【ホンダヴェゼル】 cmの曲のアーティストは??

ホンダヴェゼルのcmで使われている曲、アーティストは「suchmos」というバンドです。今回は気になる「suchmos」の経歴やcm曲について紹介していきます。


ホンダヴェゼルの特徴

ホンダヴェゼルと言えば、cm曲を連想する人も多いはずです。キャッチーで都会的なメロディと、ホンダヴェゼルの洗練されたおしゃれなデザインが上手くマッチした印象的なcmに仕上がっています。車への興味もさることながら、cm曲は一体誰の歌なのかが気になる人もいることでしょう。
cm曲はSuchmos(サチモス)というバンドの、「STAY TUNE」というタイトルの曲が起用されています。cmの影響は大きく、テレビで流れるようになってからオリコンチャートでも最高10位を記録しているのです。
そんなSuchmosは神奈川県出身のメンバーを中心に、6人で構成されているバンドです。2013年に結成と比較的新しいバンドなのですが、cm曲からも分かるようにすでに熟成度の高い音楽性を持っています。音楽の方向性としては、ロック、ジャズ、ヒップホップ、ソウルなどを織り交ぜたもので、多彩な表情を見せてくれます。
ホンダヴェゼルに関しても都会的な雰囲気を持つおしゃれな車として人気がありますが、曲と車のそれぞれの良さが相まって、よりホンダヴェゼルを魅力的に見せることに成功しています。無論、見た目だけでなく中身も優れた車です。コンパクトSUV市場でも売れ行きが良く、ランキングでも上位に位置しています。全体のバランスが良いとして高く評価されているのです。
それほど人気のホンダヴェゼルにはどのような魅力が詰まっているのか見てみましょう。

ホンダヴェゼルの評価できるポイント3選

ホンダヴェゼルのポイント①

コンパクトボディで扱いやすいサイズなのが魅力です。近年はコンパクトSUVが人気を博しており、各社がこぞって発売していますが、そんな中でも特に扱いやすいサイジングなのがホンダヴェゼルです。それゆえに幅広い年齢層からも支持をされ、あまり運転が得意ではない人というからも扱いやすい車として好評を得ています。
サイズ感の割に中身はゆったりとしていますので、フル乗車をしても狭さを感じにくいです。そのためシングルユーザーだけでなくファミリーユーザーでも選択肢に入れやすい車と言えるでしょう。

ホンダヴェゼルのポイント②

完成度の高い洗練されたデザインも魅力的です。全体が流れるような美しさを感じられる中、シャープなフロントマスクも相まってバランスの良いデザイン性です。
クーペスタイルに見せているのも特徴でしょう。リアのドアハンドルが窓部分に配置されていますが、それによってクーペのような流れるデザインも楽しむことができ、他メーカーのコンパクトSUVとは一線を画しています。
インテリアに関してはクラスを超えた上質性があります。ワンランク上の精巧なデザインに設計され、ステータス性のある満足感を味わえることでしょう。

ホンダヴェゼルのポイント③

他メーカーの同クラスと比較して、価格設定が抑え目という魅力もあります。売れ筋のグレードにしても、一般的なコンパクトカークラスの物と大きな差がなく、選択肢にも入れやすいはずです。
特にガソリンモデルですと割安感も大きいです。ホンダヴェゼルのオーナーの殆どはハイブリッドモデルを選んでいるものの、一方では割安なガソリンモデルの需要もあり、お得にホンダヴェゼルの世界を楽しめるとしてオーナーからは好評を得ています。いずれを選んでも後悔が少なく車ですので、好みや予算に合わせて自由に選択すると良いでしょう。

ホンダヴェゼルのマイナスポイント3選

ホンダヴェゼルのマイナスポイント①

収納スペースがあまり多くないため、収納面で不満を覚える可能性があります。ところどころに用意はされているものの、微妙なスペースで容れられる物が限定されてしまいやすいです。ドリンクホルダーに関しても場所がイマイチと評価されることもあります。
ただ、ラゲッジルームに関しては余裕があり、総合的に見ると及第点とする声もあるのです。収納については求める基準による評価の違いもあるため、実際に乗って確かめてみることが大切と言えるでしょう。

ホンダヴェゼルのマイナスポイント②

ハイブリッドモデルを選んだ場合、価格が高く感じられやすいというマイナス点もあります。他メーカーと比べると割安な面もあるものの、それでも、サイズ感の割に高い、乗り出し価格が300万円を超えるなどの不満も見受けられます。
価格についてはグレードやオプションなどの影響が大きいですから、その限りではないと言えますが、しかしながら新車ゆえに詰め込む人も多く、結果的に高くなっている場合も多いのです。他メーカーと比べると割安に思える一方、単体で考えるとそれなりのコストを覚悟しなければいけなくなってしまいます。

ホンダヴェゼルのマイナスポイント③

思ったよりも燃費が伸びない可能性があるのもマイナス点です。燃費に関しては環境や走り方なども影響してきますので、個々で感想が違ってくるのも無理はありません。しかしながらハイブリッドモデルでありながらも、カタログ数値とは離れ過ぎているとしてイメージと違ったという声があるのも事実です。特にハイブリッドモデルですと期待値も高くなりますから、余計に落胆されてしまうこともあります。
しかしながらホンダヴェゼルは比較的カタログ数値の達成度が高い車でもあるのです。一方では満足している人もいますので、燃費については賛否両論、様々な意見が確認できます。

まとめ

ホンダヴェゼルはコンパクトSUVのランキングでも人気が高い車です。その人気に違わぬ魅力的な車に仕上がっており、他メーカーをしのぐ高い支持を集めています。使い勝手の良いサイジングに洗練されたデザイン性、そして選択しやすい価格帯が人気の理由です。しかし一方では収納面や価格、燃費などに不満を覚えるオーナーの存在もあります。
ただ、総合的には満足しているという声が多いのがホンダヴェゼルの底力の表れでしょう。コンパクトSUVの中でも全体的なバランスの良い車と評価され、沢山のドライバーから支持されています。選択肢に入れる意義のある車と言えますから、これから車を購入する際には候補に入れてみるのがおすすめと言えるでしょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら