軽自動車に特化したダイハツはどんな企業?歴史と名車

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。またダイハツは軽自動車に特化した企業であり、ラインナップの違いは特にわかりにくいようにも感じます。今回は数多くの自動車メーカーの中からダイハツ工業について紹介していきたいと思います。

ダイハツ工業とは?

ダイハツ工業は小型自動車を主力として開発、販売する日本を代表する自動車メーカーです。また現在本社は大阪府池田市にあり、トヨタグループの一社です。

ダイハツ工業設立からの歩み

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E5%B7%A5%E6%A5%AD

日本初の国産エンジンを開発する目的で大阪高等工業学校の研究員が中心となり、1907年にダイハツ工業の前身となる発動機製造株式会社として設立されました。その後発電機分野に参入する企業が数多く誕生し、発電機と名前に付く会社が多くなりました。そのためどこの会社が製造したか確認するために大阪で作られた発電機の略称で大発(だいはつ)と呼ばれるようになったのが現在のダイハツの由来と言われています。

またダイハツが使用していたエンブレムは現在と違うものが使われていました。設立当時は大阪城を模したものが使われていましたがその後1966年に現在のエンブレムに近いデザインのものが登場し現在まで使用されています。またダイハツの販売する自動車にはエンブレムが使用されることはほとんどありませんでしたが1998年以降に販売された自動車から徐々に使用されるようになりました。

ダイハツ工業が生み出した名車

ダイハツ工業が誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。ダイハツ工業の強みは小型の自動車に特化した自動車作りが強みです。そんな数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

ダイハツ・ミゼット

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88

ダイハツミゼットは1957年から1972年まで販売されていた軽自動車規格の三輪自動車です。ミゼットの意味は英語で超小型のものという意味があり、小型な車という思いを込めて命名したとされています。ダイハツは戦前から三輪車業界のトップ企業でした。景気の悪い時代に販売されたダイハツ・ミゼットは自社で一貫した開発、製造を行い大量生産と低価格販売を目的として開発されました。またダイハツ・ミゼットは当時アメリカの統治下だった沖縄にも輸出されたり、タイに多く輸出されタクシーとして有名なトゥクトゥクとして活躍していました。

ダイハツ・ムーブ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B4#%E6%A6%82%E8%A6%81

ダイハツ・ムーブはダイハツ工業が開発、販売している軽トールワゴンです。このダイハツ・ムーブは現在販売されている6代目までフルモデルチェンジが続く長年愛されている軽自動車です。広々とした室内空間や使い勝手の良さなどさまざまな優れた点を持っています。製品ラインナップとして走りに特化したモデルも登場しています。ムーブカスタムは大型ダンパーや専用グリルを搭載したスポーティなモデルもあり、室内空間の広さや実用性の高さを得ながら走る喜びを楽しめるモデルとなっています。

ダイハツ・コペン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%B3

ダイハツ・コペンはダイハツ工業が開発、販売するクーペタイプの軽自動車オープンカーです。ダイハツ・コペンのルーフは軽自動車史上初の電動油圧ポンプのアクティブトップが備わっています。コペンの名前の由来は「軽自動車オープンカー」からKOPENと名付けられました。元名はKOPENですがコンパクトカーのCを取り現在のCOPENとなっています。軽自動車ながら本格的なオープンカーの楽しさを味わうことができ、頭上に大空が広がる開放感や軽自動車ならではの軽快な走りを楽しむことができるのでまさにオープンエアースポーツの楽しさを味わうのにうってつけの車です。また2代目コペンではボディの外装をドレスアップするのが容易にできるようになっており、旧コペンのフェイスや最新のフェイスから好きなフェイスまで自由にカスタマイズできます。

ダイハツ工業の魅力って何?

ダイハツ工業は世界を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

国内シェア率の高さ

ダイハツのラインナップは軽自動車に特化したものであり、日本市場での需要を大きく満たしていると言えます。日本国内の軽自動車普及率は2018年のデータだと39.2%が軽自動車で3台に1台が軽自動車という時代です。そんな中4割を占めるダイハツのシェア率はとても高い割合だと言えます。

実用性の高いラインナップ

タントやムーブキャンバスといった室内空間が広く実用性の高い車をラインナップとして加えることで日本で求められているニーズを掴んでいます。軽自動車は日本独特な規格であり、限られた制約のある自動車枠です。そんな中で高い室内空間や走る楽しさを追求するダイハツの姿勢はしっかりと製品の品質に反映されています。

走る楽しさの追求

ダイハツ工業は軽自動車規格に特化した企業ですが走りにも注力しています。ダイハツのラインナップの中で最も走る楽しさにフォーカスを当てて開発されたのはコペンであると感じます。軽自動車ながらセキュリティ面で優秀な電動のアクティブルーフを搭載しており、クーペタイプのボディは見た目や走りにスポーティさを演出してくれます。またターボのついたスポーツタイプの自動車も積極的にラインナップへと追加しているのもダイハツの特徴であり、軽自動車の非力なNAエンジンの乗り味だけではなくしっかりとしたトルクの感じられる走りを期待できることでしょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら