【ダイハツ ソニカ】基本性能、特徴について

ダイハツソニカは軽自動車のスペシャリティカーとして開発されました。見た目だけではなく走りやすさも追求され、行動範囲が多くなった軽自動車ユーザーの期待に応えるため作られたダイハツソニカ今回はそのコンセプト、特徴について迫っていきたいと思います。


ダイハツ ソニカの特徴

ソニカの特徴1:車のスペック

ダイハツソニカは軽自動車に分類され、全長3395mm、全幅1475mm、全高1470mmでホイールベースを長くすることで高級感を出しました。最小回転半径が4.7mとなってやや小回りが利きにくいですが、問題のある数値ではありません。車の重量は820kgでミドルセダンクラスの半分程度の軽さです。重量が軽い為、カタログ燃費も23.0km/Lとなっていて軽自動車ならではの高い数値になっています。定員は4名の5ドアで、排気量は658ccになっています。

ソニカの特徴2:短命な車

短命な車とはエンジン寿命が短命という意味ではなく、生産・販売期間がもの凄く短命だったということです。ソニカは2006年から2009年までの短い期間でしか販売されませんでした。ソニカのコンセプトは高級思考の5ドアコンパクトカーでしたが、その高級志向が受け入れられなかったため、このような短い販売期間となってしまい、街中で走っている姿を見ることはなかなかありません。もし見つけることができたら相当運が良いでしょう。

ソニカの特徴3:もの凄く静かな車内

高級乗用車とまではいきませんが、それに近い静粛性を持っているのがソニカならではの特徴です。ソニカは居住性優先の設計になっていて、ミラーの風切り音の軽減や高回転エンジンの設定により、時速100km程度の速度でもエンジンの回転数は2900rpmに抑えられており、高級乗用車並みの静粛性を実現できました。また、CVTとエンジンの結合剛性を高めることによって、エンジンノイズの軽減にも役立っていて、それが静粛性にも繋がっています。

エクステリア・インテリア

流線型の美しいエクステリア

エクステリアはシャープなローロングフォルムとなっていて、Aピラーの傾斜角を寝かせてフロントウインドを大きくしたものを採用しています。リアハッチバックが垂直で流線型のフォルムというのも大きな特徴となっています。ホイールベースを2440mmと長くして、全高を他の軽自動車よりも抑えることによって、軽自動車とは思えないほどの高級感を出すことに成功しました。また、タイヤ径も15インチのものを採用していて、他の軽自動車と差別化をしています。

インテリアは高級感あり

ソニカのインテリアはとても高級感があり、非常に上質な作りになっています。チェンジレバー等もセンターパネルにあり、運転席の広さが増しています。ステアリングも本革巻が採用されていて、ステアリング中央の「MOMO」という大きい文字がインパクトがあり、とても特徴的です。シートもとても高級感があり、シートの生地は触り心地がよくボリュームがあり、座面と腰回りはふんわりしていて、乗っていても疲れにくいような造りになっています。

ダイハツソニカの車種とグレード

ソニカのグレードはR、RS、RSリミテッドがあり、この全グレードにFFと4WDの2種類の駆動タイプがあります。
どのグレードも中古車価格はさほど変わらず、6万円から76万円程度での購入が可能です。
Rグレードはベーシック、RSグレードは充実装備、RSリミテッドグレードは快適装備となっており、動力系統は全て一緒です。


Rグレードは必要最小限の装備を兼ね備えたベーシックで価格を重視したグレードになっています。

RSグレードはRよりもやや装備が充実しており、14インチのアルミホイールを標準装備しています。

現在、Ancarにソニカ RSが出品中です。当サイトでは、オーナーさんにインタビューを行い、それを記事にしてまとめております。実際にその車を使用してきたからこそ知り得る情報も多いです。ソニカ RSのオーナーインタビューはこちらからご覧いただけます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら