高速の標識は2500万円!信号機や標識の値段はいくら?

みなさんが普段見ないことはない信号機や標識。どこにでもあるこれらの公共物ですが、これらはどれくらいの値段がするのかご存知でしょうか。実は想像している以上に結構なお値段のするものです。例えば、タイトルで述べた通り、高速道路の渋滞情報なども表示する標識は2500万円ほどします。

あまり考えたくはないですがこれらの公共物を破損してしまった場合はもちろんそれなりの賠償金が発生してしまいます。そこで、今回は意外と知らない信号機や標識などの公共物の値段についてお話していきます。

意外とお高い公共物4つ!

それではさっそくよく見るけど意外と高価な公共物を4つ、紹介していきます。

標識

このように道端にたくさん立っている一時停止の標識や制限速度の標識ですが、実はこの標識一つでおよそ40万円ほどします。標識は50m歩けばあるというくらい本当にたくさん配置されています。

内閣白書によると全国に設置してある標識の枚数は約977万枚。一つ40万円とすると合計で3億9080万円です…。標識にこれだけのお金がかかっているなんて驚きですね。標識は謝って衝突してしまいやすい公共物でもあります。ぶつけてしまった場合は自分の車の修理費用もかなりしますが、標識の賠償金も見逃せないことを頭に入れておかなければなりませんね。

信号機

世界で最も信号の多い国と言われている日本。その数は全国で20万8000基に上り、1平方キロメートルあたりの信号機の数ではアメリカの15倍ほどの数があるとか。そんな信号機大国な日本ですが、信号機一基には一体どれほどのお金がかかっているのかと言いますと、およそ500〜600万円ほどの費用がかかっています。これはもうほぼ車一台分ですね。そう考えるとこれだけ信号が多く存在することにびっくりします。一基500万として全国の信号基で合計1億400万円。こちらも設置だけで1億を超えるほどお金がかかってしまいます。

また、信号機は設置するだけではなく維持するのにもお金がかかります。基本的に信号機は24時間365日点灯しっぱなしです。1Wを0.027円として計算してみますと年間でかかる電気代はおよそ30億円。これが毎年同じようにかかると考えると設置代よりもかさむものになってくるでしょう。

電光掲示板

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/38/Kusatsu_JCT_Electric_Signboard.jpg

高速道路の渋滞情報やETCの情報を表示してくれる掲示板ですが、この電気を使った掲示板には他のものとは比べ物にならないほどの価格がつけられています。電光掲示板は一番低いものでも1000万円〜、大きなものになると2500万円するものも普通にあります。流石に掲示板を壊してしまったりということは道路を走っている以上ありえないと思いますが変にいたずらするなど絶対にしないようにしましょう。

ETCゲート

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。