【映画と車】ワイルドスピード2 Fast 2 Furious(もっと速く、もっと激しく)

大人気シリーズ「ワイルドスピード」の2部作。今回ご紹介する車は、美人ドライバーが乗りこなす、ピンク色のあの車です。


ワイルド・スピードシリーズの第2作「ワイルド・スピードX2」は前作のストーリーを踏襲しながらさらに多くのスポコンが登場します。
CGを駆使したアクションシーンもパワーアップされ、登場する人物もより個性を増したエンターテイメント性の高い作品に仕上がっています。

あらすじ

物語の舞台はロサンゼルスから東海岸南部のマイアミへ移ります。

警察官の職務を放棄しドミニクを逃がしたブライアン(ポール・ウォーカー)は、自らが追われる身となりこの町にたどり着きました。
そのドライビングテクニックは健在で、地元の敏腕美人ドライバー・スーキー(デヴォン青木)らを倒しカリスマレーサーとなりました。

そんなある日、レース後警察の一斉取り締まりが行われブライアンは逮捕されてしまいます。
連行先でブライアンを待っていたのは、かつてロサンゼルスで強盗団摘発を指揮していた頃の上司、ビルキンス(トム・バリ)でした。

ビルキンスはこれまでの罪を見逃す見返りとして、カーター(コール・ハウザー)率いる国際的なマネー・ロンダリング組織への囮調査を命じます。
この組織はレースにも関与していたため、ビルキンスはブライアンのテクニックを使い彼らを逮捕しようと考えたのです。

ブライアンは相棒として幼馴染ながら行き違いで疎遠になっていたローマン(タイリース・ギブソン)を指名、ローマンは成功したら前科をチャラにする条件でコンビを組む事を承諾します。

ローマンはブライアン以上のスピード狂でした。
二人はカーターのレース軍団のドライバーとなり、カーターの愛人として潜り込んでいる囮捜査官のモニカ(エヴァ・メンデス)と接触に成功します。

レースをしながら待っている二人に、ついに大金の運び役として声がかかります…

ホンダ S2000

この作品で最も印象である車のひとつがスーキーの愛車、ホンダ S2000です。

S2000は1998年、本田技研創立50周年記念モデルとして発表されました。
ホンダといえば(NSXを除き)FF車ですが、S2000はFRレイアウトを採用しボディ・エンジン・ミッション等全て専用設計となっています。

オープンカーですが車体剛性はクローズドボディ同等以上になるよう設計されています。
そして1,240kgの軽量ボディを最高出力250ps、許容回転数9,000rpmという超高回転型エンジンが引っ張ります。

初期型モデルはかなりピーキーで一般層には扱いにくい特性だったため、数度のマイナーチェンジ経て完成度を高めていきました。
それでも同様のルックスを持つマツダ・ロードスター等とは違い、あくまでもスポーティな車に仕上げられています。

VeilSide製エアロパーツ、RO_JA製アルミホイールに身を固め、日本だと「痛車」にも見えそうなハデな外観です。
内装(内張り・シート・ネオン管等)もピンクで統一されています。

コクピット周りにはA’PEX製EL式追加メーターとモニタリング装置がついています。
モニタリング装置は架空のものですが、いったい何をモニタリングしているのでしょうね。

S2000は2009年に生産終了しましたが、2015年に軽自動車規格のS660が発売され高い評価を得ています。
1963年のS500から始まったホンダの乗用車の歴史の中で”エス”の名は今も特別なものとして語り継がれているのです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら