【助手席美人】第23弾 ポルシェ356A / 1600スピードスターとガレージに降り立った女神 太田麻美ちゃん

太田麻美ちゃん(26)

「助手席にこんな子を乗せてデートできたらいいな」 そんな風に思わせてくれるような女の子を紹介していくのが【助手席美人】です。

今回は総合格闘技イベントRIZINや国内最高峰オートレースSUPER GTなどでレースクイーンとしても活躍している太田麻美ちゃんです。 普段のほんわかした優しい雰囲気とは裏腹にカメラを向けられるとキリッとして大人の魅力満点。 そんな麻美ちゃんと今回訪れたのはクラシックカーや旧車などのレア車を格納しているガレージです。

滅多にお目にかかれない、車と美人のコラボとなりました。

そんな麻美ちゃんが乗るのは、永遠の名車「ポルシェ356A / 1600スピードスター」です。

ポルシェ 356A / 160 スピードスター

60年以上経つのに依然として美しいデザインで異様な光を放つ1台でした。 1950年代に製造されていたポルシェ356A / 160スピードスターですが、今となってはその当時の車両を探すのはほぼ不可能に近いほどの希少車で、今回のこの1台は1989年に製造されたレプリカです。

356A / 1600スピードスターは1955年9月に開催されたフランクフルトモーターショーでカブリオレ、クーペ、スピードスターの3種類のボディータイプで発表されました。 当時としては、最先端のタイヤ・テクノロジーを導入し、また高オクタン価ガソリンを高圧縮する1600ccという強靭なエンジンを乗せていました。

また、インテリアに関しても今となっては当たり前の扉開閉時のルームライト自動点灯や、ダッシュボード付近にコンパクトなラジオを設置されていました。 このように、最先端と技術と最高品質の素材を使って作られたのが、名車「ポルシェ356A / 1600スピードスター」だったのです。

そんな356A / 1600スピードスターの遺伝子を受け継いだ今回のレプリカ。 しかし、かなり完成度が高いだけでなく、オーナーの愛情が注がれ上質なメンテナンスが行き届いていたこの車に今回は太田麻美ちゃんに乗ってもらいました。

そして、今回も毎度皆様の関心の高い質問Top5の以下について聞いてみました! 「好きな男性のタイプは?」 「運転している時のキュンとくる男性の仕草は?」 「逆にこれは嫌だと思う運転は?」 「ドライブデートに行くならどこに連れて行ってもらいたいか?」 「好きな車は?」

太田麻美ちゃんの好きな男性のタイプは?

心が広くて穏やかな人が好きです。 恋愛で駆け引きしたりするのが嫌いで、結構はっきり言ってほしいタイプというか、言ってもらわないとわからないので、好きだったら積極的に思いを伝えてくれる人が好き。 男らしく来てくれる人が好きですね。

太田麻美ちゃんが男性の仕草で運転している時にキュンとくるのは?

運転中の真剣な横顔と、、 ハンドルを持った時の男らしい腕にキュンときます。 ハンドルを握ってると男の人って腕に筋ができますもんねw

逆に太田麻美ちゃんがこれは嫌だと思う運転は?

道に迷った時や渋滞してる時イライラしているのが伝わってくる運転が嫌いです。 最初にも言ったように、心が広くて穏やかな人が好きなので、それとは真逆でイライラする人は苦手です。。

太田麻美ちゃんがドライブデートに連れて行ってもらうならどこがいい?

海が好きなので綺麗な海が見える遠い所に連れて行ってもらいたいです。 都内近郊だと鎌倉とか、、小田原とかですかね。 熱海とか、伊豆まで遠出するのもたまにはいいかも♡

太田麻美ちゃんの好きな車は?

自分が乗るならベンツのレトロな雰囲気のお洒落な車に憧れます。 今回のもカッコイイですが、こういうクラシックカー?みたいな古めの車は今にないかっこよさがいっぱいあると思うので、そういう車が好きです。 スポーツカーのようなかっこよさより、お洒落なかっこよさの方が良いなって思う傾向あります。

新型、旧車、クラシックまで全てカバーする助手席美人

今回はクラシックカーと呼べるレベルのカテゴリーの車でしたが、これからも、新型車両だけでなく、様々な年代の車の魅力を助手席美人たちと一緒に伝えて行きたいと思います。 もし、お好きな車があればAncarのFacebookページにコメントをお願いいたします!