SUV人気No1ホンダヴェゼル!人気の理由は??

ホンダが誇る、SUV人気No.1のヴェゼル。コンパクトでありながらも、広い室内空間を確保し、SUVらしいスポーティデザインと、高い機能性や居住性の両立を実現しています。今回は購入前に知っておきたいポイント、人気の理由などをまとめてみました!


ホンダヴェゼルの特徴

本田技研工業が開発したクロスオーバーSUV

ヴェゼルはホンダ技研工業が生産・販売しているコンパクトクラスのクロスオーバーSUV車です。この車は3代目フィットをベースに開発された車で、コンパクト車ならではの小回りの良さとSUVらしい力強さ、ミニバンとしての使い勝手の良さが実現されています。国産のコンパクトSUV車の中では人気のモデルとなり、2014年から2016年にSUV販売台数のナンバーワンの座を獲得し続けました。駆動方式はFF方式と4WD方式のラインナップがあります。

力強い走りが体感できるSUV車

ホンダヴェゼルには、1.5リットルの直噴エンジンのL15B型が搭載され、CVTとの組み合わせを採用し、ハイパワーと低燃費を両立させています。ハイブリッド仕様では、2代目フィットにて実績のある「SPORT HYBRID i-DCD」を採用し、エンジンに直噴技術を取り入れることにより、システム最高出力を2リットルエンジン並みの152馬力を実現しています。4WD車にはホンダ独自のリアルタイムAWDが採用され、コーナーリング時の爽快感を高めています。

安全・快適性能も充実

ホンダヴェゼルでは、標準装備で電子式パーキングブレーキとHondaスマートキーシステム、フルオートエアコンが備わっていて快適な運転が可能です。安全性能についても、2016年には「Honda SENSING」が採用され、衝突軽減ブレーキ、歩行者事故低減ステアリング、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの機能が搭載されているため、安全な運転が可能な車となっています。Honda SENSINGには、先行車発進お知らせ機能などの便利機能も付いています。

エクステリア・インテリア

クーペの美しさとSUVの力強さが融合したエクステリア

ホンダヴェゼルのエクステリアは、丸みを帯びた流線型のデザインとなっていて、クーペーのような美しさとSUVらしい力強く逞しさが融合されたデザインとなっています。フロントマスクは大型のものが採用され、精悍なイメージとなっていて、サイドビューは曲線が取り入れたデザインで走りの良さを予感させてくれます。また、ホンダではこの車の開発にあたり徹底的に空力特性を解析することで、ボディー底面のデコボコを減らして極限まで空気抵抗を減らしています

同乗者全員がくつろげる空間

ホンダヴェゼルの車内は、特にリアシートがミニバン並みのゆとりがあり、乗る人すべてがゆったりとくつろげる空間となっています。インテリアとしては、ダークグレイとブラウンを基調とした落ち着きのある色合いです。また、不織布タイプのフロアアンダーカバーなど、上級セダンに使用される防音材を使用することで、優れた静粛性も実現しています。なお、運転環境については、ダッシュボードセンターのナビゲーションシステムが運転者の方向に向けられていて、運転者が操作しやすいデザインとなっています。

ホンダヴェゼルのグレード

ホンダヴェゼルにはハイブリッド車とガソリン車のラインナップがあります。
ハイブリッド車のベーシックモデルは「HYBRID」というグレードがあり、エンジンには1.5L i-VTEC+i-DCDが搭載され、7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされています。
その上のモデルとしては「HYBRID X・Honda SENSING」があり、「HYBRID」グレードに対して、ホンダセンシングという安全機能が搭載されています。
また、「HYBRID RS・Honda SENSING」はスポーティーモデルとなっていて、パフォーマンスダンパーを採用したことで走りを楽しめます。
ガソリンモデルについては、ベーシックモデルとなるのが「G」モデル。エンジンは1.5L i-VTECが搭載され、CVTが組み合わされています。
「X・Honda SENSING」はベーシックモデルに対して、安全装備のホンダセンシングが搭載されています。
「RS・Honda SENSING」はホンダセンシングを搭載した上で、足回りを固めにセッティングしバケットシートを採用してスポーティーな走りが楽しめる車です。

ヴェゼルの燃費

代表的なグレードの燃費を紹介すると、ハイブリッド車の「HYBRID」グレードのFFはJC08モードにて1リットルあたり27.0km、4WDは23.2kmです。
「HYBRID Z・Honda SENSING」については、FF車は23.4kmで4WD車は21.6kmです。
ハイブリッドスポーティー車の「HYBRID RS・Honda SENSING」の燃費は25.6kmです。
一方ガソリン車については、ベーシックモデルの「G」はFF車で20.6km、4WD車にて19.0Kmです。
スポーティー車の「RS・Honda SENSING」は、19.8kmとなっています。

ヴェゼルの年間の維持費

ホンダヴェゼルの年間の維持費は以下の通りです。
自動車税:34,500円
車検代:97,000円~147,000円
・毎月かかる費用
ガソリン代
(1年1万km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、):44,400円(ハイブリッド車)、60,000円(ガソリン車)
駐車場代:1万円
任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以
上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、
年間走行距離11000km以下):46,010円
http://www.sonysonpo.co.jp/auto/quote/

オススメのオプション

今となっては必須アイテム!ナビゲーション

快適な運転をするには欠かせないのがカーナビゲーションシステムです。特にホンダ純正の「インターナビ」が搭載されていれば、普通のナビゲーションでは把握できない渋滞情報や災害情報、安否情報等を取得できます。ホンダ独自の「通信型ナビゲーション」であるため、到着予想時間が正確で多彩なルート案内が可能です。他にも交通情報や防災、気象情報を無料で取得可能です。このナビゲーションの価格は216,000円になっています。

より精悍に見せるためにもエアロバンパー

ホンダヴェゼルの中古車でも古さを感じさせず精悍なイメージを持たせるためには、エアロパーツでのドレスアップが欠かせません。ホンダ純正のエアロパーツには、フロント用のエアロバンパーとリア用のエアロバンパー、テールゲートスポイラーがあります。これらの価格はフロント用エアロバンパーが59,400円、リア用のエアロバンパーが43,200円、テールゲートスポイラーが37,800円です。これらのパーツはメーカーオプションとなっています。

快適に車庫入れするためにもリアワイドカメラシステム

ヴェゼルを快適に車庫入れするためには、ホンダ純正の「リアワイドカメラシステム」が搭載されていると便利です。車両後方をカメラにて撮影し、ナビゲーションシステムのモニターにて表示してくれます。後方の安全確認が楽になるのはもちろんのこと、ディスプレイ上には黄色ラインのガイド表示が出るため車庫入れの目安となり、車庫入れをスムーズに行うことが可能になります。このナビゲーションシステムの価格は29,700円です。

まとめ

ホンダのコンパクトなSUVに乗ってみよう

ホンダヴェゼルは3代目フィットをベースに改良された車であることもあり、小型で取り回しがしやすい車です。しかも、SUVらしい力強さも体験できます。更にミニバンのような広い室内空間で使い勝手も良好です。特にハイブリッド車は燃費も良く、年間の車の維持費も安く抑えることが可能です。また、4WD車は電子制御により後輪の機動力を緻密かつ素早くコントロールするリアルタイムAWDを採用していますので、4WDの安定感と低燃費を両立しています。ホンダが自信を持って開発したクロスオーバーSUVのヴェゼルに乗ってみませんか。

ヴェゼルに乗り換えようかなと思われた方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら