【ホンダ ロゴ】実用性と低価格を追求した利便性のある車

ホンダロゴは1996年10月、2代目「シティ」の生産終了以来3年ぶりとなる同一セグメントのコンパクトカーを発売されました。実用性を徹底追求しかつ低価格を目指したホンダロゴ、今回は特徴をいくつか並べながら考察していきます!


ホンダ ロゴの特徴

ホンダの開発した使い勝手の良い小型ハッチバック車

ロゴはホンダ技研工業が生産・販売していたハッチバック型の小型乗用車です。ホンダシティの後継機種として販売されました。シティがデザイン重視であったのに対して、ロゴでは徹底的に実用性が重視され、ボディデザイン・ドライブトレーンもシンプルで実用性が高い車となっています。現在では生産は行われていませんが、ロゴのテクノロジーを使用して大ヒットモデルとなったフィットが開発されたため、ホンダがコンパクトカーテクノロジーを培った車と言えます。

街中で運転のしやすい車

ホンダロゴは、エンジンについても実用性が追求されました。4代目シビックにて実績のあるD13B型エンジンをベースに、吸排気バルブの数を減らしPGM-FI仕様に変更しました。この変更のおかげで、低回転域を重視したセッティングが可能となり、日常的に使用することが多い1,300rpm付近にて最大トルクが得られるようになり、街中での運転に適した車に仕上がっています。また、ボディーを軽量化することで街中の発進や登坂路でも軽快に走るようになっています。

安全性能にもこだわりアリ

ホンダロゴは大きなフルモデルチェンジはありませんでしたが、1998年11月のマイナーチェンジではボディ剛性を見直し、フルモデルチェンジに近い改良が行われました。この改良により衝突安全性が大幅に向上しています。同時に、排ガス規制への対応も行い、環境性能も向上させました。また、ロゴには四輪駆動車の設定もあり、雪道などの滑りやすい路面でも安全に走ることが可能です。なお、全グレードにABSとSRSエアバッグを標準装備しています。

エクステリア・インテリア

ホンダロゴのエクステリア

ホンダロゴはシティの後継車として設計されましたが、シティはデザイン重視で実用性に欠けるという反省点がありました。そのため、ホンダはロゴに対してはシンプルで、直線を重視しながらもエッジに丸みを持たせたボディとなっています。この車の発売開始から1年後の1997年にはマイナーチェンジが行われ、ボディーカラーと同色のバンパーとドアミラーが装備され、エクステリアはますますオシャレとなりました。シンプルですが飽きが来ないデザインでもあります。

ホンダロゴのインテリア

ホンダロゴのインテリアについては、徹底的に無駄が排除されたシンプルなデザインとなっています。運転系については3本スポークの扱いやすいステアリングが装備され、インパネにはタコメーターも付いています。チルトステアリング、シートハイトアジャスターが装備され、各種調整機能も充実しています。車内は全体的にダークグレイの配色となっているため、落ち着いた雰囲気があります。多数のポケットが配置されていて小物の収納もしやすいのが利点です。

ホンダロゴのグレードをご紹介

ホンダロゴには3ドアハッチバックと5ドアハッチバックタイプがあり、それぞれにG・L・Sportic・SporticTSのグレードがあります。全車ともFFと4WDのラインナップがあります。採用されているエンジンは1,343ccのD13B型です。


Gモデルは最もシンプルなモデルになっていますが、SRSエアバッグシステムやABSシステムなどの安全性能は充実しています。ボディ同色のバンパーが搭載されていてオシャレな作りとなっています。
Lモデルは、Gモデルに対して装備が充実していて、運転席前後独立式ハイトアジャスターやボディ同色電動格納式リモコンドアミラーが搭載されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら