略語で、車の前部にエンジンが位置しつつ前輪を駆動させる方式のことをいいます。

現在市場に出回っている車の中では、前輪のみを駆動するのはこのFFだけです。なぜなら、さすがに車体後部にエンジンを配置し、前輪のみを動かすというRF(Rear Engine Front Drive)なんていう駆動方式は合理的な理由がなく、どの自動車メーカーも製造していないためです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら