【フォルクスワーゲン ティグアン】そのスペック、評価などを紹介!

フォルクスワーゲ ン ティグアンといえばトゥアレグよりもコンパクトで女性も運転しやすい車となっています。扱いやすく燃費も良い、今回はロングツアラーとしての実力を発揮したフォルクスワーゲン ティグアンを性能などをまとめました!


フォルクスワーゲンティグアンの特徴

VWの小型SUV

フォルクスワーゲンティグアンは同社の主力ハッチバックのゴルフをベースにした小型SUVです。2000年代後半にSUV人気が徐々に高まりだしたため、フラッグシップSUVのトゥアレグだけではニーズを捉えることは不可能と考え、2007年に初代ティグアンが登場しました。日本では2008年9月に発売されています。翌年の2009年に日本でスポーティなグレード「Rライン」が登場したことで売り上げが伸び、1年間で約3200台売り上げました。2015年9月に新型ティグアンが発表されたため初代は2016年で生産終了し、日本では2017年1月に発売しました。

クラスレスの乗り心地

現行ティグアンは、ゴルフやパサートと同じくアクティブシャシーコントロール「DCC」(TSI ハイライン、TSI Rライン)が装備されており、5つのモードに切り替えることでいかなる路面状況にも柔軟に対応できます。最も乗り心地が良くなるコンフォートモードは、小型SUVとは思えないほどしっとりとした乗り心地と高い静粛性、ドイツ車らしい粘り強い足回りと組み合わさって快適なドライブを楽しむことができます。高速道路ではロールが少なくなり、直進安定性が増すスポーツモードがおすすめです。

ぬかりない安全性能

ティグアンにはフォルクスワーゲンが誇る最新の安全装備、Volkswagenオールイン・セーフティが標準装備されています(一部機能はパッケージオプション)。全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールは一般道路でも使用することができ、カーブの減速と信号や標識での停止、普段通りステアリングの操作を自分で行うだけで運転することができます。前車が減速するとこちらも減速し、停止後の発進ではアクセルを軽く踏むだけで追従します。オートホールドがオフになっていればアクセルを踏むことなく自動で追従します。

エクステリア・インテリア

現行はアグレッシブに

初代ティグアンのシンプルでクリーンなデザインから一転、現行は近未来的でアグレッシブなデザインに生まれ変わりました。ベースグレードのTSI コンフォートライン以外はLEDヘッドライトを標準で装備し、全グレードが現行ゴルフやパサートと同じくグリルとヘッドライトが横一列に繋がったデザインになり、バンパーは大きな開口部を備えています。テールライトもLEDがふんだんに使われており、夜間は切れのいい光り方で後続車の視野性をアップします。全体的に同じグループのアウディの無機質で上質なデザインとなっており、他のメーカーから乗り換えが増えています。

一番の見どころ、インテリア

初代ティグアンのインテリアは登場が2007年ということもあり、10年の月日が経過した現在では一昔前のデザインとなってしまいました。ゴルフベースなのでインテリアは現行ゴルフの影響を大きく受けており、ナビゲーションモニターを中心とした使いやすい配置になっています。そして日本仕様のパサートではGTEでしか導入されなかったアウディのバーチャルコックピットに似た液晶メーター、デジタルメータークラスターActive Info DisplayがTSI コンフォートライン以外に標準で装備されています。これによりメーター一面にナビを表示させることで中央のモニターで別の画面を映すことができます。

グレードについて

TSI コンフォートライン

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら