【スバル トレジア】の特徴、評価について

トヨタラクティスのOME車として2010年-2016年まで販売されたコンパクトトールワゴンのスバルトレジア、その外観はスバルらしさが強調されておりコンパクトながらもゆとりある空間を持っています。そんなスバルトレジアについて今回はまとめました。


スバルト レジアの特徴

トレジアはどんな車?

スバル・トレジアはトヨタ自動車が製造し、スバルが販売していたコンパクトトールワゴンです。2代目トヨタ・ラクティスの姉妹車(OEM)であり、3代目トヨタ・ヴィッツをベースとしています。販売期間は2010年11月~2016年6月です。
ボディサイズは全長3,990mm、全幅1,695mm、全高1,585mm、搭載エンジンは排気量1.3Lと1.5Lの二種類、駆動方式もFFと4WDの二種類でのラインナップでした。
小柄なボディですが、広く開放的な室内空間をもつ5ドアハッチバックです。燃費や環境にも良い利便性の高い小型車で、新車当初価格は156.6~213.1万円です。

 

スバルの手が加えられたコンパクトカー

 

スバル・トレジアはトヨタのラクティスと比較して、スポーティーかつ躍動的なデザインでデビューしました。これまでのOEM車と異なり、スバルの技術者も開発に携わっていたため、スバル独自の路線が強調されたデザインになりました。バンパーやグリル、ボンネット、フロントフェンダー、ヘッドライト、リヤガーニッシュ、リヤコンビネーションレンズにもトレジア専用品を与えられ、スバルの良さが組み込まれた車種になりました。

 

居住性に優れた車内

 

スバル・トレジアはコンパクトカーであることを感じさせないくらいの広い室内空間を確保しています。天井が高いので、車内での窮屈さや圧迫感を感じさせません。また、シンプルなインパネデザインとダッシュボード形状により、エアコンやオーディオ類の操作を行いやすくし、フロントガラスの視界性を向上させました。
足元のスペースも広く確保され、大人5人がゆったりと座ることができます。後席は6:4分割可倒式なので、ほぼフルフラットな荷室にすることも可能です。

 

エクステリア・インテリア

エクステリアについて

スバル・トレジアのエクステリアについて、姉妹車のトヨタ・ラクティスと比較しながら特徴を紹介します。
1つ目はフロントマスクです。トレジアのフロントはラクティスと比較して押し出し感の強いデザインになっています。六角柱状の網目デザインのメッシュグリルや直線的出っ張りを強調したフロントバンパーを装着したことで、スポーティーで躍動感のある顔つきになっています。また、ボンネット形状やフロントライトがグリルと一体になったデザインも、ラクティスとは異なるトレジアの特徴です。
2つ目はリヤまわりです。リヤデザインにも多少の違いがありますが、部品形状などの大きな変更はありません。テールライトのウインカー位置の違いと、メーカーエンブレムのまわりを銀メッキ装飾されているかの違いです。

 

インテリアについて

スバル・トレジアの内装は、基本的にトヨタ・ラクティスとほぼ共通です。ハンドル中心のエンブレムがスバルのマークに変更されます。
シンプルな内装デザインは、実用的な使いやすさを実現しており、エアコンの吹き出し口をインパネの最上部に設置することで、室内全体に風が行き渡るようになっています。
エアコンのスイッチを大きくすることで、操作性を向上させています。また、大きなメーターとインフォメーションディスプレイを採用しているので、情報を瞬時に確認することが可能です。

 

スバルトレジアのグレード

 

スバル・トレジアのグレードを紹介します。エンジンは排気量1300ccと1500ccNAガソリンエンジンの二種類、駆動方式もFFと4WDの二種類でのラインナップです。 
1500cc:最高出力109PS / 6000rpm、最大トルク13.90 Kgf・m / 4800rpm
1300cc:最高出力99 PS / 6000rpm、最大トルク12.30 Kgf・m / 4400rpm

「i-S」中古価格87~115万円


「i-L パノラマ」中古価格63万円

「i-L」中古価格86~143万円


「i」中古価格116~152万円

トレジアの燃費

 

スバル・トレジアの燃費を紹介します。排気量と駆動方式によって燃費が異なります。
「1500cc4WD」:10・15モード燃費16.6km/L
「1500ccFF」:10・15モード燃費18.4km/L
「1300cc4WD」:10・15モード燃費17~21km/L
「1300ccFF」:10・15モード燃費21.5km/L

トレジアの維持費

 

スバル・トレジアの維持費を紹介します。年単位でかかる費用と、毎月にかかる費用の二種類を紹介します。
・年単位でかかる費用
自動車税:34,500円
車検代:5~13万円
・毎月かかる費用
ガソリン代(1年1万km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、):5,500円
駐車場代:1万円
任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、年間走行距離11000km以下):4,265円
http://www.sonysonpo.co.jp/auto/quote/

オススメのオプション

付いていてほしいオプション

スバル・トレジアのおすすめしたい1つ目のオプションは、フロアカーペットです。価格は22,140円です。
フロアカーペットは、車内を汚れから保護する効果があります。雨の日に土足で車内に乗り込むと、靴の裏についている雨水や泥などによって車内を汚してしまう可能性が高くなります。それを防ぐアイテムとして、フロアカーペットはお勧めのオプションです。また、固定フックが付いているため、カーペットがズレるのを防いでくれます。

 

付いていてほしいオプション2

スバル・トレジアのおすすめしたい2つ目のオプションは、エントリーライトです。価格は24,840円です。
エントリーライトは、ドアを開けると運転席、助手席のドア下部を白色LEDで明るく照らします。夜間でも足元を見やすくするとともに、乗る人をおもてなしするアイテムです。純白のLEDライトは、上品な演出を行うだけでなく、夜間での乗降の安全性を向上させる効果があります。ぜひ、装着してもらいたいお勧めのオプションです。

 

付いていてほしいオプション3

スバル・トレジアのおすすめしたい3つ目のオプションは、ウッドタイプパネルと本革巻シフトノブです。価格はウッドパネルが31,320円、本革シフトが4,482円、合計35,802円です。
ウッドパネルはインテリアをシックでモダンな雰囲気に変えるアイテムです。また、本革シフトノブは心地よく手にフィットし、自然な感覚で操作フィーリングを楽しめます。二つのインテリアオプションを装着することで、上品な空間を実現します。

 

まとめ

 

スバル・トレジアは、スバルのキャラクターを生かしたコンパクトカーです。スポーティーで伸びやかなエクステリアデザインは、ドライバーのドライビングスピリッツを高めます。また、小柄なボディサイズからは想像できない室内空間は余裕の広さを持ち、シンプルなインパネと大きなフロントガラスは、エアコンなどの操作をスマートにし、前方の視界性を向上させました。中古価格の相場は30~150万円で、年式が比較的最近の車なので、故障などのトラブルは少ないと考えられます。珍しいコンパクトカーの購入を検討している人には、お勧めしたい車種です。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】