D1グランプリ2016が開幕!!!

今年も開幕したD1グランプリ!開幕の地は2年連続のお台場!!
初日から高いレベルでのバトルが繰り広げられ、内容もトラブルありアップセットありと会場は非常に盛り上がっていました!!

D1とは

D1グランプリシリーズは、ドリフト走行のカッコよさで勝敗を決める競技だ。ドリフトとは、後輪もしくは4輪を滑らせながら走る走法のこと。そのときドライバーは通常の運転の限界を超えた領域で、曲がっていく方向とは逆にハンドルを切り、非常に高度なバランスをとってクルマをスライドさせながらコントロールすることになる。  そしてドリフトの最大の魅力は、その超非日常的なクルマの動きだ。ドリフト競技においてドライバーはコーナーのはるか手前からクルマを滑らせてドリフトを開始し、エンジン音をとどろかせてコーナーを通過。猛烈な白煙を上げて駆け抜ける。ダイナミックかつアクロバティックなそのアクションは、見ている者の感性にダイレクトに訴えるカッコよさがある。  その勝敗はマシンの性能より、ドライバーのウデに依存するところがはるかに大きい。そのドリフトのウデを競う競技、それがD1グランプリシリーズなのだ。www.d1gp.co.jp

単走決勝

予選を勝ち上がった選手たちがベスト16の椅子をかけて戦います。
レース前には「D1は何を競うのか?」といった初めてレースを見に来た人も楽しめるように、デモンストレーションと解説が行われたのだが、このデモンストレーション走行した松川選手(AE85)が見事な走りを見せます。実は松川選手は前日に行われた予選でコースをはみ出すミスを犯したばかりに予選敗退。
しかし、このデモンストレーションでは高得点を叩き出し「なんでお前が決勝に出ていないんだ−!」などと解説陣も絶賛。
今回の単走決勝にはベテラン選手たちを差し置き、昨年では本戦に出場することができなかった選手が多く出てきていました。しかし松川選手の高得点だったデモンストレーションにより、大きなプレッシャーがあったのではないでしょうか。

順当に出揃った追走ベスト16

多くの選手が松川選手のデモンストレーションにより存在感を示すことができない中、シード選手たちは安定した力を見せていました。
中でも前大会のチャンピオンの川畑選手は他を寄せ付けない100.31点と、決勝では唯一の100点台を叩き出し「え?俺100点超えた?優勝?やったー。」と違いを見せつけて単走優勝。
そして今季より追走の予選が廃止され、単走のベスト16選手が追走トーナメントに参加するシステムになりました。
追走に進出したのは、川畑、日比野、藤野、廣田、北岡、古口、斎藤、高橋、高山、末永、唄、草場、内海、横井、寺町、村山ら16選手という結果になりました。

追走トーナメントは上記の組み合わせで行われました。

新人 草場選手の大健闘!

単走優勝を果たした川畑選手は1回戦から危なげない走りで余裕のベスト4入り。
廣田選手vs内海選手の戦いでは内海選手が非常にいい走りを見せて廣田選手からポイントをリードしていたものの、先行/後追い入れ替え後の走行中タイヤが外れるトラブルでまさかのリタイア。
勝ち上がった廣田選手が次に対戦したのが、新人の草場選手。
この草場選手が新人らしからぬ安定した走りで廣田選手を撃破。初出場にしてベスト4入りを果たしました。
しかし、やはり準決勝では川畑選手のスピードとテクニックには及ばず、後追いではついて行けず、先行ではピッタリとくっつかれ、単走チャンピオンの川畑選手が決勝に進出しました。

注目選手の多い逆山は見所満載!!

注目レーサーの日比野選手、斉藤選手が1回戦をしっかり突破して、2回戦で激突!
お互いに人気、実力ともに高い選手だが、この日の斉藤選手は進入から日比野選手を追いかけ回し、大きくポイントを上回り、先行/後追い入れ替えては驚異的な逃げを見せた。「ダイゴ(齋藤選手)が凄かった」と後追いの日比野選手が斉藤選手のスピードに合わせきれずにミスをして、斉藤選手がベスト4にコマを進めました。
そしてベスト4最後の席には強敵の横井選手、古口選手を破った、藤野選手が進出しました。
準決勝の齋藤選手vs藤野選手はタイヤに余裕のない齋藤選手に対して藤野選手が後追いでプレッシャーを掛けに行きました。
進入時から齋藤選手を捉え攻めの走りを見せたが、途中の僅かなミスで大きなポイントリードが取れずに先行/後追い入れ替えに。
ポイントでリードされ、あとがない齋藤選手も進入時から仕掛け、ピッタリと横に付いてからは最後までその距離で追いかけ回し、見事に逆転!
藤野選手を下した斎藤選手が見事な逆転を果たし、決勝に進出しました。

川畑選手にプレッシャーを掛け続けた斎藤選手が優勝!!!

決勝は川畑選手vs齋藤選手。
タイヤに余裕のある川畑選手に対して、余裕のない齋藤選手は短期決戦を狙いました。
「一発で決めます。」と一本目の後追いから超攻撃的な飛び込みを見せ、そのままピッタリと川畑選手を追いかけ回し、大きくポイントをリード。
追い詰められた川畑は先行/後追い入れ替え後の2本目で仕掛けようとするものの、逆にストレートで離され、そこの挽回のために無理をした結果接触を起こしてしまい、決着!
斎藤選手の宣言通りの形で第一戦の幕が下りました。

今後の展望

今後は第2戦を富士スピードウェイ(静岡)、第3,4戦を筑波サーキット(茨城)、第5,6戦を恵比寿サーキット(福島)で行い、再度お台場にて最終戦が行われます。
前回王者の川畑選手を誰が倒すのか、ここが1つの注目ポイントになりそうです。
一番手はもちろん第1戦で川畑選手を圧倒した斎藤選手ですが、車輌の戦闘力で考えると今村選手の86がどのくらい仕上がっているのか、もう1台増えたGT-Rがドコまでの走りを見せるのかというのも気になります。
また、昨年は開幕戦のみの出場だった藤野選手が今年はフル参戦。
開幕戦こそ斎藤選手に敗れたものの、やはり実力的には優勝候補の一人といえるこの選手が今後のレースをどう戦っていくのかにも注目したいです。
開幕戦こそ出場していませんでしたが、今シーズンからRE雨宮 RX-7のドライバーとなった松井選手も気になるところです。
今年のD1は選手がお客さんの出迎えに出たり、レース以外のショー的な要素も多く、出展ブースも充実しており、D1に初めていく方も十分楽しめるものになっていると思います。
年々来客数も増えているようなので、今後のD1にさらに期待していきたいです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら