フォルクスワーゲングループがレースから消える?!EVスポーツへの転換へ

アウディ、過去18年におけるWECの栄光が終結

それは突然のニュースでした。 2016年10月26日、ドイツの自動車メーカー、アウディがWEC(世界耐久選手権)から2016年シーズンを最後に撤退する事を明らかにしたのです。 WECはル・マン24時間耐久や富士6時間レースを含む世界各国で戦われる耐久レースで、メーカーの威信をかけた最新技術の集大成とも言えるレーシングカーが戦う場でした。 今年は日本からトヨタがTS050HYBRIDで参戦、ル・マン24時間レースにおいて残り1周で優勝を逃し、またしても総合優勝に手が届かなかった事を記憶している人も多いでしょう。 今年のル・マンはポルシェが勝ちましたが、アウディも今年までの18年間連続で参戦し、その間13勝という異常な強さを誇ったメーカーワークスでした。 2016年も事実上ポルシェ、アウディ、トヨタの戦いとなった、最高峰のLMP1 Hybridクラスには、来年からもうアウディの姿を見る事はありません。 来年はポルシェとトヨタの対決になると見られていますが、ポルシェも2016年で撤退するかもしれないという情報もあり、LMP1 Hybridクラス自体の存続が危ぶまれます。 ハイブリッドカーではないLMP1 non Hybidクラスにはプジョーが新たに参戦すると言われていますが、アウディに加えてポルシェまで抜けると、その穴は用意には埋まらないでしょう。

フォルクスワーゲンも4連覇していたWRCから撤退

さらに同年11月2日、アウディの属するフォルクスワーゲングループの総本山、フォルクスワーゲンも2016年限りでのWRCから撤退を発表しました。 ここ最近は常勝といかなくなっていたアウディとは異なり、ポロR WRCで4連覇を達成した直後の発表でしたから、ある程度予想されていた事とはいえ大変な驚きをもってむかえられたのです。 これで2017シーズンはヒュンダイとシトロエンに加え、フォルクスワーゲンの代わりにトヨタがヤリス(ヴィッツ)WRCで参戦しますが、王者不在の中で寂しい開幕になるのでしょう。

フォルクスワーゲンはEV開発へ、アウディはEVスポーツへ注力

この動きと直接の関連があると両社が認めているわけではありませんが、フォルクスワーゲンは現在、30車種以上のEV(電気自動車)を投入すべく、急速に開発を進めています。 これまでディーゼルエンジンやダウンサイジング・ターボで環境対策車として、ハイブリッド車などあまり作ってこなかった同社ですが、一足飛びにEVの高性能化と現実的な航続距離を実用化に持ち込むべく、全力を上げているところです。 さらにアウディはWEC撤退と同時にEVフォーミュラで戦われるフォーミュラEへの参戦を発表。 また、レッドブルが公式スポンサーとなっているオフロードレース「グローバル・ラリークロス」に2018年からEVクラスが創設される事が決まり、これにもアウディの参戦が予想されています。 ラリークロスは元々フォルクスワーゲンもビートルなどで参戦していましたから、こちらもEVクラスに転換する可能性があるでしょう。

キッカケと言われるドイツ連邦政府の「2030年問題」


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら