ディーラーにしかできない事教えます!

ディーラーでないとできない事もある

http://www.carkingdom.jp/2011/01/post-583.html

旧車の扱いは少し苦手なディーラーですが、その逆でディーラーでないとできないこともあります。

それは最近の車に関しての扱いです。

例えばセキュリティ。
中には、バッテリーを外すだけで盗難アラームのスイッチが入り、バッテリーを戻してもエンジンがかからなくなる場合があります。

あるいは、何らかの不具合でコンピューターが異常時のセイフティ・モードに入ると、その解除はディーラーでないとできない事もあります。

正確に言えば、ディーラーと同等のコンピューターへのアクセス機材がある整備工場であれば、何の問題も無くメンテナンスができるのですが、そういうお店が近くに無い場合は、ディーラーに行くしかないと。

一昔前までの車であれば、バッテリーを外してしばらく放置しておけばコンピューターがリセットされましたが、最近ではUSBメモリやSDカードと同様に、電源の有無に関係無く状態が保たれてしまいます。
何も高級車だけの話ではなく、軽自動車ですらそうなりつつあります。

むしろ前述のようにコンピューターをリセットしようとすると、エンジンがかからなくなり、ディーラーを呼ぶ羽目になります。

ですので整備工場としては、最近の車をメンテナンスする時にはどこまでやっていいものか、慎重さが要求されます。

そういったケースとは逆に、サーキット走行のために、「ある国産スポーツカーのスピードリミッターを解除した」という車をディーラーに持っていくと「メンテナンスはしますが、その結果として何の保証もできません」と突き放されるケースもあるようです。

本来メーカーサイドは「ノーマル状態に戻すプログラムを受ければ、引き続き保証が受けられる」という見解を出しているのですが、肝心のディーラーが「そもそもディーラー以外のところで手を入れたのであれば、ウチはもう知りません。」という、メーカーの見解や他の整備工場でどういうことをしたのかなどは、全く考慮されずに返されるということです。
(もちろん全てのディーラーがそうだということではありません。)

つまり、スポーツカーなどを購入して、改造を考えているのであれば、そういったことを十分に考慮しなければなりません。
車選びの段階から、メーカーのスタンスはどうなのか、ディーラーはその通りに対応してくれるのか、営業だけでなくサービスまで巻き込んで確認しないといけないかもしれません。

もっとも、「何とかしてしまう」メカニックのいるショップも存在しているので、そうした主治医と巡り会えているのならば話は別ですが。

純正部品はディーラー経由

http://www.kurumaru.com/shop/index/DealershipCD/10067/

今まではコンピューターの話でしたが、もう一つディーラーで無いとできない事があります。

それは「純正部品の購入」です。

一般消費者が「部販」と呼ばれるディーラーの部品販売部署や、サービスカウンターから純正部品を買う事も出来ますが、それは他のショップなどでも基本的に変わりません。

行き着くところは各販売会社の部品販売部署であり、そこを通さないとメーカーなり販売会社の在庫から部品を卸してもらえないからです。

よほど特別な関係でも無い限り、地域の販売会社以外の業者がメーカーから直接部品を購入する事はありません。

新車購入の時だけでなく、ディーラーにはこうした重要な役割があります。

中古車を購入したからといってディーラーなど無用、と思わず、その地域に自分の車の正規ディーラーはあるのかどうか、特にマイナーな輸入車の場合は購入前に注意しておいた方が良さそうです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら