【新型ホンダシビック】新プラットフォームを採用!気になるポイントなどを徹底解説

ホンダは7月27日、2011年に国内での販売を終了して以来、約6年ぶりの復活となる新型シビックを発表しました。今回は新プラットフォームを採用し3タイプを同時に発売するそうです。今回は新型ホンダシビックの気になる最新情報をまとめてみました。


「ホンダ シビックの特徴」

ホンダ シビックの特徴①

1972年に本田技研工業により開発されたのが「シビック」です。 当時、他社が欧米の大型車のコピーと言われ、追い付け追い越せの時代に欧米のデザインを大きく採り入れる中、小型車で世界戦略を目論むホンダがデビューさせたのがシビックです。 全長3590mm、全巾1505mm、全高1325mmとコンパクトなサイズ感で市場投入し、1200ccと1500ccで発売されました。

ホンダ シビックの特徴②

シビックは軽自動車よりも大きく、セダンよりも小さい概念として誕生し、コンパクトでありながら大人5人が乗車できるサイズで、廉価なイメージではなく当時としてはスポーティーなイメージを採り入れた車でした。 低燃費で排ガスを軽減するホンダ独自開発の「CVCC」エンジンを搭載し、スポーツモデルのラインナップもされ、国内最終モデルの8代目までで継続して生産されました。

ホンダ シビックの特徴③

シビックの特徴は運転しやすい小型車で、「CIVIC」の由来は“市民の”というように、 広く一般の人に親しまれるシルエットとしてつくられ、8代目モデルまで若干のサイズアップが行われるもハッチバックタイプでは4300mmアンダーのサイズ感であったため、高齢者や女性ドライバーでもハンドリング操作がしやすい車として親しまれました。 2017年に発売が囁かれる新型モデルは今までのシビックのイメージを一新するデザインで、スポーティー感とワイルドなイメージで世界戦略車として市場投入されます。

「ホンダ シビックの主なグレード」

ホンダ シビックのグレード①

ベースモデルの一つがハッチバックです。 ハッチバックはクーペのようなフォルムを持ち、空気抵抗を考えた流線型のシルエットでヨーロッパ市場を意識したシャープなフェイスデザインとスポーティなリアデザインが特徴的です。 駆動方式FFで1500cc の直噴VTECターボエンジンを搭載し、2500ccレベルの高いパフォーマンスを実現しています。

ホンダ シビックのグレード②

セダンは4650mmの全長を持ち、ハッチバックに比べてやや大型で、ハッチバックがリアゲート式に対して、セダンは独立したトランクスペースを持ち、荷物の収納よりも搭乗者を優先させる空間設計が行われています。 ハッチバックと同様の1500ccVTECターボエンジンを搭載し、1500ccとは思えない高いパフォーマンスを実現した車です。

ホンダ シビックのグレード③

セダンとハッチバックとは別のスポーツタイプがタイプR です。 タイプRは高速走行時を想定し、車体の安定感を得るダウンフォースを発生させるエアロカスタマイズが行われ、フロントからの空気抵抗を効率よくリアに送るためのスポイラーやフロントフェンダー部分にダクトを設け、グリル周辺の空気をボディーに沿って逃がすことなど、エアロダイナミクスを最大限に考えた車です。リアゲートに装着されるウイングタイプのリアスポイラーはタイプRの象徴ともいえるでしょう。

「エクステリア・インテリア」

ホンダ シビックのエクステリア

デビュー当初のコンパクトカーというイメージではなく、シャープさとワイルドな面持ちのシビックですが、特徴的なのがヘッドライト下に大きく空いたメッシュのエアインテーク部分と重心をやや下げたワイド&ローデザイン、リアバンパーの中央に配置されるエギゾーストパイプはデュアルモードタイプを採用し、ヨーロッパのスポーツカーを彷彿とするデザインです。

ホンダ シビックのインテリア

統一感のあるシックなインテリアで、インパネ部分にカーボン調のパネルを採用することで、高級感を持たせています。 コクピット中心としたワイドなデザインで7インチの大型液晶メーターはドライバーの視線を妨げない見やすさです。 タイプRはハンドル部分やインパネにカーボン調のパネルにレッドのエッジをきかせ、シートもブラックとレッドのバイカラーでスポーティーさを強調しています。

「燃費について」

新しいシビックの燃費はATでJC08モード燃費が18km/L、MTで 17.4km/Lとなっており、タイプRは12.8km/Lと若干の燃費悪化が見られます。 ハッチバックとタイプR に関してはハイオクガソリンを使用するタイプでセダンのみがレギュラーガソリンを使用します。 セダンのレギュラーガソリン車ではJC08モード燃費が19.4km/Lとクラス最高の燃費水準となっています。

「維持費について」

維持費に関しては 自動車税:1500cc以下であるため年間34500円

ガソリン代:おおよそ年間80000円~100000円


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら