「マリカー」が危険で迷惑! | ミニカーは免許が必要?問題点・違法についてまとめた

スマホ版「マリオカート」が人気を博す一方で、現実にも“マリカー”が走っています。
主に外国人観光客から人気のマリカー。ヘルメットやシートベルトを着用せずに運転しているのを見かけます。そのため「危険」「禁止にすべき」「違法ではないのか」との声も多く上がっていますが、実際のところ、法律で罪に問われないのでしょうか?

マリカーは法律のすき間をすり抜ける

マリカーは正式には「ミニカー」に分類されます。ミニカーとは自動車やバイクのような他の車と同じように公道を走ることができる、ナンバープレートのついたカートのことです。ミニカーの車両は遊園地のゴーカートやサーキットを走るスポーツカートと同じ部類に分けられます。

ミニカーは普通免許で運転できる

ミニカーの定義は「排気量50㏄以下、出力0.6kw以下の原動機が付いた4輪車」です。車輪の数以外は原付の定義と同じなので、それくらいのパワーのエンジンが積まれているということです。
ちなみに競技用のスポーツカートには排気量250ccの車両などもありますが、公道を走るカートではそれほどの大きなエンジンは積まれません。

その他にも、「1人しか乗ることができない」「積載重量30kgまで」という規則もあります。

ここまでを見ると、自動車というよりも原付に近いような気がします。
ですが、ミニカーを運転するには普通自動車免許が必要です(AT限定も可)。原付免許や自動二輪免許ではミニカーの運転はできません。

ミニカーの何が問題なの?

では、なぜミニカーは問題視されているのでしょうか?
それは、ただただ危ないから。というのには、以下のような特徴があります。

  • シートベルト、ヘルメットの着用義務がない
  • 尾灯(テールランプやブレーキランプ)がない
  • タイヤがむき出しの状態
  • 二段階右折の義務がない
  • 車高=運転手の座高のため、気づかれにくい

「生身で乗る」から危ないというのはもちろんですが、尾灯が付いていないため、後続車が前を走るミニカーの動きを予測できないという危険性があります。

普通自動車のタイヤがボディからはみ出ていると車検が通りませんよね?タイヤがむき出しというのはそれほど危ないことなのです。

また、車体が小さく、車高は運転手の座高の高さと同じになります。そのため、トラックやミニバンなどと並ぶと姿が見えなくなるという事態が起きています。急な飛び出しに不安を感じる通行人、他のドライバーも多いようです。

こんなに危険なミニカーなのに、なぜ「ヘルメットを着けずに運転する」なんてことができるのでしょうか?

ミニカーは自動車と原付の間の“あいまいな”乗り物

この疑問には「道路交通法」と「道路運送車両法」の2つの法律が答えます。

道路交通法は「正しい運転の方法」に関するものです。この道交法では、ミニカーは普通自動車であり、普通免許が必要となります。

一方の道路運送車両法は「車を正しく所有、管理、整備する」ことに関するものです。この法律では、ミニカーは原付として扱われるので、シートベルトが必要ありません。

ミニカーはこれらの法律のすき間を(本家マリオカートの如く)うまくすり抜けることで、「自動車であり原付」という乗り物となっているのです。

前述したもの以外にも、「最高時速60㎞/hまで出せる」「車検がない」という特徴があります。

マリカーの事故多発と法律改正

こうした状況下で、マリカーの事故はしばしば起きています。幸いにも死者は出ていませんが、「前の車両と接触した」「歩道に乗り上げ看板に衝突した」といった報道がされています。

事故の多発を受け、国土交通省は道路運送車両法を改正し、2020年4月からシートベルトの着用、尾灯の設置を義務化します。

また、2021年から新車に限り、以下も義務化されます。

  • タイヤにフェンダーをつける
  • 頭部を保護するヘッドレストを装備する
  • 衝撃を吸収するハンドル構造にする

この法律改正を受けて、すでにレンタル会社はミニカーにシートベルトを設置し、顧客に着用するよう呼びかけているようです。しかし、シートベルトを着用せずに運転する例が多いのが実情です。

マリカーで事故を起こしたら?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら