スバルは元々飛行機の研究所だった?スバルの歴史と名車たち

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんなことがあるかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車メーカーの中から富士重工業(スバル)について紹介していきたいと思います

富士重工業(スバル)とは?

1917年5月に中島知久平が群馬県新田郡尾島町に設立した飛行機研究所が富士重工業の前身となりました。太平洋戦争後にGHQが行なった財閥解体によって飛行機研究所も解体されました。軍事関係の企業から民間向けの事業へ代わり、スクーターやバスなどの輸送用機器開発を経て中島飛行機に関係する企業が集まり1953年に富士重工業が設立されました。

富士重工業はもともと飛行機研究所だった

富士重工業に全身となったのは中島飛行機でした。この中島飛行機は太平洋戦争敗戦まで陸海軍の需要に応えて軍用機や飛行用エンジンの開発や製造を行なっていました。中島飛行機は日本最大規模の航空製造メーカーとして活躍していました。製造する製品の中で著名な戦闘機は九七式戦闘機や一式戦闘機の隼など開発力の高い企業でした。

富士重工業(スバル)の設立

富士重工業は財閥解体により切り離された5つが集まり航空機生産を事業目的とする新会社として1953年に設立されました。スバルのロゴに描かれている6つの星は5つの会社が集まり、1つの企業となったことを表しています。

スバルが生み出した名車たち

スバルが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。水平対向エンジンを搭載した車やラリーで圧倒的な強さを持っていたインプレッサなどバラエティ豊かです。そんな数々の名車の中から一部抜粋して紹介していきたいと思います。

スバル・360

富士重工業は航空機技術を活用した超軽量構造を採用し、限られたスペースで居住性を確保するために多くの新しい技術が投入されました。おかげで広いスペースが確保できて4人の乗車が可能となり、当時の水準を超える走行性能を発揮することができました。軽自動車規格として比較的に廉価な価格と性能の高さから1960年代には一般の大衆車として多くの人が愛用していました。この360はマイカーという言葉を広めるきっかけとなりました。

スバル・レガシィ

富士重工業は好調だったアメリカ向けの輸出に依存した組織戦略をとっており、1980年代末期には富士重工業の倒産の危機が新聞や雑誌などで報道されるほど厳しい状況でした。その倒産の危機から富士重工業を救うために開発されたのがこのスバル・レガシィです。ツーリングワゴンを始めスポーツセダンとして登場したB4などさまざまなバリエーションが展開され、販売から数年経つレガシィですが今現在も日本国内や海外からも支持される自動車です。

スバル・インプレッサ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら