日本では売ってない!インフィニティ逆輸入車をAncarで買おう!(M56,FX50S,FX35

日本ではまだ展開されいていない「インフィニティ」ブランドに乗ろう!

北米市場ではトヨタの「レクサス」ブランドとほぼ同時に始まりながら、現在に至るまでまだ日本市場では展開されていない日産の高級ブランド「インフィニティ」。

かつてプレジデントの兄弟車として販売されていたV8エンジン搭載の高級車、インフィニティQ45があったので日本でも車名としては知られています。

現在のスカイラインセダン/クーペのフロントグリルも北米仕様インフィニティ Q50/Q60同様にインフィニティエンブレムな事から、インフィニティのマークも日頃見かけている事でしょう。

しかし、日本でインフィニティ車が正規販売された事は未だにありません。

そして、日本でも見かけるクルマでも、インフィニティ車としては全く異なる迫力のエンジンを積んでいる事も!

そのインフィニティ車、今Ancarで売ってます!

ライバルはポルシェ カイエンやBMW X5!プレミアムクロースオーバーSUV、FX35!

2003年に初代モデルがデビューしたインフィニティ FXは、インフィニティQ50(スカイラインセダン)などと同じFR-Lプラットフォームを使ったプレミアムクロスオーバーSUVです。

高級志向かつスポーツ志向のクーペルックなSUVで、当初レクサスより出遅れた「インフィニティ」ブランドのイメージアップに大きく貢献した1台でした。

現在Ancarで販売中なのは2008年にデビューした2代目のFX35で、搭載しているエンジンは307馬力の3.5リッターV6エンジン、VQ35HR。

ミッションは日産初の7速ATでASC(アダプティブシフトコントロール)やシンクロレブコントロールが採用され、ATでもきめ細やかな変速でスポーティな走りに貢献しています。

足回りにも電子制御サスや日産版4WSのHICAS進化版「リヤアクティブステア」が採用されているので、大柄なボディのSUVにも関わらず、スポーツ走行から狭い場所での取り回しまで良好です。

日本でのFX35中古車は、同年式であれば10万km前後走っているところ、Ancar取り扱いモデルはまだ7万km以下と走行距離短め!

同じような走行距離だと2009年式以降で300万オーバーも珍しくないところ、211万円と安価です!

FX50S後期モデルが2台!

さらに、同じインフィニティFXでも最初のマイナーチェンジ後のモデル、2度目のマイナーチェンジでQX70に改名される前のFX50Sが2台Ancarに登場!

こちらは5リッターV8エンジンで390馬力を発揮するVK50DEエンジンを搭載した迫力のアメリカンモデル!

同系統の4.5リッターV8エンジン、VK45DEは日本でもプレジデントやシーマに搭載されましたが、この5リッターモデルは日本正規販売車には設定がありません!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら