BMW 5シリーズツーリングの魅力。快適性とスポーツ性を兼ね備えたオールラウンダー

BMW 5シリーズツーリング画像

BMW5シリーズツーリングの特徴

BMW 5シリーズツーリング画像

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/5-series/touring/2017/at-a-glance.html

BMW5シリーズツーリングの特徴 5シリーズを継承するスポーティーな走行性能

軽量構造を実現した強力なBMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載しており、低回転トルクが太く、高回転にまで違和感なくスムーズにまわるため、出足に遅れが生じるといったツーリングモデルにありがちな違和感を感じさせません。
アクセルペダルを踏めばすっと加速するため、まるでBMW 5シリーズセダンモデルを操作している気分になります。またワインディングロードでのコーナリングもスムーズ、高速道路でのかっ飛ばすというよりも落ち着いて疾走するという表現に適しており、レジャーからビジネスにまで多用途に活躍するオールラウンダーです。

BMW5シリーズツーリングの特徴 有能なアシスタントがドライビングをサポート

ドライビング・アシスト・プラスは、高速道路での単調なドライブに伴う負担を軽減します。アクティブ・クルーズ・コントロールは、30km以上の速度でスイッチを入れるだけで作動、高速道路でのクルージング走行も楽になります。
またBMWは、アクティブステアリングにより、全長のあるツーリングモデルの取り回し性能を向上させました。速度によってギア比を自動で変更するため、低速時の駐車・入庫などの取り回しが大きく向上しており、Uターンもらくらくです。またステアリングも俊敏でレスポンスが高く、快適なドライビングを体感できます。

BMW5シリーズツーリングの特徴 抜群の快適性と機能性の両立

センターコンソール上部にタッチパネルを採用しました。直感的にナビゲーション、メディア、コミュニケーション、コネクテッドドライブ、マイビークル、メッセージなど6メニューを簡単かつ明瞭に操作できます。
ツーリングモデルにふさわしいラゲッジスペースは、日常生活に十分な570リットルの大容量を確保、リアシートをフラットにすれば最大1700リットルも収納できるので、キャンプ道具やゴルフバッグ、サーフボードなど多彩なアイテムを詰め込んで冒険に出発できます。
またラゲッジ底に小さなハッチがあります。万が一の際の緊急グッズや法律で義務付けられている発煙筒などを収納できます。

 

エクステリア・インテリア

BMW 5シリーズツーリング画像

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/5-series/touring/2017/design.html#exterior

BMW5シリーズツーリングのエクステリア

均整の取れた流麗なボディライン、精悍な表情を見せるフロントスタイル、どっしりとした印象を与える18インチタイヤにより、力強さとエレガントを融合させたエクステリアに仕上げています。
もちろんBMWのシンボルであるキドニーグリルとエンブレムは、見るものを振り向かせるのに十分な存在感を放ち、オーナーとしての誇りを与えてくれます。
スポーティーでエネルギッシュな外観は、毎日のドライブをも楽しくしてくれることでしょう。

BMW5シリーズツーリングのインテリア

BMW 5シリーズツーリング画像

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/5-series/touring/2017/design.html#exterior

コンパクトかつモダンなセンターコンソールは、ごく僅かにドライバー側に傾けられました。ドライバーからの操作をサポートしながらも助手席からの操作性も確保するため、人間工学に基づく緻密なレイアウトを施しています。
インスツルメントパネルには、ひと目で上質とわかるセンサティック素材を採用、なめらかな手触りは贅沢さを感じさせてくれます。また二重のステッチにすることで摩耗性を高めており、まるで高級バッグのような印象をもつはずです。

 

中古車価格について

BMW 5シリーズツーリング画像

引用元:http://jidoshas.com/nenryo-tanku/bmw/5-series.html

BMW5シリーズツーリングの歴代モデル 1997年モデルと2004年モデル

中古市場にある1997年モデルは、BMW5シリーズツーリングの中でも最も安くなっており、40万円~80万円前後で購入できます。また2004年モデルは60万円~150万円前後で購入できるため、かなり手頃です。
1997年モデルや2004年モデルは、最新テクノロジーが採用されていないことや走行距離が長いため、手頃で購入できる価格帯でみつけられます。

BMW5シリーズツーリングの歴代モデル 2010年モデルと2017年モデル

BMW 5シリーズツーリング画像

引用元:https://clubmini.jp/13590

2010年モデルは、250万円~500万円前後で見つけられます。特に350万円~450万円前後のモデルが充実しており、2017年モデルと似たフロントフェイスであることから人気を集めています。
2017年モデルの中古車は、 500万円以上しますが、新車価格よりも100万円~200万円前後安くなっており、購入しやすい価格帯といえるでしょう。

523d Touring モデルがおすすめ!

BMW 5シリーズツーリング画像

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/5-series/touring/2017/design.html#exterior

BMW 5シリーズには、直列4気筒DOHCガソリン搭載の532iモデルと530iモデル、直列6気筒DOHCガソリンの540iモデルがありますが、直列4気筒DOHCディーゼルを搭載した523dモデルをおすすめします。
BMW 5シリーズで最も燃費性能が高いディーゼルエンジンを搭載しており、最高出力190ps、最大トルク1750~2500rpmに達するため、駆け抜ける歓びを体感できます。
またバージョンとしては、ベースの523d 、ラグジュエリーな523d Luxury、スポーツ性能を強化した523d M Sportがあります。

523d Touringの燃費

523d Touringの燃費性能は、他のグレードを凌駕する1リットル19.4km(JC08 走行モード)です。
他のガソリンエンジンを搭載したグレードに比較すると30%~40%ほど燃費性能が高くなっており、お財布にも優しくなっています。
また平成27年(2015年)燃費基準、平成32年(2020年)燃費基準のいずれをも+20%達成するなど、燃費性能に加えて環境性能も優れているためエコカー減税を利用できます。

523d Touringモデルの維持費

年単位でかかる費用
・自動車税:3万9500円+3万円(自動車重量税)+19万700円(自動車取得税)
・車検代:3万円~17万円
毎月かかる費用
・ガソリン代(1年1万km)
軽油(110円):1年で5万6628円(毎月4719円)


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
BMW 5シリーズツーリング画像