日本では売ってない!インフィニティ逆輸入車をAncarで買おう!(M56,FX50S,FX35

日本ではまだ展開されいていない「インフィニティ」ブランドに乗ろう!

北米市場ではトヨタの「レクサス」ブランドとほぼ同時に始まりながら、現在に至るまでまだ日本市場では展開されていない日産の高級ブランド「インフィニティ」。

かつてプレジデントの兄弟車として販売されていたV8エンジン搭載の高級車、インフィニティQ45があったので日本でも車名としては知られています。

現在のスカイラインセダン/クーペのフロントグリルも北米仕様インフィニティ Q50/Q60同様にインフィニティエンブレムな事から、インフィニティのマークも日頃見かけている事でしょう。

しかし、日本でインフィニティ車が正規販売された事は未だにありません。

そして、日本でも見かけるクルマでも、インフィニティ車としては全く異なる迫力のエンジンを積んでいる事も!

そのインフィニティ車、今Ancarで売ってます!

ライバルはポルシェ カイエンやBMW X5!プレミアムクロースオーバーSUV、FX35!

2003年に初代モデルがデビューしたインフィニティ FXは、インフィニティQ50(スカイラインセダン)などと同じFR-Lプラットフォームを使ったプレミアムクロスオーバーSUVです。

高級志向かつスポーツ志向のクーペルックなSUVで、当初レクサスより出遅れた「インフィニティ」ブランドのイメージアップに大きく貢献した1台でした。

現在Ancarで販売中なのは2008年にデビューした2代目のFX35で、搭載しているエンジンは307馬力の3.5リッターV6エンジン、VQ35HR。

ミッションは日産初の7速ATでASC(アダプティブシフトコントロール)やシンクロレブコントロールが採用され、ATでもきめ細やかな変速でスポーティな走りに貢献しています。

足回りにも電子制御サスや日産版4WSのHICAS進化版「リヤアクティブステア」が採用されているので、大柄なボディのSUVにも関わらず、スポーツ走行から狭い場所での取り回しまで良好です。

日本でのFX35中古車は、同年式であれば10万km前後走っているところ、Ancar取り扱いモデルはまだ7万km以下と走行距離短め!

同じような走行距離だと2009年式以降で300万オーバーも珍しくないところ、211万円と安価です!

FX50S後期モデルが2台!

さらに、同じインフィニティFXでも最初のマイナーチェンジ後のモデル、2度目のマイナーチェンジでQX70に改名される前のFX50Sが2台Ancarに登場!

こちらは5リッターV8エンジンで390馬力を発揮するVK50DEエンジンを搭載した迫力のアメリカンモデル!

同系統の4.5リッターV8エンジン、VK45DEは日本でもプレジデントやシーマに搭載されましたが、この5リッターモデルは日本正規販売車には設定がありません!

日産の大排気量V8エンジンを搭載したマッチョなクロスオーバーSUVに乗りたければ断然買いでしょう!

Ancarでの販売価格は走行距離53,500kmの2011年式が460.3万円!

同わずか28,800kmでフロントマスクも精悍に変わった2012年式が518.3万円!

中古車相場はそもそもあまり出回っていないので不明ですが、2011年以降のモデルなら最低でも530万円は下らないところですから、個人売買仲介のみでマージンの少ないAncarならではの安価でしょう!

日本には無い迫力のV8フーガ、インフィニティ M56

現在のQ70に改名される前のインフィニティ M56、つまり日本名フーガの北米仕様です!

日本仕様の日産 フーガはエンジンラインナップが2.5リッターV6のVQ25HR(225馬力)と3.7リッターV6のVQ37VHR(333馬力)、それにハイブリッド仕様の3.5リッターV6のVQ35HR(306馬力)+HM34モーター(68馬力)の3種類。

日本ではこの動力性能で十分とも言えますが…。

北米仕様最強バージョンのインフィニティ M56には何と!5.6リッターV8エンジン、VQ56VD(426馬力)を搭載!

レクサス LSは元より、レクサスIS FやGS F、センチュリーなどの5リッターV8、V12エンジンも上回る大排気量です。

パワフルなV8セダンが欲しいけど、国産ではレクサス車しか選択肢が無いのか…と残念がっていた人には、このインフィニティ M56がベストマッチ!

中古車市場でも滅多に見かける事は無く、2011年式で走行わずか11,000kmのV8プレミアムセダンが526.3万円と安価なのはAncarならではでしょう。

査定も各項目に「程度良好」と「新品同然」しか無い極上車、これを逃すといつ買えるチャンスが来るかわかりませんね?


これらのインフィニティ車に限らず、Ancarでは逆輸入車や国内正規販売が無い並行輸入車もよく登場してきます。

それらのクルマが安価に購入できるチャンスが結構ありますが、同じクルマが何度も登場するとは限りませんから、Ancarで安くレア車を買うならマメなチェックが肝心です!


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら